よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

魚の紹介&料理

極上!ババガレイ(ナメタガレイ)煮付けの作り方

冬になると食べたくなるのが、ナメタガレイの煮付けです。 「煮付けにして美味しい魚は?」と問われたなら、私は1番にナメタガレイを挙げるかもしれません。分厚くて柔らかい身は醤油との相性抜群!そしてなんといってもナメタの醍醐味は卵ですね。これも煮…

北の魚!ガヤ(エゾメバル)の姿造り!刺身のお味は・・・

今回は、エゾメバルを姿造りで頂きます。 魚の中には、標準の名前よりも、通称名の方が広く知られている種類がありますね。例えば、エゾアイナメなんてどうでしょう?「エゾアイナメ」でピンとこなくても「どんこ」と言えば分かる方もいらっしゃるでしょう。…

楽しもう!殻付きホタテの捌き方(外し方/剥き方/ウロ・エラ処理)

ホタテって、殻付きで買うメリットはあるの? 活きてれば、新鮮だよ。殻付きじゃないものは、まず活きてない。それから貝柱だけじゃなく、肝や貝ヒモが楽しめるのもメリットかな。 殻付きのホタテって、捌くの難しそうだよね。 簡単だよ。これから説明するね…

冷凍魚【解凍方法】比較。氷水 vs 冷蔵庫 vs 電子レンジ!

冷凍「漬け魚」の解凍方法は、どの方法が一番良いのかな? 今回は、冷凍した「漬け魚」の解凍方法についてテストを行います。 冷凍魚の解凍方法として 「氷水」解凍 「冷蔵庫」解凍 の2つが一般的に勧められていますが、何か違いはあるのでしょうか?先日、…

春だ!シロウオ(素魚)だ!踊り食い・卵とじ・吸い物・踊り酒(食べ方)

今回は、春を告げる魚、素魚(シロウオ)を頂きます。 シロウオという魚をご存じでしょうか?シロウオは「踊り食い」が有名で、活きた状態でないと価値が無いとまで言われる魚です。鮮度落ちも早い為、昔は地産地消されていた様ですが、最近では酸素封入され…

直感的煮魚!目分量で作れる魚(鯖)の煮付け<作り方>

今回は、目分量で作る魚の煮付けの作り方をご紹介します。直感的な操作で、美味しい煮魚へと導きます(笑) 料理をする時に手間なのが、事前に調味料などの分量をチェックすることです。このひと手間が、家事のストレスを高め、瞬発力を悪くします。 例えば…

香りも楽しむ!青森県の郷土料理「じゃっぱ汁(真鱈のアラ汁)」の作り方(レシピ)

今回は青森県の郷土料理「じゃっぱ汁」の作り方をご紹介します。 「じゃっぱ汁」とは、青森県の郷土料理で、真鱈や鮭のアラ汁のことです。一般的には、真鱈のアラを味噌ベースで味付けをした鍋となり、特に津軽地方の料理と言われています。 「じゃっぱ」と…

白身魚(クロソイ)の味噌漬け焼き 作り方/レシピ

今回は、白身魚の味噌漬け焼きの作り方をご紹介します。 白身魚と書いていますが、もちろんアジやサバなどの青魚に味噌漬けの手法を使えば、臭み取りの効果もあり、美味しく頂けます。 「漬け魚」というと、味噌床なんて言葉が出てくるので、難しいというイ…

湯通しで臭み消し!カレイの煮付けの作り方/レシピ(魚)

今回は、基本的な魚の煮付けの作り方をご紹介します。使用するのは、カレイの切り身です。 「基本の作り方」と言っても、なかなか奥が深いのが、魚の煮付けです。下処理方法から、調味料の種類・分量、はたまた調理方法と、さまざまなバリエーションがあり、…

簡単!真鱈(まだら)のポワレ・トマトソース仕立ての作り方/レシピ

今回は、真鱈のポワレをトマトソースで頂きます。ちょっとフレンチっぽい料理になりますが、簡単で美味しく、おもてなしにも使えますので、知っておくと便利かもしれません。 ポワレとは、適量の油で食材の表面をカリッと、中はフワッとさせる料理手法のこと…

