よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

女の子への【基本姿勢】教えてもらった

長男くんが5才の時、ある休日の話。

 

その頃、次男くんは2才でやんちゃ。全く目が離せない。

登れるものには、登ってみる。何か見つけては、口に入れてみる。

(頭を切って救急車に乗せたこともあった)

 

そんな休日に、嫁ちゃんと些細なことで喧嘩になった。

f:id:DadTech:20191113213429p:plain

休日なのに嫁も私も体調が悪い。二人とも風邪だ。

 

嫁ちゃんが病院に行くというのは良いのだが、遠くの病院に行きたいと言う。その病院が処方する薬が効くんだと言い張った。

 

気のせいではないか。近くで済ませてすぐ戻ってきてほしい。1人で長い時間、子供らの面倒を見るほどの体力が無い。具合が悪い。

 

上の子はまだいいが、下の子は目を離せない。本当なら布団に潜り込んでいたいのだ。とりあえず、早く帰ってきてくれ

 

そんな些細なことで言い合いになり、体調不良の中、険悪なムード。

結局、嫁は気分を害したか、病院へ行かないと言い始めた。子供らは、じーっと耐えている様子。

 

そうは言っても、このままではお互い辛い。幾らかの時間を掛けて、何とか持ち直した風に。我慢しよう、我慢しよう。

(後刻、冷静に考えれば、どちらかが悪いという事は無い)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

少し気分も落ち着いた夕方ころ、長男くんが私の所にきて、こう言った。

 

長男くん

 「お父さん」(優しい口調)

 

私   

 「なに?」

 

長男くん

 「さっきのやつ、お父さんが悪いよ」

 

私   

 「どうして?」

 

長男くん

 「だって女の子に優しくしてないから」

 

 「・・・」

 

 

色んな意味で、涙が出そうになった。

 

それ、俺が言ってたヤツな。

 

 

 

おわり

 

こんな記事もいかがですか? 

dadtech.hatenablog.com