よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

道具

魚ゴミ「生ゴミが臭わない袋/食パンの袋/ ポリ袋」臭わないのどれ?(レビュー/口コミ)

生ごみの処理、いつも臭いが気になるよ。臭いを防ぐ良い方法は無いかな? それなら「生ゴミが臭わない袋」って商品があるよ。「食パンの袋」も臭いがしにくいと言われるね。 世の中は便利になりましたね。気になっていた生ゴミの臭いですが、最近は「生ゴミ…

美しい!国産キッチンバサミ『キッチンスパッター』使用感レビュー(口コミ)

今回は、国産オールステンレスのキッチンバサミ『キッチンスパッター』の使用感をレビューします。 結論を言うと、高品質なのに外観も美しい。またメーカーでの修理対応も有りとなると、キッチンバサミなら『キッチンスパッター』で決まりじゃないかと、個人…

実践レビュー『キッチンスパッター』を骨の硬い魚に使ってみた(イサキ)(口コミ)

今回は、オールステンレスの人気国産キッチンバサミ『キッチンスパッター』を一般的に骨の硬いと言われる魚、イサキに使用してみます。 イサキと言えば、別名「鍛冶屋殺し」。イサキのヒレと骨は非常に硬い事で知られています。その昔、和歌山の鍛冶屋さん、…

『刃の黒幕(#1000&5000)』面直し方法1例/ダイヤモンド砥石

今回は、人気砥石『刃の黒幕』オレンジ#1000とエンジ#5000の面直しの方法をご紹介します。シャプトン社公式の方法ではありません。リーズナブルな方法の1つとして記録を残します。具体的には、両面ダイヤモンド砥石#400/#1000を使用します。 私は『刃の黒幕…

火を使わない燻製!『燻製シート』レビュー/使い方とレシピ紹介

今回は、自宅で簡単に、しかも火を使わずに燻製が楽しめる『燻製シート』を取り寄せましたので、実際に使ってレビューします。 『燻製シート』とは? 『燻製シート』開封 『燻製シート』使ってみた(レシピ) 『燻製シート』スモークサーモン 『燻製シート』…

【道具の紹介】カテゴリー/まとめページ

当サイト内の【道具】カテゴリーの記事を、まとめます。随時、更新いたします。 料理道具 魚を捌く道具 寄生虫アニサキスのリスク低減 津本式究極の血抜き(自作) 包丁 包丁磨き 包丁の砥石 面直し砥石 まな板 フライパン ・鍋 キッチンバサミ ステンレスソ…

購入から1年【レミパンプラス】使用感レビュー(口コミ/評判)

レミパンプラスの使い心地ってどうなんだろう? 今回は、我が家で1年間レミパンプラスを使った感想をレポートします。 レミパンのノーマルタイプが使いやすかった為、テフロンコーティングが剥げているにも関わらず、10年以上使い続けたんです。テフロン…

レビュー!ボリューム敷布団「アプロディーテ・寧々」使い心地はどう?(口コミ)

床に直に置いても使えるボリューム敷布団の使い心地って、どうなんだろう? 今回は、お布団工房がプロデュースする人気の超ボリューム敷布団「アプロディーテ」のその使用感をレポートします。 8年以上使い続けている小学4年生用の敷布団がボロボロの悲惨な…

実践!「アサヒクッキンカット」漂白とまな板削り(レビュー/手入れ/メンテナンス)

今回は、人気のまな板「アサヒクッキンカット」 のメンテナンスのお話です。漂白とまな板削りに挑戦します。 業務用でお馴染みの「アサヒクッキンカット」が家庭用でも販売されていることを知り、購入したのが2015年でした。私の場合は、魚を捌く専用のまな…

自宅で【津本式究極の血抜き(自作)】ホースを細くして作業性向上!

自宅で行う自作の「津本式 究極の血抜き」について、これまでに色々な試みを行ってきています。成果として、購入した魚であっても、新鮮なものであれば、血抜きによって保存性を高めるという気づきを得ました。 今回は、ちょっとした道具の改善により「圧迫…

人気砥石「シャプトン刃の黒幕」#1000と5000を使ってみた(口コミ/レビュー)

人気の砥石「刃の黒幕」。使い心地はどうなんだろう? 今回は、シャプトン社の砥石「刃の黒幕」の中仕上げ#1000と仕上げ#5000の組み合わせを実際に使ってみます。また、ステンレスと鋼(はがね)の2つの牛刀包丁を研いで使用感をレビューします。 包丁の砥…

「ベストポット」無水・蓄熱料理が出来る最新土鍋ご紹介。口コミは?

三重県四日市市の町工場が開発した羽釜土鍋「ベストポット」をご存じでしょうか?「無水料理」から「蓄熱料理」という領域まで幅を広げ、時短、ガス代節約ができる最先端土鍋ご紹介。

変わり種で面白い!きちんと使えるユニーク包丁5選。

今回は、ユニークな包丁5つをご紹介します。 世の中に様々な種類の包丁は数あれど、思わず2度見してしまう何ともユニークな包丁があるんです。そんな面白い!だけど、ちゃんと使える包丁を5つご紹介します。日々に変化を付けたい、あなた。参考にしてみて…

【包丁のサビ取り】ジフとピカールで作業が早いのはどっち?

