ギフトやご自宅用に「西京漬け」通販14選は >>>こちら。

魚の切り身「ピチット」で冷凍と解凍のテスト/炊き込みご飯へ(ブリ)

当サイト記事には広告を含む場合があります。

今回はプロの料理人も愛用する「ピチット」を使って、ブリの切り身を冷凍保存のテストを行います。1週間後に解凍して、料理に使用しますが、「ピチット」を使用すると本当に美味しい状態を保つのでしょうか?料理はブリと筍の炊き込みご飯を作ります。

ピチットレギュラー

「ピチット」の公式ページよると、このピチットシートは冷凍にも解凍にも適していると記載があります。その理由についての記述を公式ページより引用します。

◆美味しく冷凍◆
「ピチット」は、表面だけではなく、素材内部の水分や臭みを取り除きながら冷凍するので、凍結時の組織破壊を抑制することができます。また、素材に密着しているので素材表面に霜が付着せず、冷凍保存中の冷凍焼けも抑えることができます。
◆美味しく解凍◆
冷凍素材を「ピチット」で包めば、余分な水分や臭みを取り除きながら解凍することが出来、素材の美味しさを損なうドリップを抑えるとともに、旨みを凝縮させることができます。ですから、冷凍マグロ、冷凍ホタテや殻なしの冷凍エビなども、上手に美味しく解凍できます。

 

冷凍しながら臭みを取り除き、解凍時のドリップも抑えることができるんですね。食材の表面に霜が付かないことから、冷凍焼けを抑えることが出来るというのも嬉しいポイントです。美味しい状態を保つんですね。

 

さてさて、これを鵜呑みにするつもりは無いんです。実際に、ブリの切り身を冷凍・解凍して確かめてみましょう!

ピチットで冷凍解凍 ブリの炊き込みご飯

目次(Contents)

=スポンサーリンク=

「ピチット」でブリの切り身の冷凍と解凍

今回使用するのは、スーパーで購入した何の変哲もないブリの切り身です。大分産の養殖ブリですね。

スーパーで購入した鰤の切り身

 

切り身の1つをピチットに包んで、1週間冷凍していきます。

ピチット ブリ

 

ミシン目で切ったピチットシートで切り身を包みます。ただそれだけです。包む前の切り身の重さは、86gでした。

ブリの切り身をピチットで冷凍

 

はい、この様な感じで包みました。シートを密着させる様にするのがポイントです。接している面から水分や臭みを除くんですね。この状態で冷凍します。

ピチットで魚の切り身を冷凍する

 

▼ ▼ ▼

一週間後

▼ ▼ ▼

 

1週間が経過し、ブリの切り身を解凍しました。

解凍方法は、冷凍庫から冷庫に移し6時間の緩やかな解凍を行いました。身の状態はどうなっているでしょうか?それでは開封します。

ピチットを使ったブリの切り身の冷凍解凍

 

はい。こんな感じ。脱水はされていますが、干物の様な表面のカサカサはありません。しっとりした状態を保っています。

魚(ブリ)の切り身をピチットで冷凍解凍する

【解凍後の状態】

  • 臭み:全くなし
  • 変色:殆どなし。写真の通り血合い位置に若干はあり。

【重さの変化】

  • 元々の重さ:86g
  • 解凍後重さ:82g
  • よって、重さの減少は4g(約5%)。

この重さの減少分だけ、切り身から水分や臭み成分を取り除いたという事になります。

 

炊き込みご飯を作るために、血合い骨の残りはキレイに取り除きます。

魚(ブリ)の切り身をピチットで冷凍解凍する

 

切り身を包丁で切った断面はこの様な感じです。冷凍していたとは思えない美しさですね。もともと脂のノリの良いブリなので、脂によってシットリした身質を保っていること考えられます。また凍った状態で脱水されることはありませんので、ある程度の水分量は保っているものと考えられます。

魚(ブリ)の切り身をピチットで冷凍解凍する

一度冷凍したとは思えない切り身だね。臭みもない。美味しそう。

 

解凍したブリで作る炊き込みご飯

解凍後の状態から、料理に使用して全く問題ないと判断しましたので、美味しく頂くことに注力します。筍ごはんの素を使って、炊き込みご飯にしていきましょう。

材料は、筍ご飯の素、ブリ、えのき茸、長ネギです。

魚(ブリ)の切り身をピチットで冷凍解凍する

 

ちなみに、この「筍ごはん」の素、我が家では常備しています。理由は、子供たちが大好きで、ご飯をたくさん食べてくれるからです。

魚(ブリ)の切り身をピチットで冷凍解凍する

穂先を多く使ってるから食べやすいんですよ。味付け用の調味液も含まれていますので、水を規定量足すだけで、すぐに炊くことができます。今回の様に、好みの具材を加えるとさらに美味しく仕上がりますね。

それでは、 お米の上にブリなどの具材を載せて、炊き込みご飯モードで炊いていきます。簡単ですね。

魚(ブリ)の切り身をピチットで冷凍解凍する

 

はい、炊き上がりました。ブリの心地よい香りが、食欲をそそります。わかります?蒸された魚の良い香り。

鰤と筍の炊き込みご飯

 

それではいただきます。

ブリとタケノコの炊き込みご飯

魚の風味がしっかりしてる。ブリが柔らかくて美味しい!

解凍後の切り身の状態を見た時に、予想した通りです。全く臭みは無く、とても贅沢な炊き込みご飯となりました。

 

魚の冷凍保存にも使える「ピチット」。恐るべし。

 

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、プロの料理人も愛用する「ピチット」を使って、魚の切り身を冷凍保存するテストを行いました。1週間後に解凍し、炊き込みご飯を作りましたが、大変美味しく仕上がりました。一度冷凍したとは思えないブリの身質を保ちました。「ピチット」は魚料理の強い味方ですねぇ。

 

こちらの記事も如何ですか

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントお願いします(※は必須項目)

コメントする

目次(Contents)