よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

子供とウォーキング【江東区夢の島周辺/埋立地の緑をめぐるコース】体験レビュー

いつもご覧いただきありがとう御座います。

 

今回は、東京都江東区の保健所健康推進課が発行するKOTO WALKING MAP(江東区ウォーキングマップ)より『埋立地の緑をめぐる』コースを、5歳、9歳の息子と散策しましたのでレポートします。

 

潮見駅をスタートし、埋立地に作られた公園を中心に、建設中オリンピック施設が密集する「夢の島」エリアをウォーキング、ゴールの新木場駅を目指すコースです。

 

公園、運河、オリンピック施設と見どころは満載。舗装された平坦な道を歩きますので、全長約5.6Km、5歳の次男も完歩することができました。

 

スタートから途中の昼食・公園遊び・植物館見学も含めて、3時間半でゴール。大変楽しくウォーキングできました。

 

 

江東区ウォーキングマップ

 ウォーキングマップは、コチラのURLを参照ください。pdf、少し重たいです。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/walkmap/map/detail/pdf/koto.pdf

 

このマップは、江東区のみどころを楽しみながら健康づくりができる14のコースが紹介されています。区民の方々の意見も取り入れながら作られているというのが面白いですね。期待が持てます。

 

今回は、27ページ目の「埋立地の緑をめぐる」を忠実にウォーキングしました。

f:id:DadTech:20200104164944p:plain

 

コース概要

 潮見駅

→えこっくる江東

→辰巳の森海浜公園

→東京辰巳国際水泳場

→夢の島熱帯植物館

→夢の島公園

→新木場駅

 

コースレポート

JR潮見駅

11:20 潮見駅をスタート

f:id:DadTech:20200104170638j:plain

 

潮見のカエル

スタートして間もなく、潮見1丁目付近で、カエルのオブジェを発見。これは何を意味しているのだろう。

f:id:DadTech:20200104171050j:plain

 

東雲東運河

11:40 運河に出ました。

有明、豊洲及び東雲地区を流れる運河です。

f:id:DadTech:20200104171629j:plain

 

潮見さざなみ公園

11:50到着。縦に長い公園です。運河を眺めながらのブランコに子ども達、「きもちい~」の声。

f:id:DadTech:20200104172456j:plain

f:id:DadTech:20200104171847j:plain

 

漣橋(さざなみばし)

1994年3月に完成した臨海部へのアクセスできる橋です。曲線が美しい。水面に浮かぶのは渡り鳥でしょうか。

f:id:DadTech:20200104172315j:plain

 さざなみ橋の上から運河を眺めました。向こう側に見えるのは七枝橋ですね。

f:id:DadTech:20200104172619j:plain

 

辰巳の森海浜公園

12:10到着 ランチ休憩です。日なたで弁当を食べました。

1993年6月に開園された公園です。東京オリンピックの会場となっている為、現在いたるところで工事が進められていました。休止中の設備などは公式HPに情報が御座います。http://www.tptc.co.jp/park/03_01

f:id:DadTech:20200104172852j:plain

子どもが遊べる遊具がたくさんありました。広々として良いですね。ここだけでも子供なら1、2時間は軽く遊べます。

f:id:DadTech:20200104173222j:plain

 

オリンピックアクアティクスセンター(仮称)

辰巳の森海浜公園より建設中のオリンピック会場が見えました。オリンピックでは、競泳、飛込み、アーティスティックスイミングの様な、水泳競技が行われる様です。

f:id:DadTech:20200104173503j:plain

 

辰巳の森緑道公園

13:00 桜並木を歩きます。春はきっと綺麗だと思います。

辰巳の森海浜公園に隣接した公園です。こちらにも子供用の遊具などが備えられています。

f:id:DadTech:20200104174017j:plain

 

東京辰巳国際水泳場

13:10到着 こちらも2020オリンピックの競技会場ですね。

1993年に完成した水泳場。メイン、サブ、ダイビングプールを持った5000の観客席をもつ国内最大級の公認水泳施設。

f:id:DadTech:20200104174313j:plain

 

曙水門

曙運河の水門です。左上はJR京葉線の線路。右奥に小さく見えるのが東京スカイツリーです。

f:id:DadTech:20200104174600j:plain

 

夢の島緑道公園

曙橋を渡ると緑道公園への入り口があります。その名の通り木々に囲まれた歩道を歩けます。サイクリングや釣りも楽しめる様です。

f:id:DadTech:20200104174927j:plain

 

江東区夢の島競技場

夢の島競技場の前を歩き進めます。

f:id:DadTech:20200104175142j:plain

 

夢の島 熱帯植物館

13:35到着

入館料:一般250円、65歳以上120円、中学生100円、小学生以下無料とリーズナブル。休憩も兼ねて立ち寄りましたが、お値段以上に楽しめました。

f:id:DadTech:20200104175432j:plain

まるでジャングルを探検しているかの様。

f:id:DadTech:20200104175828j:plain

大きな温室施設の中で様々な熱帯植物が楽しめます。映像ホールやイベントホールもあり熱帯植物について学べるようになっています。ガイドツアーもある様です。公式HPはコチラ→ http://www.yumenoshima.jp/index.html

f:id:DadTech:20200104180318j:plain

 

夢の島公園アーチェリー会場

14:30 建設中のオリンピックアーチェリー会場。収容人数5600人の会場が出来る様です。完成が楽しみですね。

f:id:DadTech:20200104180849j:plain

 

新木場駅

14:50 GOALの新木場駅 到着

f:id:DadTech:20200104181014j:plain

 

 

以上、3時間半のウォーキング、存分に楽しめました。

 

最後に

今回は、江東区ウォーキングマップから「埋立地の緑をめぐる」コースをレビューしました。5歳児にとって約6kmの道のりは短くはありませんが、平坦で舗装されている道に、公園あり、水辺の景色ありで、飽きることなく楽しく歩けました。途中には(2020年1月現在)建設中の2020オリンピック関連施設が多くあり、その完成とオリンピックの盛り上がりに想像を膨らませるもの楽しいですね。飲食店は多くはありませんので、弁当やコンビニ等を上手に使うと良いと思います。とても良い運動になりました。今年の夏にはこのエリアでどのようなドラマが繰り広げられるのでしょうか。楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとう御座いました。

 

合わせて読みたい

 

dadtech.hatenablog.com