よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

子供も食べれる【大葉の大量消費】大葉・梅・昆布の混ぜご飯

いつもご覧いただき有難うございます。

 

今回は、使えずに余ってしまう大葉を美味しく頂ける大葉の消費レシピをご紹介します。

 

私は魚料理をすることが多いので、刺身に少しだけ添えるなどの理由で大葉を購入します。しかし、使う量より、残る量が多い。。。冷蔵庫でしんなり使えなくなってしまい終了。。。そんな事も。

 

そんな時、子供でも美味しく食べれる様に、混ぜご飯にしてはいかがでしょうか。少量で使うときに重宝する大葉のあの強い香りが、大量消費となるとキツく感じてしまいます。それを解消してくれるのが『塩』。浅漬けをヒントに、『塩』で水分と共にエグみを除去して、混ぜご飯にして頂きます。

 

それでは調理開始!

 

 

材料

目安をお示しします。色々にアレンジしていただいて良いと思います。(ゴマも美味しいかもとか、酢飯でも美味しそうとか想像は膨らみます)

  • ご飯:2杯分(350gくらい)←米1合で2杯分くらい。
  • 大葉:5枚ほど
  • 塩:2つまみ
  • 梅干し:1個 ← 練りウメでもOK
  • とろろ昆布:適量

大葉以外はどれかが抜けても問題ないでしょう。

 

調理

余った大葉5枚

f:id:DadTech:20191219103752j:plain

 

せん切りにします。繊維感を残したかったのでせん切りにしましたが、みじん切りにした方が、調理としては楽だと思います。ご飯にも混ざりやすい。特にこだわりがなければ、みじん切りをオススメします。

f:id:DadTech:20191219103913j:plain

 

はい、ここで今回ポイントの『塩』です。2つまみくらい、パラパラと掛けて、よくまぶして下さい。塩が大葉から水分などを吸収してくれます。

f:id:DadTech:20191219104233j:plain

 

15分くらい置いて、ギュッとしぼると水分が出てきます。この水分は塩分が高いので捨てましょう。これによって、大葉のエグみが和らぎました

f:id:DadTech:20191219104337j:plain

 

梅干し1個。包丁で刻んで練りウメ状態へ。(この写真は必要かどうか)

f:id:DadTech:20191219104703j:plain

 

大葉・梅・昆布 のトリオが集結しました。

f:id:DadTech:20191219104904j:plain

 

ご飯2杯分くらいに、トリオを乗っけて、まーぜまぜ。

f:id:DadTech:20191219105032j:plain

 

はい、完成。

f:id:DadTech:20191219105420j:plain

 

おにぎりでも美味しい。

f:id:DadTech:20191219105507j:plain

 

最後に

今回は、子供でも食べれる大葉の消費方法をご紹介しました。塩をすることで大葉の強い匂いが抜け、ほんのり心地よく香るくらいとなります。梅との相性は言うまでもありません。醤油を入れると塩分が多すぎるかなぁの思いで、とろろ昆布で旨味をプラスしました。海苔とも合うし、ゴマとも合うしで、アレンジは色々。特に夏にはサッパリして食べやすいと思います。

ご飯4杯分なら、大葉10枚は使えますね。是非お試しください。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村