よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

春だ!シロウオ(素魚)だ!踊り食い・卵とじ・吸い物・踊り酒(食べ方)

今回は、春を告げる魚、素魚(シロウオ)を頂きます。

 

シロウオという魚をご存じでしょうか?シロウオは「踊り食い」が有名で、活きた状態でないと価値が無いとまで言われる魚です。鮮度落ちも早い為、昔は地産地消されていた様ですが、最近では酸素封入された袋に入れられて、活きた状態で流通しています。

 

冬も終わりに近づいた寒さの和らぐ時期になると、市場で見かける様になりますね。「シロウオか。そうだなぁ、暖かくなってきたなぁ。」と早春を知らせてくれる、季節を感じる魚でもあるのです。

市場に売られているシロウオ

(イサザはこの魚の地方名。標準和名はシロウオです。)

 

シロウオは私にとって思い出の魚。

結婚前の両親顔合わせの際、九州の料理屋でこのシロウオを頂く機会があったのですが、私の妻が「踊り食い」に耐えられず、静かな店内で悲鳴を上げたんです。

ギャー!

顔合わせの緊張した雰囲気が一転、お祭り騒ぎへ。。。私にとって、シロウオと言えば、そんな魚。。。

 

今回は、2人の息子に食べさせる為に、特別に買って帰りました。何事も、経験ですから。食育の題材としても、適した魚だと思います。

 

今回はシロウオ!真剣に向き合います。

シロウオ(素魚)

 

シロウオの基本情報

標準和名:シロウオ

科:ハゼ科

生息域:北海道から九州

旬:2~4月

 

シロウオの豆知識

  • 死んだものは価値が無い。酸素を封入した袋に活きたシロウオを入れたものが、都市部にも入荷される。今回購入したものはそれ。体長4cm前後だが、これが成魚。
  • 二杯酢に浸して活きたまま頂く「踊り食い」は博多名物。
  • 成魚は内湾に生息。2~4月の産卵期になると、川を遡上し、中流域で産卵する。川を遡上する頃、河口付近で漁がなされる。
  • 興味深い生態(寿命1年):産卵期になると川に遡上してきたオスは、川底の石の下に巣を作り、ここにメスを誘う。誘導されたメスはこの巣に産卵するのだが、オスに追い出され、その後絶命する。オスは受精後も巣の中に残り、餌を食べること無く、卵を守る。オスは卵が孵化する頃に絶命する。この孵化環境を守れるかが、シロウオの資源管理の鍵とも言えそうだ。
  • シロウオの語源は、絶命した後に色が白くなることと言われている。購入後、時間が経つと死んでしまうが(写真右の器)、生きている個体に比べると体の色が白くなる。

素魚(シロウオ)の語源

◆紛らわしい3種◆
  • シロウオ(素魚):スズキ目ハゼ科。体長約6cm。
  • シラウオ(白魚):サケ目シラウオ科。体長約10cm。
  • シラス:イワシやウナギなどの稚魚に対して用いられる総称。

これら3種は混同されがちだが、別の魚。シラス丼などに使われるシラスは、魚の種類の名前では無く、稚魚の総称。

本日の個体

長崎、佐賀産の素魚(シロウオ)飴源

産地:長崎、佐賀

体長:4cm前後

重さ:(全部で)60g

価格:1000円(1kgあたり16,700円)

 

透明な魚体で、体の中央の浮袋が透けて見えます。頭側にある赤い斑紋と体に直線状に並ぶ黒い斑点が特徴的です。ウロコはありませんので、軽く洗うだけですぐに食べられます。

長崎、佐賀産の素魚(シロウオ)飴源

 

売られている状態の水が、海水なのか淡水なのか気になったので、舐めてみましたが「淡水」でした。

シロウオ 淡水

 

参考にパッケージの写真も残しておきます。

シロウオ 飴源パッケージ

シロウオ 飴源パッケージ

 

器に出すとこの様な状態です。


 

シロウオの料理

真水にさらせば、直ぐに使えますので、料理は簡単です。

シロウオの踊り食い3種

煎り酒、酢醤油、ポン酢

踊り食いの定番は、酢醤油やポン酢でしょう。箸で掴むというよりは、味付けしたものを、飲み物の様に口に入れるのが美味しい食べ方です。踊ってますから、箸では掴みにくいですしね。

煎り酒でシロウオの踊り食い

▼ツイッター▼

▼使ってる調味料▼

成城石井の煎り酒

酢醤油やポン酢も良いですが、私は「煎り酒」が好きです。今回は成城石井の煎り酒を使用しました。銀座三河屋「煎り酒」も美味しいです。

▼煎り酒を詳しく見る▼

posted with カエレバ

 

卵黄醤油

卵黄に絡めても美味しいですよ。こちらも調味料はお好みで。 今回は、少量の醤油を垂らしています。

卵黄醤油でシラウオの踊り食い

卵黄醤油でシラウオの踊り食い

 

だし汁と海苔、とろろ昆布

グビグビと飲むように楽しむなら、出汁と合わせるのも良いですね。適当な出汁を用意し、冷ました後、シロウオを活きたまま投入。お好みで調味します。

▼出汁と刻み海苔▼

シロウオ踊り食い だし汁と海苔

▼出汁ととろろ昆布

シロウオ踊り食い だし汁ととろろ昆布

この他、あおさ海苔なんかと合わせても美味しそうですね。

 

シロウオのお吸い物

生ばかりでは飽きてしまいますので、加熱料理は如何でしょうか。お吸い物に入れても美味しく頂けます。

シロウオのお吸い物

 

シロウオの卵とじ

1人分を作ります。出汁1/2カップ、砂糖・酒・味醂・薄口醤油を各大さじ1。この煮汁でシロウオをさっと煮たら、

シロウオの卵とじ 作り方

 

卵1個でとじます。

シロウオの卵とじ 作り方

 

シロウオの卵とじの完成です。

シロウオの卵とじ 作り方

 

ご飯に合わせても美味しいですよ。

シロウオの卵とじ 作り方

 

シロウオの踊り酒

日本酒が好きな方は、お酒に入れて「踊り酒」で頂くのも良いですね。実際にこの様にして楽しむ地方が御座います。とても贅沢です。

シロウオの踊り酒

 

▼広告:楽天市場▼

 

シロウオの味

活きた状態でも、シロウオ自体に特徴的な味はありません(中に少しの苦みを持つ個体がいる)。非常に淡泊です。味を楽しむというよりは、ピチピチと動く食感や喉越しを楽しむ魚と言えます。

 

まとめ

今回は、春を告げる魚「シロウオ」を、醍醐味である「踊り食い」で頂きました。初めて食べた息子2人(10と6才)は、最初のうち騒いだものの、終盤には慣れた様子で工夫して食べていました。活きた状態で頂くというのは、子供にとって食育になります。またシロウオは資源数が減っているのも事実ですので、そういった話をしながら食卓を囲むのも、意味のあることだと感じました。

 

こちらの記事もいかがですか?

www.jinta-express.com