よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

カルシウム豊富 乾燥桜エビ入り【切り干し大根の煮物】子供に最適レシピ

いつもご覧いただきありがとう御座います。

今回は、いつもの切り干し大根の煮物に、乾燥桜エビを使って海老の風味を活かしていきます。

 

乾物として、切り干し大根、スライス椎茸、桜エビを使用しますが、水で戻した後の戻し汁には、たっぷり旨味が残っていますので、捨てずに使用します

 

こういった煮物は一度多めに作っておけば、2、3日は頂けるので便利ですよね。

 

そしてなぜ桜エビをチョイスしたかなのですが、それは栄養価が非常に高いから。特にそのカルシウム量は牛乳の4~6倍と言われており、食材の中ではトップクラス。これは子供やお年寄りには適した食材と言えそうですね。また、干物であるのに血液のサラサラ効果が期待できるDHAも含まれています。

 

そんな乾燥桜エビ、なんとか上手に利用したい。今回は、煮物です。海老の風味を使いつつ、乾燥海老を柔らかくして子供にも食べやすくしていきます。

 

それでは調理開始!

 

材料

  • ☆だし汁 350ml(各乾物の戻し汁にだしパックを入れ5分沸騰加熱したもの)
  • ☆酒 大さじ1
  • ☆みりん 大さじ1
  • ☆塩 ひとつまみ
  • 〇砂糖 大さじ1
  • 〇醤油 大さじ2
  • 切り干し大根 10g(水で戻しておく)
  • 干しスライス椎茸 5g(水で戻しておく)
  • 干し桜エビ 7g(ぬるま湯で戻しておく)
  • 油あげ 1枚(お湯に浸して油を抜いておく)
  • 人参 1/4本
  • ごぼう 5cm

材料の写真


 

作り方

  1. フライパンに油をひいて、具材(切り干し大根、椎茸、桜エビ、油揚げ、人参、ごぼう)を炒める。水分を飛ばすイメージで。
  2. 水分が飛んだら、煮汁(☆)を加えて加熱する。
  3. 煮汁が沸騰したら、調味料(〇)を加える。
  4. 汁気がなくなったら、出来上がり。

 

写真もどうぞ

乾物の戻し汁にだしパックを入れて、沸騰後5分、煮出す。

だしパックを煮出す写真

 

煮出し終わりました。味見しましたが、とても複雑で美味しいです。桜海老の香りもしっかりしています。

煮出した後の煮汁の写真

 

具材を炒めていきます。 

具材を炒める写真

 

煮汁(☆)を合わせ沸騰させました。

煮汁を併せる写真

 

調味料(〇)を入れたら、煮汁を煮詰めていきます。

調味料を合わせた写真

 

汁気が無くなりました。

煮詰め終わった写真

 

器に盛って、出来上がりです。

出来上がりの写真

 

 

最後に

今回は、乾燥桜エビ入りの切り干し大根の煮物をご紹介しました。煮物にすることで、海老の風味が活かされますし、乾燥海老が柔らかくなることで食べやすくもなります。小さい海老の見た目もアクセントになって良いですね。栄養価の高い桜エビ、何とか上手に食卓に取り入れたい。今回はそんな思いの詰まったレシピをご紹介しました。

 

 

合わせて読みたい