よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

魚の紹介&料理

旬の【サクラマス(桜鱒)】を捌いて頂く 塩焼き!

今回はサクラマス(桜鱒)です。国産のマス(鱒)で御座います。名前の由来は、桜の咲く季節に獲れるからとか、婚姻色が桜色だからと言われています。本日購入したのは北海道産、全長50cm、重さ1.5kgの個体です。体高(体の幅)を見て下さい。14cmもあります…

鹿児島産 天然【シマアジ】で作る姿造り(刺身)!

味が良いからアジと名付けられた魚と言えば、鯵。そんな鯵の種類は数あれど、その中で頂点に立つ「アジの王様」と呼ばれる魚がいるんです。それは、 シマアジ様 恐れ多くて呼び捨てになんてできませんよ。街で合ったら「シマアジさん、いつもお世話になって…

旬【サヨリ】のレシピ/刺身(木の葉造り)・卵煮付け・骨せんべい・一夜干し

魚の世界にも美人がいます。サヨリです。 漢字では「細魚」と書きます。 ご覧ください、美しいシルエット。細身で洗練されている。銀白色のその体はキラキラと光を放ち、くっきりとした瞳にキュン死しそうです。もし来世で魚に生まれたら、サヨリ様と付き合…

【サワラ(サゴシ)】の冷凍保存レシピ/味噌漬け&柚庵漬け

️お魚クイズ️ 次の5つの中で、サバ科ではない魚はどれでしょうか。1つお選び下さい。 カツオ マアジ サワラ マサバ クロマグロ 正解:2. のマアジ マアジは、アジ科に分類される魚で、サバ科ではありません。 サバ科の魚。マサバは言うまでもないとして、…

【ハタハタ(鰰)】の食べ方ご提案/干物(一夜干し)はいかがですか?

初冬の入り、時化が海を襲う。大気が乱れ始めると、風が吹き、寒さが増す。水面は荒れ、空は怒る。閃光が走ると間もなく、雷が轟く。 (もしあなたが漁師だったたら、こんな日に海に出たいだろうか。) しかし行かねばならぬ。こんな日は、鰰(ハタハタ)が…

ハマチ(ブリ)のアラを使う「しゃぶしゃぶ」「だし茶漬け」

今回は先ず、魚の名前を並べていきたいと思います。何をやっているか?お気づきの方、いらっしゃいますか。 ツバス モジャッコ ワカシ コズクラ ワカナゴ ヤズ イナダ フクラギ ショウジンゴ アオブリ ハマチ ワラサ メジロ ハナジロ メジ ガンド マルゴ オ…

丸一匹を捌いて頂く【サワラ(サゴシ)】炙り刺身(焼き霜造り)の作り方

魚へんに春と言えば、サワラ(鰆)。本日はサワラを頂きます。 春と書くのはたくさん獲れるのが春であることに由来します。一大産地である瀬戸内海では4~6月に産卵期を迎えたサワラが漁獲の旬を迎えます。恐らく真子や白子を食べる文化も根付いているので、…

【メバル】のレシピ/酒蒸し(野菜だしあんかけ)の作り方

近くのスーパーで大きなメバルが手に入りましたので、今日はシンプルに酒蒸しで頂きます。 魚の酒蒸しの作り方は、簡単なので覚えておくと便利です。最後に掛けるタレに変化をつけることで、その日の気分に合わせて楽しむことができます。魚は酒蒸しにしてお…

食育に最適【イワシ】を手開きにして作る蒲焼き丼!

