よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

魚の紹介&料理

「すだち」を使う白身魚の【柚庵(ゆうあん)焼き】作り方

今回は、すだちを使う魚の柚庵焼きの作り方をご紹介します。 柚庵焼きは、江戸時代の茶人である北村祐庵が考案したとされる料理。一般的には、同量の醤油・味醂・酒に魚を一定時間漬け、それを焼いて頂く調理方法です。柚庵焼きの名前に「柚(ゆず)」が含ま…

目鯛(メダイ)の「刺身」ってどんな味?片身は「柚庵焼き」へ!

今回は、目鯛(メダイ)を刺身と柚庵焼きで頂きます。 メダイは真ん丸の目玉が大きいから目鯛という名が付いたのですが、名前に鯛と付くのに真鯛の仲間ではありません。水深100~400mと深い海に生息するので、光を集める為に目玉が大きく発達したのでしょう…

メヌケってどんな味?一夜干し & 味噌漬けで食べてみる!(レシピ/魚)

今回は、青森産のメヌケが手に入りましたので、シンプルに「一夜干し」と「味噌漬け」で食べてみます。どんな味がするんでしょうか? メヌケと聞くと、メヌケという種類の魚がいる様に感じますね。しかしメヌケは、メバル科メバル属の魚の総称なんです。特に…

絶品!ノドグロ(アカムツ)の一夜干し作り方・肝は塩焼きだ!

小さめのノドグロが手に入りました。5尾800円のパック売り。そうそう、ノドグロの一夜干し、作ってみたかったんです。今日は、これで干物作ります! ノドグロと言えば、高級魚の代表格。私の様な庶民が簡単に手を出せる魚ではありません。魚市場でよく買い物…

どんな味?メヒカリを一夜干しで食べてみよう!(干物・ピチット)

唐揚げや天ぷらにして骨まで美味しいメヒカリ!その見た目からは程遠く、お味はホクホクとした上品な白身の魚。初めて食べた時には、そのギャップに驚きを隠しきれませんでしたよ。骨だけではありませんね。揚げ物にすれば、頭もボリボリ食べれます。カルシ…

簡単!圧力鍋で骨まで美味しい「イワシの醤油煮」作り方/レシピ

今回は、「イワシの醤油煮」です。圧力鍋を使って、骨まで食べられる状態に、柔らかく仕上げていきます。簡単に出来て、栄養満点、ゴミも少なく出来る万能料理です。 今回イワシの頭は取り除いていますが、もちろんそのまま使って、頭からガブリでも結構です…

白子も旨い!太刀魚の「炙り刺身と一夜干し」の作り方(捌き方)

今回は、太刀魚です。刺身と炙り、それから一夜干し(干物)で頂きます。今回の個体には立派な白子が入っていましたので、白子も干物にします。魚の干物は、ご家庭であれば冷蔵庫で作るのがおススメです。冷蔵庫の中は乾燥していますし、衛生的で猫ちゃんの…

スーパー「うなぎ蒲焼き」で簡単! 【ひつまぶし】の作り方

今回は、スーパーマーケット売られている「うなぎの蒲焼き」を使ったひつまぶしの作り方をご紹介します。中国産などの安い「うなぎの蒲焼き」でも簡単に美味しく仕上げられます。参考になると嬉しいです。 「うなぎの蒲焼き」で売られているうなぎには多少の…

簡単!【豆アジの下処理・捌き方】料理は骨も食べれる唐揚げ!(作り方)

今回は、豆アジの捌き方と唐揚げの作り方をご紹介します。 豆アジはスーパーマーケット等でよく見かける食材だとは思いますが、捌き方が分からずに敬遠されている場合もあるかと思います。しかし、捌き方はとても簡単です。唐揚げで食べれば、骨まで食べれて…

旨い皮を活かす→イトヨリダイ刺身と酒蒸し!作り方(津本式血抜き付き)

今回は、美しい皮が特徴のイトヨリダイを刺身と酒蒸しで頂きます。 上品な白身が特徴のイトヨリダイは、和食、洋食、中華に使える万能選手。中でも私の一番のおススメは、酒蒸しです。もちろん定番のポン酢に合わせていいですし、味噌ダレなんて如何でしょう…

