ギフトやご自宅用に「西京漬け」通販14選は >>>こちら。

タチウオ(太刀魚)の梅しそフライ。その名もタチロール!

当サイト記事には広告を含む場合があります。

明日は実家からじぃじばぁばが来てお食事会。
いつもの様に市場に来ました。
本日の狙いは大エビです。大エビフライが無性に食べたくて。

しかし、、、今日おめにかかれたのは中エビのみ。
これが市場の良いところ。仕入れがなければ、モノはありません。

何にしよう。。。
わっタチウオでかっ。
体色が鮮やかで剥げの無いのが良いなんて言われますが、火を通すならこれで十分。
今日はこれっ!。

今回はこの大タチウオと真剣に向き合います。

目次(Contents)

=スポンサーリンク=

基本情報

  • 標準和名:タチウオ(立魚)
  • 科:タチウオ科
  • おいしい時期:9~10月頃

豆知識

  • 刀の様だから太刀魚。立って泳ぐから立魚
  • 穴の中や砂の中に住んでいる
  • 運動量が少ないから、脂肪量が多い!DHA豊富!
  • 体の銀色成分(グアニン)は、人工真珠の材料に使われていた。
  • ウロコがないから料理の時はひと手間減ります!

今日の個体

  • 体長:90cm
  • 重さ:776g
  • 金額:1200円 よって 1kgあたり1550円。

調理(タチウオロール)

明日は焼き物か揚げ物にしたいので、各部位に分けました。このまま冷蔵庫保管します。
骨は揚げて、骨せんべいにします。子供らも、おいしいって食べますよ。
真子は塩降って焼くか、煮付けます。

ちなみに、、、ウチの近くの市場は子供連れで買い物すると、お菓子くれます。
おっとっと&ぺろぺろキャンディー、GET。いつも、すみません。

ウメ大葉巻き(タチウオロール)天ぷらにしていきます。
先ずは大葉をのせて、その上に練りウメを塗ります。

クルっと巻いて、爪楊枝で止めたら、準備完了。
このとき打ち粉として小麦粉をまぶしておくと生地が剥がれにくい。

天ぷら衣にくぐらせて、揚げます。
爪楊枝を抜いたら完成です。
半分に切ったら、断面も見えてビジュアルも良いです。
いただきます。
タチウオ(太刀魚)の梅しそフライ。その名もタチロール!

=スポンサーリンク=

味の感想

まじホクホクでうまかった。脂もあるので、ホク・フワ・シットリって感じ。
最後にタチウオさんの独特の香りがホワッと鼻を抜けます。
練りウメもアクセントでめちゃ合います。写真より多めに入れても良いくらい。

ごちそうさまでした。タチウオさん、ありがとう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントお願いします(※は必須項目)

コメントする

目次(Contents)