今回は「イワシの蒲焼き丼」の作り方をご紹介します。私が作るだけでは無く、小学4年生の長男にも手伝ってもらいます。出来そうなコトには少しずつ挑戦してもらいます。 イワシは骨が柔らかく、手で捌けるのが良い所です。子供が魚を触るのに丁度いい食材(…

【サンマ】ワタ(内臓)のキレイな取り方(つぼ抜き)

今回は、サンマのワタ(内臓)のキレイな取り方についてご紹介します。 サンマのワタについては、食べる派食べない派論争が御座います。確かに新鮮で、ゴミを飲み込んでいないサンマのワタは美味しいです。取り除かずにそのまま焼いて食べるのが良いですね。…

【イワシ】を手開きで頂くメリットは?手開き方法解説付き。

コスパ最高の魚と言えば『イワシ』でしょう。 安い 美味しい 処理が簡単 「安い」に異論は無いと思います。 では「美味しい」はどうでしょう。イワシをそこまで美味しいと感じたことのない方は、旬を外しているか、新鮮なイワシを食べたことが無い可能性があ…

1本300円!【ゲンゲ(幻魚)】ってどんな味?唐揚げで食べてみる。

皆さんはゲンゲという魚をご存じでしょうか。知ってる人はお魚博士!?殆どの人は聞いたこともない、知名度の低い魚だと思います。 ゲンゲって漢字ではどう書くのでしょう。元々は「下の下(げのげ)」とか「下魚」と書かれていた様です。こんなレッテル貼ら…

魚のアラを使い尽くす【子供も食いつく】炊き込みご飯!

このブログのコンセプトの1つに、如何にして魚を子供に食べさせるかがあります。もちろん「栄養価の高いモノを子供に食べさせたい」という思いもありますが、それだけではありません。 「子供の頃に慣れ親しんだものを大人になっても食べる傾向にある」とい…

イシダイ(石鯛)の縞って縦?横?捌いて刺身とソテーで頂く。

いきなりですが、お魚クイズ! 「イシダイ(石鯛)は、次の写真の様に7本の縞(しま)模様を持っているのが特徴ですが、これは、縦縞でしょうか横縞でしょうか?」 ⌛THINKING TIME ⌛ この問題は、イシダイ(石鯛)自身が、自分の縞についてどう思っているか…

シタビラメ(舌平目)の定番料理はムニエル!捌き方、作り方。

知っているか知らないかで大きな差があると感じる魚がいくつかあります。今回紹介するのはその中の1つです。知らないと損!食べないと損!そう感じる魚。理由は、3つあります。 下処理が簡単!安全! 洋食の魚として使える! クセのない白身で子供も大好き…

川魚郷土旬菜 うおとし(板倉町)で頂こう!コイとナマズ。

自宅で丸一匹の魚を捌いて食べることをご紹介・お勧めしているこのブログですが、色んな理由で自宅での調理が難しい魚が御座います。今回取り上げるのは、そんな魚。淡水魚の コイ(鯉)とナマズ(鯰)です。 自宅で捌くのが難しい理由は「一般市場に売って…

上田勝彦さん流【サワラの炊かず飯】を実際に作ってみた(作り方付き)

今回は、サカナの伝道師、上田勝彦さんのレシピ『サワラの炊かず飯』を実践レビューします。 元漁師・元水産庁官僚・大学教授と異色の経歴を持たれている、上田勝彦さん。『魚食復興』を掲げて、テレビ・ラジオなどのメディアにも度々出演。さらには全国各地…

トクビレ(ハッカク)を背開きにして干物で頂く!(捌き方付き)

ママ「今日は中華にするから、一緒に八角も買ってきてくれる?」 少年「は~い」 ママ「分かるよね。あの形が八角形のヤツね」 少年「八角形ね。うん、わかった。いってきま~す」 ・・・・・・・・・・ 少年「ただいま~。ママ~、八角、あったよ~。今日は…

国産鮮魚の【ホッケ】を捌いて食べよう!刺身・塩焼き・アラ煮!

先ずは漢字のお話です。魚の種類について。魚へんに花と書くと 𩸽 ですが、何と読むでしょうか。 正解はホッケです。 ホッケと言えば、あの干物でお馴染みの魚。それがどう「花」と関係するのでしょうか?ホッケの体に花の模様なんてないし、花の季節と関係…

ヒラメを捌いて刺身と出汁茶漬け(久世福 万能だし)で頂く!

