よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

実録!子供の歯の矯正(マウスピース)が始まった(費用・保険・期間など)

今回は、我が家の息子の歯の矯正について記録を残します。

 

とある小学4年生(男の子)の歯の矯正が始まるまでの通院、検査、費用、運用などに関する記録です。家計にとっては、寝耳に水。そんなリアルな費用に関しての話も交えます。2020年10月現在、矯正を初めて1か月が経過しました。

 

まさか「歯の矯正」の、話が出てくるなんて・・・

 

歯の矯正が始まるまでの経過

我が家では子供に3ヶ月に1回の定期検診を受けさせています。息子は9才ですが、これまで虫歯等なく順調に経過していました。乳歯から永久歯への生え変わりは9本です。歯の矯正の話が出たのは、2020年に入ってからでした。

 

時系列でその経過を記載します。

 

◎2020年3月定期検診

この時に初めて、歯医者より次の様な指摘がありました。

  • 下あごの成長が遅く、上の前歯が出ている(結果、出っ歯に見える)
  • 歯のかみ合わせが悪い。
  • これから下あごの成長の経過を見ていくが、
  • 10歳前に、矯正した方が良いかもしれない。
  • 矯正費用は保険適用外(病気ではない為)。

この日の検診は、経過観察ということで終了しました。また、矯正をする場合の一般的な料金表を参考にいただきました。

 

▼いただいた料金表▼

(実際に掛かった費用とは異なります)

子供の矯正料金表

 

<感じたこと>

確かに、子供の歯を注意して見てみると、下あごが小さい。歯がきれいなUの字では無く、両サイドが湾曲して見える。また、出っ歯に見えることも、医者の指摘の通り。素人ながら、歯医者さんの話は信用できると感じた。しかし、この時にもらった料金表には驚いた。(仮に2年間矯正として、通院ごとの費用を取られると、総額60~70万円は掛かってしまう!? ← 息子の場合、実際は違った)

 

◎7月(1回目)定期検診 

歯医者の所見

  • やはり下あごの成長が遅い為、歯の矯正をやった方が良い。
  • 大人になってからの矯正は歯を抜くなどのリスクが伴うから、出来れば、あごの成長を誘導して矯正できる、この10才前の時期をおすすめする。
  • マウスピースの矯正になる見込みだが、実際には「資料とり(詳細検査)」をして、矯正方法を決めることとなる。

その他、マウスピースの場合は取り外し可能で、自宅にいる時のみの着用で良いことも教えてもらった。

 

◎7月(2回目)相談

この日は、検診では無く、相談に出掛けました。ヒアリングの内容は次の様なものでした。

  • 矯正期間は一般的には2~3年くらい。それでも良くならない場合は次のステップに進む。
  • 矯正は保険適用外ではあるが、医療費控除※の対象にはなる。

 

<感じたこと>

一般的に「第二期(12才~)」と呼ばれる永久歯に生え変わってから矯正は費用が割高なこと。またワイヤーを装着した思春期に感じる見た目のストレスのことを考えると、比較的に費用が少なくて済む小学生のうちに行った方が、良いだろうと感じました。この時期の矯正は、「第一期(6~12才)」と呼ばれる骨格を整える治療とされています。

また「医療費控除※」の対象になるのは大きなポイントでした。これで費用負担が多少でも軽減するのは、実施する決断の後押しになりました(5~6万円は還付される見込み)。

 

「医療費控除※」とは、家族で支払った医療費が1年間に10万円以上の場合、確定申告を行えば、税金の一部が戻ってくる制度です。

 

◎7月(3回目)通院

この日は、息子の小さな虫歯の治療の為、通院しました。この時に「矯正することに決めた」ことを医師に伝えました。しかし、実際に矯正できるかどうかは、詳細検査の後に判断されます。ですのでこの日は、「詳細検査をして下さい」とお願いしたことになります。

 

◎8月(1回目)資料とり

この日に「資料とり(詳細検査)」を行いました。具体的には、歯の型取りとレントゲンを行いました。

掛かった費用:16,500円

 

