よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

◎台所ラボ◎

目分量で料理の時短!鍋に一回しで調味料はどれくらい入る?

調味料の計量を省く方法は無いかな? 今回は、料理の時短への試みです。 鍋に調味料をグルっとひと回しした時に、どれくらいの量が入っているか、計測してみます。 料理のレシピを見ると「醤油 大さじ2」とか「お酒 大さじ3」と書かれていますね。それをカ…

ピチットシートでサーモントラウト柵の脱水テスト:味への影響は?

今回は、ピチットシートを使ってサーモントラウトの脱水シートテストを行います。 検証するのは、脱水効果によってサーモンの刺身が美味しくなるか?です。 実際にキハダマグロで試した時は、大きな効果が得られました。冷凍マグロが臭みが消え、ネットリ美…

冷凍魚【解凍方法】比較。氷水 vs 冷蔵庫 vs 電子レンジ!

冷凍「漬け魚」の解凍方法は、どの方法が一番良いのかな? 今回は、冷凍した「漬け魚」の解凍方法についてテストを行います。 冷凍魚の解凍方法として 「氷水」解凍 「冷蔵庫」解凍 の2つが一般的に勧められていますが、何か違いはあるのでしょうか?先日、…

魚の切り身「ピチット」で冷凍と解凍のテスト/炊き込みご飯へ(ブリ)

今回はプロの料理人も愛用する「ピチット」を使って、ブリの切り身を冷凍保存のテストを行います。1週間後に解凍して、料理に使用しますが、「ピチット」を使用すると本当に美味しい状態を保つのでしょうか?料理はブリと筍の炊き込みご飯を作ります。 「ピ…

【ピチットシートで減塩料理】ブリの照り焼きの美味しさ検証(作り方)

プロも使用する脱水シート「ピチット」。今回は、この「ピチット」の食材から水分と臭みを除く性質を利用した減塩料理を試みます。ターゲットは、魚料理の基本、ブリの照り焼きです。 さまざまな魚料理で魚の切り身に対して行うのは、塩処理です。塩の浸透圧…

刺身用の解凍マグロを『ピチット』で脱水して食べてみる!(使い方)

プロの料理人も愛用する食品用脱水シート『ピチット』。これを使うことで料理が簡単に美味しく仕上がるのであれば、家庭料理にも取り入れたい! というわけで、今回は刺身用の解凍マグロの柵にピチットを使ってみます。 解凍マグロで気になるのは、ドリップ…

【アジの干物比較】ピチットシートと冷蔵庫乾燥/美味しいのは?

今回はアジ(鯵)の干物を自宅で作ります。 ただ作るのではなく、ちょっとだけ実験を。ずっと気になっていたこと。 それは、 冷蔵庫を使うアジの干物の作り方として ①冷蔵庫内で『自然乾燥』する のと ②『ピチット』シートで脱水する のは、どちらが美味しい…

鯖の塩焼き【下ごしらえ比較】塩と酒では違いがある?

鯖の塩焼き。塩と酒を使った下処理ってどっちが美味しいの? 今回は、鯖の塩焼きの下処理方法を2つ比較します。 鯖の切り身を焼く前の下処理としては、 塩処理 酒処理 の2つが、一般的な方法として挙げられます。それぞれの目的としては、 塩処理・・・臭…

実践!「アサヒクッキンカット」の漂白とまな板削り(手入れ/メンテナンス)

今回は、人気のまな板「アサヒクッキンカット」 のメンテナンスのお話です。漂白とまな板削りに挑戦します。 業務用でお馴染みの「アサヒクッキンカット」が家庭用でも販売されていることを知り、購入したのが2015年でした。私の場合は、魚を捌く専用のまな…

自作道具で津本式(血抜き)・野締めカンパチの3日間熟成テスト

野締めの魚に津本式血抜きを行う。これって意味があるのかな? 今回は、自作道具を使って津本式血抜きのテストを行います。市場で購入した野締めのカンパチ2尾を使って、血抜きする個体と血抜きしない個体を比較します。野締めとはいっても、刺身鮮度のカン…

自宅で【津本式究極の血抜き(自作)】ホースを細くして作業性向上!

自宅で行う自作の「津本式 究極の血抜き」について、これまでに色々な試みを行ってきています。成果として、購入した魚であっても、新鮮なものであれば、血抜きによって保存性を高めるという気づきを得ました。 今回は、ちょっとした道具の改善により「圧迫…

【包丁のサビ取り】ジフとピカールで作業が早いのはどっち?