新種の魚、発見!? 目が付いて無い。その名は『ぎょ(魚)っぺらぼう!?』裏返すとどうなってる?ちょっと見るのが恐ろしいが、、、おそる、、、おそる、、、 はいっ。どうもヒラメです。「ヒラメ左で右カレイ」でおなじみの。左の方です。 冷静にみると、…

だしパックで美味しく【ブリしゃぶ】おもてなしにも使える作り方!

出典:写真AC 簡単で美味しい鍋は?と聞かれれば、「ブリしゃぶ」と答えます。言ってしまえば、野菜とブリ切って、出汁鍋にジャポン。これで終わりですよね。簡単なのにとても美味しい! 今回は、そんな「ブリしゃぶ」作り方をご紹介します。その中に私流の…

【カマス】を背開き!干物の作り方(冷蔵庫)!

やせ型の人の特徴に「攻撃的で冷酷」が挙げられる?!と聞いたことがあります。その代表が「織田信長」だとか。その真相は不明ですが、確かにひょろっとした体形で、外見からはひ弱に見えるけど、実は怒らせると恐い人って、いるような感じがします。うんう…

煮干し出汁の取り方【頭と腹ワタは除くべき?】試してみたら意外な結果に

和食には欠かせない出汁。そのうちの1つに煮干しがありますが、簡単に出汁が取れるので大変重宝します。しかしながら、ずっと気になっていたことが。。。出汁の取り方として殆どの商品パッケージの裏には、こう書かれているのです。 頭と腹わたを取り除くと…

【ヤナギムシガレイ(柳虫鰈)】レシピ。軽く干して塩焼きで頂きます!

干物で美味しいカレイと言えば?と聞かれることは人生で1度も無いと思います。でも、万が一にも聞かれたら「柳ガレイ」と答えて下さい。柳ガレイは、干物にして美味しいカレイNo.1と言って過言ではありません。 「柳ガレイ」と呼ばれることが多いですが、正…

知名度低いが旨い魚、カイワリ(アジ科)。食べ方は刺身がおすすめ!

生息数が少ない為に、知名度は低い。だけど知る人ぞ知る美味しい魚!今回紹介するのはそんなお魚です。アジ科の魚で、あの高級魚シマアジに近い種と言われています。 それが、カイワリです! カイワリ(貝割)の名前は、その尾ビレの形から来ています。貝を…

お魚頂きます【真鱈のすり身】を使って「つみれ入り蕎麦」

魚のすり身、よくスーパーマーケットで見かけますね。安くて美味しのですが、使い方が分からないし、面倒くさそうだから、スルーってことがあると思います。確かに既製品のつみれもありますし、わざわざ買うこともないかなぁと思うかもしれません。 しかし、…

性転換する魚【アカイサキ】食べ方は刺身・卵の塩焼き・干物としよう!

突然ですが、私の性別は男です。私が女性になりたいと思う思わないに関わらず、自然に体が女性に変わることはありません。 私「そんなの当り前ですね」 魚「当り前じゃね~よ。ふつうに変わるだろっ。」 そう。魚の世界には、性転換する種が500種もいると…

2月9日はフグ(河豚)の日!フグってどんな魚?刺身を実食。

魚の記念日は数ありますが、2月9日はフグ(河豚)の日で御座います。地方名を「フク」と呼ぶその語呂合わせ、2「フ」+9「ク」=11「フク」が由来です。これは、昭和55年にフグの産地として有名な山口県下関市の「下関ふく連盟」が制定したものです…

岩手産【ニシン】塩焼き!白子は天ぷらと干物で頂く!

かつては「大衆魚」の代名詞だった魚が、現在は「資源問題」の代名詞となってしまいました。皆さんはニシン(鰊・鯡)という魚にどういうイメージをお持ちでしょうか。 スーパーマーケットに行けば、干物にお目に掛かれます。それからなんと言っても、お正月…

ボツ企画【ホヤ】開けてビックリ。。。

記録に残すか迷いましたが、やっぱり残します。 記事を読んでいただいてる皆様が、美味しいホヤを食べる機会を失うのは思うところではありませんので、この時点でどうでもいいと思う方は引き返して下さい。この記事は、単に今回購入したホヤのモノが悪く美味…