よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

購入から1年【レミパンプラス】使用感レビュー(口コミ/評判)

レミパンプラスの使い心地ってどうなんだろう?

今回は、我が家で1年間レミパンプラスを使った感想をレポートします。

 

レミパンのノーマルタイプが使いやすかった為、テフロンコーティングが剥げているにも関わらず、10年以上使い続けたんです。テフロンのフライパンを10年以上使うってヤバイですよね。

レミパン イエロー 使用
それくらいレミパンが気に入っていたと言うことです。しかし、もう限界。という訳で、ついに買い替えました。→ レミパンプラスへ!

 

レミパンプラスに決めたのは、旧モデルレミパンのヘビーユーザーが、「プラス」という甘い言葉に誘惑されたという、単純な理由。

ジャジャーン

新品よ💛

レミパンプラス レッド

 

そのレミパンプラスを使い始めて1年間が経過しました。1周年の良い機会ですので、今回は1年間使用したレミパンプラスをレビューします。

レミパンプラス使用感レビュー(口コミ)

 

レミパンプラスとは?

レミパン(ノーマル)

料理愛好家の平野レミさんが監修するフライパンシリーズのレミパン。

 

1台で「焼く」「蒸す」「揚げる」「煮る」「炒める」「炊く」の6役をこなせるというのがその特徴です。深型のフライパンでありながら、絶妙な大きさでこれを実現したんですね。また、蓋が立つ、というのも大きな特徴でした。

レミパン 蓋が立てて置ける

 

レミパンプラス(レミパンとの違い)

2016年にレミパンプラスとして発売されました。

バージョンアップした主な点はこうなります。

◆バージョンアップ◆
  1. テフロンコーティングの滑らかさと耐久性を強化
  2. レミパン専用のツールは、ハンドルに磁石でくっ付く
  3. 蓋がガラス製へ(料理が見えやすい)

 

無くなった機能もあります。蓋をしたまま水差しをすることは出来なくなりました。普通のレミパンには、この様な水差し口がありました。

レミパン 水差し口

 

重さを比べてみました。実測した結果です。

レミパン 重さの違い

レミパンに比べ、レミパンプラスは本体は軽く、蓋は重いという結果になりました。全体としては、レミパンプラスが150gくらい重くなっています。蓋がずっしりとしたんですね。

 

外観はこの様な違い。

レミパン レミパンプラス 比較

 

高さはレミパンプラスの方が実測で0.4cm低くなっています。実用的には、ほぼ変わらずという所でしょうか。

(底面から上縁までの高さ)

レミパン   :8.7cm

レミパンプラス:8.3cm

レミパン レミパンプラス 比べ

レミパンとレミパンプラスの互換性

手持ちのモノでしが確認できませんが、互換性について次の2点はご報告を。

①レミパン(24cm)蓋はレミパンプラス(24cm)に使えます。

レミパン 蓋

 

②レミパン用で購入した蒸し台も、レミパンプラスに使えます。

レミパン 蒸し台

 

使用時に注意した点

レミパンプラスは安い買い物ではありません。よって、この1年間、特にテフロンコーティングを長持ちさせる為に、以下の点は十分に注意しました。取扱説明書にも書いている内容です。

  1. ヘラやオタマなどの調理器具に、金属製のモノは使わない
  2. 強火で使用しない
  3. 空焚きしない
  4. 急冷しない(熱い状態を水で冷やす)
  5. 長時間の保存容器として使用しない
  6. つけ置き洗いをしない

面倒と思われるかも知れませんが、お気に入りのモノを長く使用する為に、気を付けている内容です。 

 

1年後のレミパンプラスの状態

使用頻度

我が家でのレミパンプラスの使用頻度は、1食を1回と数える場合、週に7回程度です。煮込み用にはルクルーゼの鍋を持っていますので、例えばカレーは、別の鍋を使います。

~参考:我が家の鍋類~

  • レミパンプラス24cm
  • フライパン29cm(大きめ)
  • 卵焼き用フライパン
  • ステンレスの大きい鍋(麺を茹でるとき等)
  • ルクルーゼの鍋
  • 雪平鍋

レミパンプラスの状態

目玉焼きが分かりやすいと思いましたので、Twitterにアップしました。現時点で油を敷かずとも、コビリ付きはありません。

 

レミパンプラスの使用感

大変、満足しています。

私の妻はレミパンプラスをメインで使用していますが、家族4人世帯で大きさ的に丁度よく、大変満足しています。女性でも重さは気にならないとの事です。

レミパンの「蓋が立てられる」「取っ手に道具が置ける」「吹きこぼれしない」という特徴が、地味に便利で、ストレスなく料理が出来るのは大変うれしいポイント。

色はレッドを購入しましたが、清潔感のあるシンプルなデザインがとても気に入っています。キッチンでもスタイリッシュなたたずまいです。

レミパンプラス レッド

 

レミパンプラス使用例

レミパンプラス 調理

煮込む

レミパンプラス使用例

焼く

レミパンプラス使用例 焼く

蒸す

レミパンプラス使用例 蒸す

炒る

レミパンプラス 使用例

 

レミパンプラス 便利機能

初代レミパン同様、蓋が立ちます。スペースが有効に活用できますね。

レミパンプラス便利機能

蓋を立てても、水滴はこぼれない構造になっています。

レミパンプラス便利機能

菜箸やターナーなどが、フライパンの取っ手に載せられます。こちらも省スペースで、キッチンが汚れないので便利です。

レミパンプラス便利機能

蓋には蒸気穴が付いていますので、吹きこぼれる心配がありません。

レミパンプラス便利機能

また、透明なガラス蓋は、鍋の中の様子が確認できます。

レミパンプラス便利機能

 

まとめ

今回は、人気フライパン「レミパンプラス」をレビューしました。購入から1年後の状態でも、油を敷かずに目玉焼きを作れ、テフロン加工の耐久性が満足いく結果となりました。デザインもシンプルですっきり、また蓋や道具置き等も工夫されており、キッチン廻りのスペースが確保された状態で使うことが出来ました。値段は安くはありませんが、大変満足のいく商品でした。今後も愛用していきます。

 

こちらの記事もいかがですか?