冬の味覚!真鱈のちり鍋(鱈ちり)の作り方/レシピ

今回は、寒い時節に食べたくなる真鱈(まだら)のちり鍋の作り方をご紹介します。「ちり鍋」と名前が付くと、ちょっと難しいように感じるかもしれませんが、昆布出汁で食材を煮るだけの鍋なので、とても簡単です。(←これで終わりでも良いかもね) 売り場に…

魚の切り身「ピチット」で冷凍と解凍のテスト/炊き込みご飯へ(ブリ)

今回はプロの料理人も愛用する「ピチット」を使って、ブリの切り身を冷凍保存のテストを行います。1週間後に解凍して、料理に使用しますが、「ピチット」を使用すると本当に美味しい状態を保つのでしょうか?料理はブリと筍の炊き込みご飯を作ります。 「ピ…

「ピチット」を使う、魚卵の佃煮と干物の作り方(ニシンの卵)

今回は、生のニシンの卵(数の子)を使って佃煮と干物を作ります。数の子を乾かすのに、料理人も使用する脱水シート「ピチット」を使用します。 数の子は、数の子として購入したものでは無く、購入した生のニシンのお腹に、たまたま入っていたモノです。 私…

【ピチットシート】を使う、魚の味醂干しの作り方(ニシン)

今回は、プロも愛用する脱水シート「ピチット」を使って、魚の味醂干しを作ります。「ピチット」を使えば、干し網が無くても、自宅の冷蔵庫で簡単に干物が作れます。 味醂干し?調味料に漬けた食材に「ピチット」って使えるの? 水だけを通すから、調味料が…

【ピチットシートで減塩料理】ブリの照り焼きの美味しさ検証(作り方)

プロも使用する脱水シート「ピチット」。今回は、この「ピチット」の食材から水分と臭みを除く性質を利用した減塩料理を試みます。ターゲットは、魚料理の基本、ブリの照り焼きです。 さまざまな魚料理で魚の切り身に対して行うのは、塩処理です。塩の浸透圧…

全身トロ「スマガツオ」ってどんな味?刺身で食べてみる。

次の様に呼ばれる話題の魚がいるんですが、お分かりになりますか? カツオの王様 幻のカツオ 幻の高級魚 全身トロ 味はカツオとマグロの良いとこ取り それは「スマ」という魚で御座います。箇条書きをまとめると、カツオに似た希少性の高い美味しい魚、とい…

三陸の魚「どんこ」で料理/どんこ汁・塩焼き・フライ(レシピ/食べ方)

今回は、東北地方でお馴染みの魚、エゾイソアイナメ(蝦夷磯鮎並)をご紹介します。 エゾイソアイナメなんて言われて、分かる人は少ないでしょう。では「どんこ」なら如何でしょうか?そうです。この魚は、標準和名よりも、この「どんこ」の名前で親しまれて…

鯖の塩焼き【下ごしらえ比較】塩と酒では違いがある?

鯖の塩焼き。塩と酒を使った下処理ってどっちが美味しいの? 今回は、鯖の塩焼きの下処理方法を2つ比較します。 鯖の切り身を焼く前の下処理としては、 塩処理 酒処理 の2つが、一般的な方法として挙げられます。それぞれの目的としては、 塩処理・・・臭…

たら白子の下処理は?レシピ紹介:白子ポン酢、鍋、醤油焼き、天ぷら。

今回は真鱈(マダラ)の白子を使う料理をご紹介します。 きれいなタラの白子がスーパーマーケットにも並ぶ様になりました。季節を感じます。真鱈の白子はこれから美味しくなって、一番良い時期は1月、2月と言われています。寒い時期が美味しいんですね。 …

晩秋のタカベ!塩焼き2種・煮付け・骨せんべい・白子煮付け(食べ方/レシピ)

今回は、夏が旬の魚「タカベ」をご紹介します。 季節を感じる魚は色々ありますが、その代表がタカベでしょう。タカベが市場に並ぶと「夏だなぁ」という高揚感が込み上げます。期間の限定感も強く、私の様に週末だけ市場に行くような人間だと、出会えたり/出…

解凍スルメイカで作るイカ焼き・刺身・一夜干し(レシピ/食べ方)

今回は、解凍スルメイカを使用して3品。刺身、イカ焼き、一夜干しを作ります。 スルメイカといったら、価格帯もリーズナブルな大衆魚(イカだけど)。捌き方も簡単なので、積極的に活用すると良いですね。今回は、レシピを中心に紹介します。 冷凍モノのス…

マグロテール解凍方法/レシピは照り焼き・ステーキ・カツ!