丸1匹『頭付き・金目鯛の煮付け』作り方(旬外れ/津本式)

今回は、丸1匹の金目鯛を使って煮付けを作ります。アラや骨も付けたまま煮付けにすれば、金目鯛から良い出汁が出るので、無駄なく美味しく頂けます。紹介するのは、頭付きの金目鯛煮付けです。 この記事では自宅で出来る「津本式 究極の血抜き」も紹介して…

サクサク旨い!卵不使用『イワシフライ』の作り方(下処理は砂糖)

今回は、卵不使用でサクサク美味しい『イワシフライ』の作り方をご紹介します。イワシだけでなく、もちろんアジなどにも応用できます。旨みを逃すことなくサクサクにフライを仕上げていきます。 アジフライも以前記事にしています(上田勝彦さんの提唱された…

サーモン交配種【養殖ニジマス】を刺身で食べたら絶品だった!

今回は、富士山の麓の良質な水で育てられた養殖ニジマス(サーモン)を刺身で頂きます。 淡水魚って、生で食べれないイメージがあるけど、大丈夫なの? 餌や飼育環境が整った生食可を謳う養殖の淡水魚であれば、問題ないよ。 そうなんです。昔は寄生虫や鮮度…

1, 2, 3が決め手【マグロとサーモンの漬け丼】作り方(しらす付)

今回は、1,2,3で美味しい【マグロとサーモンの漬け丼】の作り方をご紹介します。しらす君も友情出演をお願いしています。 1,2,3とは、ズバリ! 酒:味醂:醤油 漬けタレの比率です。 色々試してみましたが、これが一番美味しくて、しかも覚えやす…

簡単!出汁パックを使う【真蛸の和風パスタ】作り方(茅乃舎だし)

今回は、出汁パックを使って簡単にできる和風パスタの作り方をご紹介します。具材としてメインで使用するのはマダコ(真蛸)です。 西日本の瀬戸内で有名なマダコは、6~8月頃が旬と言われています。そう!今が美味しい時期なのです。ボイルされた状態でスー…

簡単!出汁パックを使う『海鮮茶わん蒸し』作り方(茅乃舎だし)

今回は、出汁パックを使う『海鮮茶わん蒸し』の作り方をご紹介します。 出汁パックとして使用するのは「茅乃舎だし」です。羽田や成田といった空港にも店舗を構えるブランドなので、ご存じの方も多いかと思います。九州のアゴ出汁が、美味しいんですよね~ …

イズカサゴ(オニカサゴ)刺身・しゃぶしゃぶ!(毒トゲ処理/捌き方)

今回は、その美味しさで人々を魅了する魚、イズカサゴ(オニカサゴ)を刺身としゃぶしゃぶで頂きます。胃袋と肝も美味しいので、茹でて添えます。また、イズカサゴはヒレの鋭いトゲに毒があることもよく知られています。その毒針の場所と処理方法も1例とし…

『スマガツオ』1匹捌く!料理はタタキ・漬け丼・竜田揚げ!

今回は全身トロ、カツオの王様と呼ばれる魚「スマガツオ」を頂きます。丸1匹のスマガツオが手に入ったんですよ。お家に連れて帰りました!こんなチャンスは滅多にない。しっかり料理して、有難く頂きたいと思います。 以前こちらの記事を書いたんです。この…

琵琶湖『小鮎』で料理。塩焼き・甘露煮・天ぷら・唐揚げ・南蛮漬け。

今回は、琵琶湖から産地直送の『小鮎』を頂きます。 『小鮎』ということは、鮎の子供?と想像してしまうかも知れませんが、今回あつかう鮎は子供の鮎ではありません。れっきとした大人です! 大人(成魚)だけど、小さいから『小鮎』。よく一般的に知られて…

鯖缶レシピ。味噌煮缶で『山芋鉄板焼き』作り方(フライパン)

今回は、鯖の味噌煮缶を使う『山芋鉄板焼き』の作り方をご紹介します。ご家庭にはそのまま食卓に出せる様な適度な大きさの鉄板が無いと思いますので、フライパンを使用し、お皿に盛ります。 九州の居酒屋では定番メニューの山芋鉄板ですが、自宅でも美味しく…

