Amazonタイムセール会場はこちら<<<

ピチットシートで作るババガレイ(ナメタガレイ)の一夜干し/干物

当サイト記事には広告を含む場合があります。

ナメタガレイの定番と言えば「煮付け」でしょう。

クセの無いフワフワの白身。それから子持ちであれば、味の良い卵。その双方が醤油ベースの煮汁に合うので、ナメタガレイは、煮付けにして最高の魚なのです。この点は疑う余地がない。

 

しかし考えてみると、逆に言えば、煮付けでしか食べたことが無い。。。

 

というわけで今回は、ナメタガレイの一夜干しを作ります。干物を作るのに使用するのは、「ピチット」シート!これがあると簡単に干物ができちゃうんです。

 

高級食材のナメタガレイですが、煮付けの固定概念に囚われれず、今回は「一夜干し」にチャレンジします。どんな結果が待っているのでしょう。それではスタート!

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

目次(Contents)

=スポンサーリンク=

ナメタガレイの一夜干し 作り方

今回使用するのは、福島産の1.2kgのナメタガレイです。全長は45cm。身の分厚い、なかなか良い個体ですよ。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

ナメタガレイのナメタは漢字で書くと「滑多」。滑り(ぬめり)が多いと書くんです。体表面がヌルヌルしているのが特徴ですね。このカレイを捌く時は、ヌメリ取りから始めます。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

ヌメリを取ったら、頭を落とし、お腹の中を綺麗に掃除します。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

この様に綺麗にしました。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

後は食べやすい大きさに切っていきます。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

切り身の一部は定番の「煮付け」にしましたので、捌き方と併せて、コチラに紹介しています。

 

それではピチットシートを使って、「一夜干し」を作りましょう。とっても簡単ですよ。

 

カレイの切り身に塩を振ります。 ちなみに、塩水に浸ける干物の作り方も可能ですが、今回のモノだと卵が水に流れ出してしまいますね。だから振り塩を行っています。そういう意味でもピチットシートって強い味方です。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

 

はい、ここでピチットシートの出番。シートを広げたら、その上にカレイの切り身を置く。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

 

空気を抜くことを意識しながら、ピチットシートで包みます。これで終わりです!あとは冷蔵庫に一晩入れるだけ。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

簡単すぎませんか?

ピチットは食品用の脱水シート。魚の身の中から、水分と臭み成分だけを取り除いてくれる機能製品です。シートに表と裏はありませんので、どちらでも使用できます。シートの中の無毒の吸水成分が、分子量の小さい水分(臭みを含む)を吸収してくれる仕組みです。使い方は、食材を密着させて包むだけです。

自宅の冷蔵庫で干物が作れるのは嬉しいですよね。冷蔵庫で出来るメリットは、場所を取らないし、夏場などに外で腐る心配がいらないことでしょう。

一晩経過

一晩が経過しました。 正確には、18時間です。ピチットシートで包んだカレイの切り身はこの様になっています。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

 

どうですか。切り身の表面は乾いて、水分が抜けている事が分かります。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

 

一方、ピチットシートはどうかというと、ご覧の通り、シートの中間層にジェル状になった水分が溜まっているのが分かります。この様にして、水分が食材から吸収されているわけです。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

魚の水分の多さにもよりますが、以前のテスト結果では、アジ(鯵)だと15%の水分が除去できました。この時は、自然乾燥よりも「ピチット」の方が脱水スピードが速いという結果になりました。

 

後は、グリルで焼くだけです。 

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

 

ナメタガレイの一夜干し(焼き)の完成です!

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

付き合わせは、大根おろしと煎り酒を和えたもの。すっぱ旨いんですよ。

 

ナメタガレイの一夜干し 実食

それでは、いただきます。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

 

知らなかった。ナメタガレイの皮は焼くとこんなに香ばしくなるんだね。白身はフワトロで、塩焼きでも美味しいね。

ピチットシート ナメタガレイ(ババガレイ)の一夜干し

卵も美味しい!クセが無くて、旨み充分。

 

ナメタガレイの一夜干し、本当に美味しいでです。「煮付け」と「一夜干し」でどちらが美味しいかって、これは正直、甲乙つけ難い。煮付けが定番と思い込んでいましたが、こうして試してみると、それは単なる固定観念だということが分かりますね。ナメタガレイは、加熱しても身が固くなりにくいので、フワフワの食感が旨みを後押しします。エンガワのゼラチン質も少し粘っこく、違った食感が楽しめますね。身離れも良いので、食べやすくて最高!

 

なるほど、良い発見ができました。

 

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、ナメタガレイの一夜干しをピチットシートを使って作りました。予想以上の美味しさに、煮付けだけでは無い、ナメタガレイの底力を思い知りました。さっぱり食べたい時にはむしろ「塩焼き」や「一夜干し」が良いとも思いました。皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

こちらの記事もいかがですか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントお願いします(※は必須項目)

コメントする

目次(Contents)