今回は、冷凍マグロのテール(尻尾)が格安で手に入りましたので、3種作って楽しみます。 市場の安売りです。300g以上ある冷凍テールが1枚200円ですよ。安っ。まぁ、形も整ってないし、色の悪いのも入っているから、訳あり品なのかもしれません。 安い商品…

深海魚だよ!金目鯛(キンメダイ)の刺身としゃぶしゃぶ/作り方

今週のお題「鍋」にも便乗できるかな。 今回は、千葉産の金目鯛を刺身としゃぶしゃぶで頂きます。 金目鯛は、言わずと知れた人気のお魚ですね。真っ赤なボディに、大きな目玉。定番は、やっぱり煮付けでしょうか。 金目鯛って深海魚ということをご存じでしょ…

【まとめ】魚のアラを使う料理(レシピ)のご紹介

本サイトではこれまで、魚のアラを使った料理を数多く紹介してきました。その中でも、「魚のアラを使う料理」を単独で取り上げた記事を、ここにまとめます。 「魚のアラを使う料理」で、私が紹介しているものには、少しでも可食部を逃さない、執念の料理が多…

【食べチョク・ふく成】天草産「真鯛の切り身」取り寄せレビュー(レシピ)

今回は、人気の産直EC「食べチョク」を利用して熊本県天草産の「真鯛の切り身」を取り寄せましたので、レポートします。 熊本県の厳しい認定制度をクリアしたお墨付きの養殖真鯛。-30℃で特殊技術で「急速凍結」されたとういう、その技術はどの様なものなので…

臭みを取る下処理が鍵!「蒸しあん肝」作り方(おすすめの食べ方)

今回は、近くのスーパーに安く「あんこうの肝」が売られていましたので、蒸して頂きます。 あんこう(鮟鱇)ちゃんは、ご存じですよね?この子です。 あんこう鍋なんてありますが、もれなく肝が入っていますよね。肝が美味しいんです。 あんこうの肝は独特の…

美味しい魚「ハチビキ」/料理は刺身・炙り・湯引きの3種。

今回は、ハチビキという魚をご紹介します。 魚の中には、カイワリ(貝割)やウメイロ(梅色)などの様に、流通量は少ないけど美味しい魚って、いくつもいるんです。今回のハチビキも、その分類に入れたい美味しい魚です。スーパーでは見たことがありませんね…

挑戦!マツコの知らない/銀座矢部 究極のサンマ塩焼き(作り方)。

10月13日放送のテレビ「マツコの知らない世界」で紹介された「サンマの塩焼きの作り方」が目からウロコで、真似してみたい!という衝動にかられました。合理的なサンマの焼き方で、どう見ても美味しそう! どんな塩焼きか? それは『内臓の苦い部分と骨を取…

「煎り酒」の作り方/昆布と塩を加えて味の変化も検証!刺身で食べ比べ。

自宅で「煎り酒」を作るのに、昆布や塩は使った方が良いのかな? 今回は、調味料としての価値が見直されている「煎り酒」の作り方をご紹介します。「煎り酒」のレシピには、基本の作り方の他に、昆布や塩を使う方法が紹介されているのですが、この昆布と塩の…

魚のアラを使う【マース煮(沖縄風塩煮)】の作り方(シマアジ)

今回は、シマアジのアラと身を使って、沖縄の郷土料理「マース煮」を作ります。 魚の煮付けと言えば、醤油・味醂・酒・砂糖・生姜を使った醤油ベースの煮物が一般的ですが、いつもこればかりでは飽きてしまいませんか? そんな時、「マース煮」を知っている…