包丁の軽い着色サビを落とすのに、どんな研磨剤が良いかお悩みではないでしょうか?クレンザーとしてよく知られているジフとピカール。この2つを比べて見ました。

【包丁の鏡面仕上げ】手作業2時間でどこまで出来るか検証

今回は、包丁の鏡面仕上げのお話です。鋼(ハガネ)の包丁に対して約2時間の研磨作業を行うと、どの程度の効果が得られるかを検証しました。

【仕上げ砥石】を使えば世界が変わる(シャプトン・刃の黒幕・包丁研ぎ)

ご自宅の包丁の切れ味をワンランクアップさせる『仕上げ砥石』をご紹介します。ご家庭に1つと奨励される『中仕上げ砥石』の他に、『仕上げ砥石』を使えば、世界が変わるというお話です。

津本式血抜きの道具をamazonの部品だけで自作!そして実践!

楽天市場に津本式の魚仕立屋がオープンしたことをきっかけに、津本式について勉強してみたい気持ちが芽生えました。先日体感した熟成魚の「ネットリまろやか」な新感覚に魅了された、ということになるでしょう。 体験記はコチラ⇒『熟成魚(7日間)を体験!津…

汎用ブラックライト波長365nmにアニサキスは反応するか検証(見つけ方)

◆閲覧と情報の取扱いにご注意を◆ 本記事には、魚の内臓と寄生虫アニサキスの写真を掲載しています。ご覧になりたくない方は、引き返して下さい。 【免責】ブラックライトの検証をしていますが、身の中に入り込んだアニサキスを見逃す可能性は十分にあります…

知らなかった!老舗刃物メーカー【貝印】の意外な商品

『貝印』という刃物メーカーをご存じでしょうか。 『貝印』は刃物の都_岐阜県関市に明治41年に創業した老舗の刃物メーカーです。創業から一貫してこだわり続けたのは刃物の製造。その刃物は国内外で高い評価を受け、数々の国際的な賞も受賞しております。『K…

魚料理(さばく/おろす)に便利・おすすめ道具16選!

魚料理に挑戦したいけど、どんな道具があれば良いんだろう? 今回は、魚料理を始めるのに何が必要か、道具の話をします。 ご家庭での魚料理のハードルを下げる為に、やっぱり気の利いた道具は不可欠。今回は、これまでに試してきた道具の中から、手元に残し…

2020年4月8日 18:45 スーパームーン撮影(天体望遠鏡スコープテック ラプトル50)

話題のスーパームーンがどうしても見たい!ということで、長男(小学4年生)と一緒に神奈川県某所の河川敷を訪れました。素人なのでどの位置に見えるかも分らぬまま、とにかくお月様が見える場所へ。宝探しの気分。 ただ月が見たいだけでなく、目的がもう1…

和包丁の【研ぎ癖】油性ペンを使って確認してみた

出典:堺の刃物屋さん「こかじ」HP ご自宅で包丁を研ぐことは御座いますか。 私は最低でも月に1回は研ぐようにしているのですが、研ぎ終わったあと、切れ味に疑問を持つことがありました。鋼の包丁であるのに刃がついた証拠でもある『カエリ』が感じられなか…

年間1万円節約【自宅で子供のヘアカット(散髪)】のメリット4選

皆さんは『お子様の散髪』どうされていますか?幼稚園や保育園に入る前であれば、あまり多くの人と接することもないし、そもそも髪の毛の量も多くは無いので、工作用のハサミで、伸びた分だけカット。そんなご家庭も多いのではないかと思います。 でも、幼稚…

砥石の友!『面直し砥石』は必須アイテム。使い方とおすすめ組合せ。

今回は、砥石を使うなら一緒に持つべき必須アイテム『面直し砥石(砥石修正器)』の紹介と使い方をご紹介します。 毎日の料理に包丁は欠かせませんが、包丁を研ぐことは御座いますか。ある調査によると、自宅で砥石を使って包丁を研ぐという人の割合は約15%…

魚料理の臭い対策!『生ゴミの処理方法』おすすめ3選

魚の生ごみって臭いが気になるよ。どの様な捨て方が良いんだろう? 日本人の魚離れが囁かれて久しいですね。その原因の1つに魚の臭いの問題があると思います。魚の生ごみはどうしても臭いが気になるので、それが魚料理のハードルを上げていると言えそうです…

ステンレスソープ おすすめの使い方

ステンレスソープってご存じですか? 料理をした後に手に着いた魚、肉、野菜(玉ねぎ、ニンニクetc)の臭いを金属イオンの力で消すことができる石鹸の形をしたステンレスです。 効果アリ・ナシで、賛否両論あるようですが、私は断然『アリ』派です。 仕事で…