よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

お魚頂きます【真鱈のすり身】を使って「つみれ入り蕎麦」

魚のすり身、よくスーパーマーケットで見かけますね。安くて美味しのですが、使い方が分からないし、面倒くさそうだから、スルーってことがあると思います。確かに既製品のつみれもありますし、わざわざ買うこともないかなぁと思うかもしれません。

 

しかし、すり身の使い方はとても簡単です。今回は、つみれを作って蕎麦に入れるレシピを紹介します。いつもの出汁の中で加熱してつみれを作れば、魚のエキスが出汁に染み出て、かけつゆが美味しくなります。今回は、真鱈のすり身を使います。

 

それでは、ご紹介。

 

 

材料(3人分)

  • ☆マダラのすり身:200g
  • ☆片栗粉:大さじ2
  • ☆すりおろし生姜:1/4片
  • ☆塩:ふたつまみ
  • ワカメ(トッピング用)
  • 長ネギ(トッピング用)
  • いつもの蕎麦の出汁
  • 蕎麦 3人分(3玉)

材料の写真

 

魚のつみれの作り方

  1. ☆の材料を全て混ぜ合わせタネを作ります。
  2. 加熱しただし汁にスプーンですくったタネを入れ、3分加熱したら出来上がり。

という訳で、簡単ですよね。

 

つみれ入り蕎麦 写真と解説

☆の材料を混ぜ合わせました。

つみれの材料を混ぜ合わせた写真

 

スプーン2本を上手に使って、混ぜたすり身を蕎麦の出汁で加熱します。

つみれを蕎麦の出汁で加熱する写真

 

3分間加熱しました。途中でつみれが浮いてきましたね。これでかけつゆつみれの準備は完了です。

加熱中のつみれの写真

 

出汁で加熱するものとは別に、同じタネの一部を試しに上げてみました。

つみれを揚げている写真

 

3分揚げたら、こんな感じ。カマボコの完成です。(時間に余裕があれば作ってみて下さい。無くてもOKです。)

カマボコの写真

 

長ネギをフライパンで焼いていきます。私は甘くなるくらい、しっかり焼くのが好きです。

長ネギを焼く写真

 

蒸し焼き、蒸し焼き。

長ネギを蒸し焼きする写真

 

はい、OK。

焼きあがった長ネギの写真

 

茹でた蕎麦に「つみれ」「長ネギ」「ワカメ」をトッピングして、スープを注げば、、、つみれ入り蕎麦の完成です。

つみれ入り蕎麦の写真

 

簡単で美味しい蕎麦のかけつゆ 作り方

美味しい蕎麦のかけつゆを簡単に作りたい場合は、これしかないですよね。ちょっとだけ、高いですが、我が家の常備品です。

 

この「にんべん つゆの素」で作る「かけつゆ(3人分)」

私の思う黄金比はコチラ。

  水:700cc

  つゆの素:100cc

  味醂:50cc

  塩:2つまみ 

 

最後に

今回は、よくスーパーマーケットで見かける、魚(真鱈)のすり身を使ったレシピを紹介しました。既製品よりも、すり身から作った方がフレッシュだし、自分好みの味にも出来ます。しかも簡単なので、是非、献立に取り入れてみて下さい。基本は「片栗粉」「生姜」「塩」と合わせて、加熱するだけです。簡単ですよね。

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村