◎8月(2回目)判定

息子の出来上がった歯の型を見せてもらいました。歯と歯茎も含めた顎(あご)の模型です。詳細検査の結果、「矯正が出来る」と判定を受けました。

マウスピースのサンプルを見せてもらい「息子用のマウスピースをこれから制作するが良いか?矯正するか?」の再確認をされましたので、同意する旨、伝えました。

掛かった費用:22,000円

 

◎9月(1回目)同意書サイン

「矯正治療について」という同意書にサインを行いました。内容は

  • 今後発生する費用
  • 治療期間の目安
  • 矯正に関する(成功させるための)注意と協力を促す項目

これが矯正を行う同意書(契約書)にあたります。

掛かった費用:なし

 

(参考)同意書の項目の1部を紹介

 

◎9月(2回目)マウスピース完成と矯正開始

同意書サインから2週間後です。矯正器具(マウスピース)が出来上がった為、来院しました。

マウスピースとケースの使い方について、指導を受けました。またマウスピースの微調整を行いました。

装着するタイミングは、基本は長ければ長いほど良いのですが、現実を考慮して、次の様に指導されました。

  • 家にいる間は極力付ける。
  • 食事の時は外す。
  • 寝ている間は必ず付ける。
  • 外出時も可能なら付ける。
  • 学校は、発言等が行えないので、付けなくて良い。

掛かった費用:330,000円

 

この日から、マウスピースを使った矯正を開始しました。

これを上あごに装着します。装着後の見た目は、上の歯にワイヤー1本が水平に掛かって見えるだけです。

 

◎9月(3回目)経過観察

矯正開始から経過観察の為に一度だけ通院しました。マウスピースが少し緩かった為、微調整をしてもらいました。また、マウスピースの掃除方法について指導してもらいました。

掛かった費用:0円

 

これまでに掛かった費用まとめ

息子の場合、現時点で支払った費用は以下の通り。

 

初診・相談:0円

資料とり :16,500円

判定   :22,000円

矯正開始 :330,000円

合計   :368,500円

※ケース毎に違う点はご留意を!あくまでも一個人の結果です。

 

同意書上は、処置料(装置装着中)が月に1度5,500円掛かることになっていますが、これは経過次第の様です。現時点では一度も支払いしていません。

 

支払いにクレジットカードは使用できる様ですが、5%の手数料が取られるとの事でした。現金の場合も分割払い(3回)は出来るようでした。我が家は、現金一括で支払いました。

 

また、歯の矯正(美容目的以外)は医療費控除の対象となります!戻ってくる金額(還付額)は、基本は次の式で計算されます(条件によって異なる場合あり)。

  • 医療費控除額=年間医療費ー保険での補填額ー10万円
  • 還付額=医療費控除額×所得税率

私の場合で見込みを当てはめると、5~6万円は還付される見込みと計算されました。大変大きい金額です。これを知っておいて、確定申告をしないと損ですね。

参考にしたサイト「歯列矯正の確定申告と医療費控除の申請方法

 

息子のマウスピース使用状況(本人の感想)

9才の息子は、歯医者さんの指導に従って、極力マウスピースを装着してくれています。本人も目的をきちんと理解している様で、真面目に付けてくれています。使用感としては、

  • しゃべりにくい(口を大きく開けると外れます)
  • 痛みはない
  • 慣れると違和感はない
  • 寝る時も気にならない

とのことです。マウスピースを付けたまま会話をすると、モゴモゴとこもって聞こえます。しかし、会話が出来ないということはありません。本人も付けているのは家にいる間だけでよいので、そこまでのストレスは感じないそうです。

 

寝ている時間は長いので重要です。ちゃんと付けていられるか、心配がありました。使い始めてから1日目と2日目は、違和感のためか、途中で外れてしまいました(口の中から出してしまった)。その為、親が無理やり口を開けて挿入しました。これがず~っと続くのかと正直うんざりしたのですが、3日目以降は慣れた様で、外れることは無くなりました。この点は大きいですね、慣れない子もいるのかも知れません。

 

以上の様に、心配したほどストレスなく使用できているというのが、これまでの経過となります。

 

まとめ

今回は、我が家の9才の息子の歯の矯正に関して情報提供しました。この記事は、時期をみて順次更新する予定です。参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村