よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

魚のアラを使い尽くす【子供も食いつく】炊き込みご飯!

 

このブログのコンセプトの1つに、如何にして魚を子供に食べさせるか、があります。もちろん「栄養価の高いモノを子供に食べさせたい」という思いもありますが、それだけではありません。

 

「子供の頃に慣れ親しんだものを大人になっても食べる傾向にある」という人間の性質を考えると、将来に渡って魚を食べるクセをつけるには、子供の時期が大切だと考えるからです。

 

それは「日本の得意産業を将来に渡って維持する」という壮大なテーマも含んでいます。水産業で自給できる状態を維持する、というテーマ。この話は長くなりますので、ここでは割愛します。

 

さて以上のことを踏まえ、今回は「魚のアラの使い方」のアイディアを1つご紹介ます。使い方が分からず、捨ててしまうのはモッタイナイのが魚のアラ。魚のアラには、栄養価も旨味も、まだまだ残っています。

 

目指すのは以下の2つのコト。

  1. 魚のアラから出汁を取り、その身も食べ尽くしたい!
  2. 子供が食いつく料理にしたい!

 

これが出来たら、良いことづくし。一匹の魚から、身も旨味も使い尽くして、無駄なし。しっかり栄養も取れながら、子供も喜ぶ。そんな料理です。

 

魚をアラから出汁を取り、身を外して、炊き込みご飯を作っていきます!

 

魚の炊き込みご飯 材料

材料の写真

  • 魚のアラから取った出汁(今回はイシダイ(石鯛)のアラ)
  • 調味料(酒大さじ3、醤油大さじ2、みりん大さじ2、塩少々)
  • 人参 5cm
  • 米 2合

 

魚の炊き込みご飯 作り方の流れ

  1. 魚のアラから炊き込みご飯の出汁スープを作る。お吸い物を作るイメージ。
  2. スープが取れたら、アラから身を解し取る。
  3. 米に人参と魚の身を乗せ、出汁スープを注いで、いつも通りに炊く。

 

魚の炊き込みご飯 作り方 写真と解説

今回使用した魚のアラは、こちらのイシダイ(石鯛)のアラです。


先ずは、アラの出汁スープを作ります。アラは事前に熱湯くぐらせた後、血合いやウロコなどの汚れをしっかりと取っておきましょう。

鍋にアラと水、酒大さじ3を入れ(全体で1Lくらいにする)、火にかけます。沸騰したら、アクを取り除きます。10~15分くらい煮ます。

味醂大さじ2、醤油大さじ2、塩少々で味を調えたら、出汁スープの出来上がり。出来上がりがこの写真。

出汁をとる写真

 

スープの中からアラを取り出し、身を解きとっていきます!地道な作業ですが、子供の為、美味しい料理の為に頑張っていきます。

f:id:DadTech:20200329143338j:plain

 

こんな感じで、箸を使って身を離していきましょう。

身を解す写真

 

身を取り終わりました。所要時間15分。魚の身の重量98gでした。

解いた身の写真

 

ご飯をお釜に準備。

ご飯の写真

 

人参をオン。

米に乗せた人参の写真

 

魚の身をオン。

魚を乗せる写真

 

スープは、濾しながら加えます。

米にだしを注ぐ写真

 

この状態で、炊いていきます。

炊き込みご飯の炊き込み前の写真

 

はい、炊きあがりました!

炊き込みご飯の炊き込み後の写真

お茶碗によそって、お好みで炒りゴマを振って、いただきます。

魚の炊き込みご飯出来上がりの写真

はぁ、ウマい。魚のお出汁の風味がシッカリしており、骨も入っていませんので、魚の身の味も存分に楽しめます。お好みでキノコ類を加えても美味しいと思います。

 

今回の炊き込みご飯は、1匹のイシダイ(石鯛)を頂く流れで、作りました。

【関連記事】丸魚で頂く【イシダイ(石鯛)】刺身、ソテー

 

これによって、1匹のイシダイ(石鯛)を「刺身」「ソテー」「炊き込みご飯」の料理として、身を食べ尽くし、骨から出汁も使い尽くしたわけです。無駄なく美味しく頂いたと同時に、これが石鯛さんへの敬意でもあります。

 

最後に

今回は、魚のアラを使い尽くす『子供も食いつく』炊き込みご飯をご紹介しました。

 

魚の本体を使う炊き込みご飯レシピは数多くあるのですが、逆にアラだけを使うモノが欲しいと思い、行き着いたのがこの方法でした。先にアラでスープを取って、ご飯を炊くという方法。

 

最初にアラから十分に出汁を取っていますので、旨いコト間違いなし!身だけを解し取っているので、子供でも食べやすい!ウチの息子2人は喜んで食べてくれました。皆さんの参考になれば、嬉しいです。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村