Amazonタイムセール会場はこちら<<<

目鯛(メダイ)の「刺身」ってどんな味?片身は「柚庵焼き」へ!

当サイト記事には広告を含む場合があります。

今回は、目鯛(メダイ)を刺身と柚庵焼きで頂きます。

メダイは真ん丸の目玉が大きいから目鯛という名が付いたのですが、名前に鯛と付くのに真鯛の仲間ではありません。水深100~400mと深い海に生息するので、光を集める為に目玉が大きく発達したのでしょう。深海に住む金目鯛(キンメダイ)の目玉が大きい理由と同じですね。金目鯛も鯛と名が付くのに真鯛の仲間ではないので、目鯛と金目鯛、共通点が多いと言えそうですね。どちらも美味しいお魚です。

メダイは漁獲量が少ない魚なので、知名度は高くはありません。私自身も週末の魚市場通いをしていますが、時々見かける程度ですね。おっと、今日は1匹残っていましたよ。ちょっと値は張りますが、買っていきましょう!刺身で食べてみたいのです。どんな味がするのでしょうか?

市場に売られているメダイ

今回はメダイ!真剣に向き合います。

メダイの味は?刺身と柚庵焼きの作り方

目次(Contents)

=スポンサーリンク=

メダイ 基本情報

標準和名:メダイ

科:イボダイ科

生息域:北海道以南の日本各地

旬:秋

メダイ 豆知識

  • 水深100~400mに生息。
  • 大きいもので全長90cmになる。
  • 稚魚や未成魚でには黄色の波状模様がある。
  • 産卵期は冬から春

本日の個体(メダイ)

江戸前のメダイ

産地:東京湾

体長:34cm(全長43cm)

体高:11cm

重さ:900g

価格:1300円(1kgあたり1400円)

目が真ん丸と大きいのがメダイの特徴ですね。

東京湾のメダイ

新鮮であればヌメリが多い魚です。

江戸前のメダイ

メダイの捌き方

ウロコも取りやすく、骨も硬くありません。硬いトゲも少ない為、比較的、捌きやすい魚と言えそうです。ヌメリが多い場合は手を滑らせない様に気を付けて下さい。また三枚に下した後の血合い骨は骨抜きでは取りにくいです。

以下、一般的な魚の捌き方と同様です。

包丁でウロコを落とす

エラを外す

ヘソから腹を割る

内臓を取り出す

メダイの捌き方(おろし方)

腹の中をキレイに掃除して、水気をよく拭き取りました。

メダイの捌き方(おろし方)

魚料理に必要な道具についてはこちらの記事を参照ください。

魚料理(さばく/おろす)に便利・おすすめ道具16選!

頭を落とす

三枚に下す

(三枚に下した状態)

腹骨を削ぎ取る

メダイの捌き方(おろし方)

この様に、下し終わりました。

メダイの捌き方(おろし方)

メダイの料理

メダイの刺身 作り方

後はお好みで刺身に切りつけていただければ良いと思います。血合い骨を外したら、皮を引き、お好みの切り方で盛り付けて下さい。

メダイの刺身 作り方

背側の身は、平造りと削ぎ切りとしました。

メダイの刺身 作り方

腹側の身は、薄造りとしました。中央の黒い物体は、メダイの皮を三つ編みにして塩を振って焼いたものです。

メダイの刺身 作り方

それでは、メダイの刺身、いただきます。

メダイの刺身を食べてみる

柔らかい食感。クセが無くて美味しい!刺身もアリだね。

メダイの柚庵焼き 作り方

もう片方の身は柚庵焼きにしていきます。食べやすい大きさの切り身にします。

メダイの柚庵焼き

メダイの柚庵焼き

▼メダイの柚庵焼き 材料

  • メダイ 180g
  • 醤油 大さじ2
  • 味醂 大さじ2
  • お酒 大さじ2
  • すだち 2個

メダイの柚庵焼き材料

全ての材料を合わせ、柚庵ダレを作ります。すだちは薄切りにしたものを絞りながら、加えて行きます。次男(小1)にお手伝いしてもらっています。

メダイの柚庵焼き 作り方

樹脂バックに切り身を入れたら、

メダイの柚庵焼き 作り方

柚庵ダレを注ぐ

メダイの柚庵焼き 作り方

はい、こんな感じ。

メダイの柚庵焼き 作り方

冷蔵庫にお好みの時間、寝かせます。1日も置けば十分かと思います。今回はちょっと浅めですが、6時間としました。

メダイの柚庵焼き 作り方

6時間が経過しました。柚庵ダレと魚の身とを分けておきます。

メダイの柚庵焼き 作り方

ここからは弱火で焦がさない様に焼いて行きますね。我が家のグリルの火は片面です。

メダイの柚庵焼き 作り方

裏返します。

メダイの柚庵焼き 作り方

ここからも弱火で、時々漬けタレを塗りながら、焼いて行きます。改めて、焦がさない様にご注意ください。

メダイの柚庵焼き 作り方

焼きあがったら、メダイの柚庵焼き、完成です。

メダイの柚庵焼き 作り方

いただきます。

メダイの柚庵焼き 作り方

すだちの爽やかな香りが食欲をそそるね。最高のご飯のお供だ。

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、目鯛(メダイ)を刺身と柚庵焼きで頂きました。クセの無い上品な白身は、刺身でも問題なく、美味しく頂けました。これは全然ありですね。また、元々加熱料理でも人気のある魚。柚庵焼きで頂きましたが、申し分ないお味。サワラの身質に近いかなぁという印象を持ちました。とても美味しいです。見た目の割には上品な魚。もし見つけたら、是非食べてみて下さい。

こちらの記事も如何ですか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントお願いします(※は必須項目)

コメントする

目次(Contents)