よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

冬(旬)のメジナ(グレ)はどんな味?料理はムニエル・アラ煮・刺身!

今回は、冬のメジナを頂きます。夏のリベンジとなるんです。

 

メジナは、磯釣りではその引きの強さで人気のある魚です。しかし食用となるとあまり知られていないかもしれません。夏は磯臭いと敬遠されますが、冬になると美味しくなると言われています。

 

実は、夏場にメジナを買って食べたことがあるんです。一匹400円でお買い得!と飛びつきました。刺身用に切ってみると、その外観はまるで鯛の様に美しい。期待を胸に口に運ぶと、、、うっ臭い。。。

 

いろんな本に書いてあるんです。冬は旨いって。というわけで、ウインターリベンジ必至ですよ。寒い季節に会えるのを楽しみにしてました。

 

やっとお目に掛かれた。冬のメジナ様。

f:id:DadTech:20191211214823j:plain

黒く艶々した体。体高が高く、丸っこくて愛嬌がありますね。クロダイと間違える人がいるらしいですが、よ~く見てください。全然違います。こっちの方が顔小さくてカワイイです。

 

今回はメジナ!真剣に向き合います!

 

メジナの基本情報

  • 標準和名:メジナ(眼仁奈)
  • 科:メジナ科
  • 生息域:新潟、房総半島以南から鹿児島
  • 旬:冬(11~2月)

 

メジナのマメ知識

  • 名前の由来は、目が口に近い為、「目近魚」と呼ばれたものが訛ったと言われている。諸説あり。
  • 関西での呼び名は「グレ」。
  • 夏と冬で食べるエサが変わる。夏は動物性のエビ、カニ、小魚など。一方、冬は植物性で海苔などの海藻。
  • 雑食の為、果物のミカンで釣る方法が静岡県にある。静岡での地方名「クシロ」と合わせて「ミカンクシロ」とも呼ばれる。
  • 一般的に、夏は臭みが強く食用に適さない。冬においしい魚。冬に海藻などの植物を食べることにも関係がある様子。

 

本日の個体

  産地:石川県

  体長:27cm

  重さ:830g

  価格:600円(1kgあたり720円)安い!

f:id:DadTech:20191211215720j:plain

 

眼がやや青い。

f:id:DadTech:20191211215812j:plain

 

この小さい歯が、海藻を食べるのに適しているらしい。

f:id:DadTech:20191211215853j:plain

 

メジナを調理

さて、今日は、刺身、ムニエル、アラ煮とします。

 

メジナを捌く

先ずは3枚に下します。腹骨はそぎました。ウロコが硬いです。ガリガリして落としましょう。内臓にはしっかり脂が付いていました。こういう場合は、身にも脂がのっていることが多い。

f:id:DadTech:20191211220247j:plain

 

アラには塩を振って、臭みを抜きます。その後、熱湯で霜降りにして、ウロコや血合いをキレイにとっておきます。

f:id:DadTech:20191211220930j:plain

 

昼に捌いた切り身を夕方まで一時保管したいのですが、こういう時にオススメなのがコチラ。魚・肉の為の鮮度保持吸水シートです。

このシートは、時間と共に発生する余分なドリップを吸収して、鮮度を保ってくれます。変色や臭みも抑えるので美味しさもキープできます。少しお高いですが、あると大変便利。魚料理には強い味方です。特殊フィルム上では水分が一方通行なので、ドリップに食材が触れなくて済むんですね。愛用品です。こんな感じで包んでおきます。

f:id:DadTech:20191211223126j:plain

f:id:DadTech:20191211223204j:plain

そして冷蔵庫へ。


時は流れて、、、夕方になりました。子供らの帰宅に合わせて料理していきますよ! 

メジナのムニエル

先ずはムニエル。臭みがあるかもしれないことも考慮して、レモンの酸味を利用したい考え。醤油とレモン汁=1:1で、ソースを作っておきます。

f:id:DadTech:20191211223749j:plain

 

切り身は骨を除いてあげて、塩コショウ。

f:id:DadTech:20191211223453j:plain

 

小麦粉をまぶします。

f:id:DadTech:20191211223613j:plain

 

フライパンに油をしいて、両面焼きますよ。

f:id:DadTech:20191211224006j:plain

焼けたら、バターを絡める。

f:id:DadTech:20191211224058j:plain

 

レモン醤油を回しかけたら、はい完成です。

f:id:DadTech:20191211224201j:plain

美味しい!焼いた皮が香ばしく、レモンの酸味と白身が良く合います。骨を丁寧に抜いてあるので、大きな口でほうばってモグモグと食べれます。脂がのっていましたよ。

メジナのアラ煮

酒1カップと水1.5カップに、下茹でした大根とアラを投入します。この状態から火にかけていきます。酒のアルコール分と一緒に魚の臭みが飛んでくれます

f:id:DadTech:20191211224446j:plain

 

沸騰したらアクを取ります。アクの取り方ですが、一旦強火にするとアクが一か所に集まってくるので、そこをすくい取ります。これが簡単な方法です。

f:id:DadTech:20191211225021j:plain

 

味付けは、

  • 砂糖 大さじ2
  • 味醂 大さじ1
  • 醤油 大さじ2
  • 生姜 数切れ

を順に入れていきます。

f:id:DadTech:20191211225304j:plain

 

落としブタをして、20分くらい煮付けます。蓋を外して適度に煮詰めたら。

f:id:DadTech:20191211225411j:plain

 

はい、出来上がり。煮汁は煮凝りも作ったので減っています。

f:id:DadTech:20191211225621j:plain

煮汁にしっかり旨味がでていて、それを吸った大根がうまい。冷えた状態で食べると、魚の身肉は、若干臭みが残っていました。生姜が少なかったかな 。

 

メジナの刺身

最後に刺身です。半身の背側を刺身にしました。

f:id:DadTech:20191211221234j:plain
綺麗な身です。写真でもシットリ脂がのっているのが分かります。

何も調味料を付けずに食べるとやはり若干の磯臭さが残っているので、子供ら食べるかな?と心配でしたが、そんな不安は無用でした。

 

醤油にくぐらせると、あら不思議。臭みは一切感じなくなります。そして脂の乗った身が甘くて美味しい!これで一匹600円なら確実にリピートしますよ。しかし醤油の消臭効果って凄いですね。そんな事にも感心しました。 

 

まとめ

今回はウインターリベンジ、冬のメジナを頂きました。期待以上に脂がのっていたことにビックリ。ムニエルは大変美味しくできました。

そして刺身は夏に頂いたものとはまるで違いましたよ。醤油を垂らすと、とても美味しく、あっという間に平らげてしまいました。

寒い季節にメジナを見つけたら、脂ののった白身を是非堪能してみて下さい。

 

こちらの記事もいかがですか?