よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

イシダイ(石鯛)の縞って縦?横?捌いて刺身とソテーで頂く。

いきなりですが、お魚クイズ!

 

「イシダイ(石鯛)は、次の写真の様に7本の縞(しま)模様を持っているのが特徴ですが、これは、縦縞でしょうか横縞でしょうか?」

石鯛の7本の縞

 

 

⌛THINKING TIME ⌛

 

 

この問題は、イシダイ(石鯛)自身が、自分の縞についてどう思っているか?では無く、人が勝手に魚類学の上でどう取り決めているかを問うております。もし魚の気持ちが分かる方がいる場合、イシダイの主張は無視してお考え下さい。

 

 

 

 

正解:

横縞です。

 

つまり、こういうことです。

石鯛は横縞を持つ

写真でいう口を上に向けた状態にしてみた時に、縦なのか横なのかが魚類学上の方向となります。正確には、横帯と呼ばれます。

 

という訳で、今回取り上げるのはイシダイ(石鯛)です。

 

この縞模様は、若いイシダイはクッキリとしており、その頃「しまだい」とも呼ばれます。年を取るにつれて、横帯の色は薄くなっていき、口の周りが黒くなるために「くちぐろ」の別名も持ちます。

 

本日の魚市場でお会い出来ました。あの真鯛よりも値段が高くなることもあるほど、味は良く人気のある魚です。養殖もされているんですよ。養殖してでも食べたい、ということですよね。

市場で売っている石鯛の写真

 

 

今回はイシダイ!真剣に向き合います!

 

 

基本情報

標準和名:イシダイ

科:イシダイ科

生息域:日本沿岸の各地(とくに南日本)

旬:春から夏

 

マメ知識

  •  人に慣れやすいし、好奇心旺盛で学習能力も高い。調教する芸を覚えることもある。どうすればエサを貰えるかを学習できるんですね。


油壺マリンパーク_イシダイの輪くぐり

  • 養殖の対象ともなるほど人気は高い。しかし成長がとても遅く、出荷できる600gサイズになるのに4, 5年掛かる。よって単独では養殖はされない。ブリなどの魚と一緒に養殖される。
  • 硬い歯は幾重にも重なり、何かのひょうしに欠けた場合、次の歯が押し出てきて再生する。サザエやウニを割って食べるほど、歯は硬い。
  • 希少性と引きの強さから、釣り人の間では「磯釣りの王者」と呼ばれている。

 

本日の個体

石鯛の写真

産地:銚子(千葉県)

体長:27cm(全長:33cm)

重さ:691g

価格:1330円(1kgあたり1900円)

 

この口ばし、むちゃくちゃ硬いです。人間の歯と変わらないのでは。いくつか重なっているのが写真でも分かりますね。

イシダイの口ばしの写真

 

調理

今回は「刺身」「ソテー」でシンプルに頂きます。 

イシダイ(石鯛)を捌く

ウロコを落としたら、エラとワタ(内臓)を取り除きました。ウロコは細かくて硬いので、ウロコ取りを使った後は包丁で仕上げるのが良いです。ヒレが硬いトゲになっており、危ないので注意してください。

腹の中を洗った写真

 

頭を落としたら、三枚に下します。

頭を落とした写真

三枚に下しました。中骨は硬かった。

三枚に下した写真

腹骨は削ぎやすい。

 

 

イシダイ(石鯛)の刺身

腹骨をそいだら、刺身用に柵にしていきます。下半分は中骨はありませんので、この写真の様に、中骨を除きながら、平行な形になる様に柵取していきます。

f:id:DadTech:20200328151858j:plain

 

こんな感じ。

柵取りした切り身の写真

 

皮を引きました。鮮やかな血合いの色。脂がのっていて、包丁にベットリ。

皮を引いたイシダイの写真

 

平造り・薄造りにして盛りつけたら、イシダイのお刺身の完成です。

イシダイの刺身の写真

スーパーの大根が品切れの為、パックの大根サラダを使ってみました(笑)。

 

【味の感想】

食感はコリコリしており、噛み応えがあります。磯臭さは強くなく、脂ものっていて美味しい!家族4人、一瞬で無くなってしまいました。

 

イシダイ(石鯛)のソテー

残った腹身は、シンプルに塩コショウのみのソテーにしていきます。美味しい魚はシンプル イズ ベストです。塩コショウした切り身を、オリーブオイルを熱したフライパンで焼いていきます。軽く、パセリ。

ソテーする写真

 

レモン汁を少し振ったら、イシダイのソテーの完成です。

イシダイのソテーの写真

【味の感想】

 ハラ身なので、脂のりのりですよ。シンプルだけど美味しいです。骨も無いので、モグモグと頂けます。イシダイは火を通しすぎると硬くなりますので、サッとソテーするのがポイントと思います。

 

最後に

今回は7本の横帯を持つ魚、イシダイ(石鯛)を頂きました。 刺身では、身にコリコリした食感があります。それが気になる場合は、薄く削いでお召し上がりください。脂ものっていて、生でも加熱しても美味しい魚でした。また、アラからもしっかり出汁が出る優れものですので、アラも活用して、お吸い物や味噌汁などで美味しく頂けます。イシダイ、美味しかった!

 

こちらの記事もいかがですか

 

▼お得なおうち時間▼

▼ google検索No.1▼

▼Yahoo検索No.1▼

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村