よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

解凍しない!冷凍干物のおいしい焼き方(グリル編)

冷凍干物って、解凍が面倒だよね?

今回は、冷凍干物を解凍せずに焼く方法をご紹介します。今回はグリル編です。(▶フライパン編は こちら

 

冷凍干物って、とても便利ですね!賞味期限をさほど気にする必要はありませんし、食べたい時にさっと焼いて食べられる。常備しても良いと言える食材ですね。

外に出るのが億劫で料理するのも面倒な日。そんなときは、冷凍ご飯をチン、インスタント味噌汁をジャー、冷凍干物をサッと焼く。これだけで、十分な1食となりえます。

 

そんな冷凍干物。。。解凍するのが面倒だと思っていませんか?

冷凍干物は、冷凍のまま焼いて良いんだよ。

むしろ冷凍のまま焼いた方が良い言うべきかも知れません。

もし冷凍干物を解凍する場合は、かなり上手に解凍をしないと、ドリップと共に旨み成分まで抜けてしまします。また、ドリップが生臭さの原因にもなりえるからです。でも、冷凍のまま焼けばそれが解消されますね。

 

冷凍のまま焼く場合のポイントは、火加減を強くしすぎず、身の中までじっくりしっかり火を通すこと。グリルでもフライパンでも同じです。

◆冷凍干物を焼くポイント◆
  • 冷凍のまま焼く
  • 火加減は中火
  • 焼き時間の割合は、身側:皮側=10:3くらいが目安

 

それでは写真も交えて、グリルを使った冷凍干物の焼き方をご紹介します。調理開始! 

解凍しない!冷凍干物の美味しい焼き方(グリル編)

今回使用する干物

  • 宮城産 キンメダイ(金目鯛)
  • 全長 27cm(厚み 2.5cm)
  • 重さ 250g
  • 価格 300円(キロ1190円)

▼魚市場のセールで買った干物ですw

f:id:DadTech:20191201142110j:plain

▼封を開けます。キレイな金目鯛です。まだ凍っています。

f:id:DadTech:20191201142229j:plain

f:id:DadTech:20191201142310j:plain

▼ご家庭の生ゴミの臭い対策に強い味方!🌟驚異の防臭袋 BOS 🌟

冷凍干物の焼き方

▼先ずは、グリル網に油を塗ります。グリルは事前に加熱しておきます。

f:id:DadTech:20191201143240j:plain

▼グリルが温まったら、身側を上にして中火で焼いていきます。

f:id:DadTech:20191201143350j:plain

▼約10分経過しました。程よく焼けていますね。

f:id:DadTech:20191201143522j:plain

▼裏返します。ここからも中火です。

f:id:DadTech:20191201143620j:plain

▼約3分が経過しました。焼き目も良い感じです。

f:id:DadTech:20191201143733j:plain

▼皿に移して完成です。うわぁ、はみだしたっ。

f:id:DadTech:20191201143925j:plain

火を強くし過ぎないことで、中までふっくら焼けました。金目鯛は身離れも良いので、とっても食べやすい。脂もノッて美味しいなぁ。

解凍しなくて良かったのか。これなら簡単だね! 

●フライパン編はこちら▶冷凍干物の焼き方(フライパン編)&干物で作る混ぜご飯レシピ

●「生ゴミが臭わない袋」という商品があるのをご存じですか?こちらでレビューしています▶魚ゴミ「生ゴミが臭わない袋/食パンの袋/ ポリ袋」臭わないのどれ?

すごい!本当に臭いが抑えられるんだね。

まとめ

今回は、冷凍干物の美味しい焼き方(グリル編)をご紹介しました。火加減は、中火程度と強くしすぎないでください。経験上、身側を10分焼いたら、皮側を3分焼く。厳密ではありませんが目安として、この10:3くらいが良い感じです。ご家庭のグリルにもよると思いますので、時々焼き目を見ながら調整して下さい。

魚の干物は冷凍を使えば、簡単で美味しい!是非、お試しください!

こちらの記事もいかがですか?