包丁の軽い着色サビを落とすのに、どんな研磨剤が良いかお悩みではないでしょうか?クレンザーとしてよく知られているジフとピカール。この2つを比べて見ました。

魚(冷凍アジ)干物の『湯煮』:煮る温度が旨さへ影響するか検証。

干物の「湯煮」を作る際に、お湯の温度を沸騰(100℃)と沸騰前(80~90℃)で作り分けをして、美味しさに違いが出るか、食べ比べをして検証します。

冷凍干物サバを【炙り】と【湯煮】で比較。美味しいのは?

今回は、冷凍干物のサバを「炙り」と「湯煮」に作り分け、その味を比較します。どういう違いがあって、どちらが美味しいのでしょうか?

スーパーで購入したカマスに津本式血抜きが出来るか実験

津本式の仕立方法(究極の血抜き)が家庭料理に適用できるか、種々実験をしています。家庭で実用出来ないかについて、試行錯誤しているところです。

『梅雨イサキ』を炙り刺身(焼き霜造り)で頂く!(津本式失敗談付き)

6~7月に産卵期を迎えるイサキは、特に『梅雨イサキ』と呼ばれ、最も美味しい時期と言われています。梅雨頃のイサキは、腹に真子や白子を抱えていても、その身まで美味しい魚です。旬のイサキは、是非食べてもらいたい逸品です。

【包丁の鏡面仕上げ】手作業2時間でどこまで出来るか検証

今回は、包丁の鏡面仕上げのお話です。鋼(ハガネ)の包丁に対して約2時間の研磨作業を行うと、どの程度の効果が得られるかを検証しました。

包丁研ぎ【仕上砥石】を使えば世界が変わる(シャプトン・刃の黒幕)

ご自宅の包丁の切れ味をワンランクアップさせる『仕上げ砥石』をご紹介します。ご家庭に1つと奨励される『中仕上げ砥石』の他に、『仕上げ砥石』を使えば、世界が変わるというお話です。

「津本式血抜き」 をスーパーの魚(鯵)で検証/3日間寝かせて効果比較!

前回の記事で自宅で津本式の血抜きを行えるよう、環境を整えました。記事はコチラ⇒『津本式血抜きの道具をamazonの部品だけで自作!そして実践! 』マンションでも出来るように洗濯機の入口から分岐する方法を取りました。 今回はその実践編です。先ずは身近…

津本式血抜きの道具をamazonの部品だけで自作!そして実践!

楽天市場に津本式の魚仕立屋がオープンしたことをきっかけに、津本式について勉強してみたい気持ちが芽生えました。先日体感した熟成魚の「ネットリまろやか」な新感覚に魅了された、ということになるでしょう。 体験記はコチラ⇒『熟成魚(7日間)を体験!津…

汎用ブラックライト波長365nmにアニサキスは反応するか検証

【閲覧と情報の取扱いにご注意を】 本記事には、魚の内臓と寄生虫アニサキスの写真を掲載しています。ご覧になりたくない方は、引き返して下さい。 【免責】ブラックライトの検証をしていますが、身の中に入り込んだアニサキスを見逃す可能性は十分にありま…

和包丁の【研ぎ癖】油性ペンを使って確認してみた

出典:堺の刃物屋さん「こかじ」HP ご自宅で包丁を研ぐことは御座いますか。 私は最低でも月に1回は研ぐようにしているのですが、研ぎ終わったあと、切れ味に疑問を持つことがありました。鋼の包丁であるのに刃がついた証拠でもある『カエリ』が感じられなか…

煮干し出汁の取り方【頭と腹ワタは除くべき?】試してみたら意外な結果に

和食には欠かせない出汁。そのうちの1つに煮干しがありますが、簡単に出汁が取れるので大変重宝します。しかしながら、ずっと気になっていたことが。。。出汁の取り方として殆どの商品パッケージの裏には、こう書かれているのです。 頭と腹わたを取り除くと…

鰹節/『薄削り』『厚削り』おいしいのは?/比べてみた

温かい食べ物が美味しい季節になりました。うどんやそばを食べる時、めんつゆを使うと便利ですね。めんつゆを使えば、味りんや塩で味を調えるだけ。 しかし、いつもそれでは飽きてしまうので、私は気持ちに余裕がある時には、鰹節から煮だして出汁を取ります…

大根/米のとぎ汁でアク抜き/おいしくなるか試してみた

大根の煮物の作り方を見ると、下準備として、下茹でしてアク(灰汁)を抜きましょう!と書かれてあります。皆さんもご覧になったことがあると思います。 さらに詳しく見ていくと、茹で汁には ・米の研ぎ汁を使用する! ・それが難しい場合は、米そのものを大…

だし昆布【煮すぎると雑味が出る?】試してみた

鍋や煮物で使う昆布ですが、どのように出汁を取られていますか。一般的に「昆布を沸騰させると雑味が出る」と言われますが、本当でしょうか? 昆布だしの取り方について、商品パッケージの裏にはこの様に書かれています。 昆布を水につけ30分ほど置く 弱~中…