簡単!『ピチット』でイワシの一夜干し(干物)作り方(使い方)

今回は、調理用脱水シート『ピチット』を使う、イワシの一夜干しの作り方をご紹介します。『ピチット』を使えば、ご家庭の冷蔵庫でスペースを取らずに干物が作れちゃいます。参考になると嬉しいです。 ピチットとは? 本日の個体(マイワシ) イワシの捌き方…

旨い魚、アカハタ!料理は姿造り(刺身/湯引き/炙り)とアラ煮付け!

今回は、アカハタを姿造りで頂きます。アラも美味しい魚なので、アラ煮も作りましょう。 知名度は低いが美味しい魚。このアカハタもその仲間に入ります。私自身、スーパーでアカハタを見たことは一度もありません。アカハタの味は?と聞かれても、一般的には…

干物アレンジ!「フライパンで干物の燻製」作り方(アジ/魚)

今回は、自宅で出来る魚の干物の燻製の作り方をご紹介します。 ※フライパンを空焚きする様な使い方になりますので、実施は自己責任でお願いします。 一般的に燻製を作る工程では、食材から水分を抜いて、煙で燻します。水分が多いと煙の成分が多く食材に移っ…

【魚は砂糖で下処理】真鱈とほうれん草のクリームパスタ作り方

今回は、真鱈とほうれん草のクリームパスタの作り方をご紹介します。 白身魚のクリームパスタなんて有り触れているかも知れませんが、私が工夫するポイントを2点だけお伝えします。 ◆ポイント◆ 真鱈の臭み消しは『砂糖』で行う 真鱈はパスタを絡める前に取…

【初心者向け】ホヤのさばき方と食べ方(刺身や加熱料理)

今回は、ホヤ初心者に向けて、さばき方と食べ方をご紹介します。 九州で生まれ育った私にとって、ホヤは正直なところ馴染みがありませんでした。関東に来て初めて、魚市場を訪れた時にホヤの存在を知ったのです。はじめは興味本位で買ってみましたが、得体の…

家庭料理で真鯛のウロコを食べる価値があるか?試してみた。

魚の鱗(ウロコ)は食べれます。一般的には油で揚げて頂くのですが、その中でも甘鯛(アマダイ)の松笠揚げは有名な料理です。甘鯛をウロコを取らずに切り身にし、その身を油で揚げると、ウロコがまるで松の笠の様に開き、見た目に美しい。また食感もサクサ…

「燻製シート&ピチット」合わせ技で『〆鯖の冷燻』!作り方

家庭での調理としてはかなりハードルの高い『鯖の冷燻』ですが、マイブームの「燻製シート」を使えば簡単に出来るんじゃないか?という考えに至りました。今回は、『鯖の冷燻』を作ります。 冷燻とは、食材を煙で燻す燻製の中でも、15~30℃くらいの低温で数…

気分爽快!ミントソースで頂く白身魚のソテー作り方/レシピ

今回は、カジキマグロのソテーをミントソース※で頂きます。(※ミートソースではありません笑) ハーブの一種であるミントですが、スーパーなどで時々安く売られてることがあります。10gくらいのものが、50円なんてことも。 日本の家庭料理にミントを使うこと…

自宅で出来る!『フライパン』を使うサーモン(魚)燻製の作り方!

今回は自宅のフライパンでサーモンの燻製を作る方法をご紹介します。ここではサーモンを使用していますが、お好みでサバやアジなどもお試しいただけます。※ご注意を。フライパンは空焚きの様な使い方をしますし、燻製なので煙も出ます。実施は自己責任でお願…

簡単!『燻製シート』を使うスモークサーモンの作り方!

自宅で燻製って作れるのかな? 燻製チップを使って「フライパン」で作れるよ。もっと簡単なのは「燻製シート」を使うという裏ワザもあるよ。 今回は、自宅で簡単に燻製を作る方法を紹介します。燻製と言うと、料理の中ではハードルが高い調理法とはなります…