よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

目分量で料理の時短!鍋に一回しで調味料はどれくらい入る?

調味料の計量を省く方法は無いかな?

今回は、料理の時短への試みです。

鍋に調味料をグルっとひと回しした時に、どれくらいの量が入っているか、計測してみます。

 

料理のレシピを見ると「醤油 大さじ2」とか「お酒 大さじ3」と書かれていますね。それをカップやスプーンを使って、正確に測り取るのは、もちろん良い事です。しかし、毎日の事なので「面倒」に感じませんか?

 

そんな時は、目分量!(笑)

 

ただ闇雲に目分量にすると結果がどうなってしまうのか、それから慣れるまでに時間が掛かる可能性がありますね。それだったら、1度だけで良いので、ご自分で実験してみて、目安を作っておくと良いと思います。

 

今回は、よく使う調味料である「醤油」「味醂」「お酒」を容器から鍋にグルっと一回し移した時に、どの程度の量が入っているか計測してみます。

これが分かれば、料理のひと手間が省けますね!それから、毎回の料理に微妙な味の変化が生まれ、飽きが来ないというメリットも実際に感じています。

 

鍋にグルっと一回しの量、実際に測ってみましょう。それではスタート!

鍋にグルっと一回し調味料の分量はいくら

 

調味料計測 テスト方法

想定としては、よく使う24cmの鍋に、直径20cmくらいの円を描く様に、調味料を投入することを考えます。こんな感じです↓

調味料を鍋に一回し加えた分量

この鍋と同じ大きさのボールがありますので、これを使います。 

調味料を鍋に一回し加えた分量

ボールを秤(はかり)の上に置いて、調味料を一回し、重さを測定します。一回しだけでは誤差が出る可能性がありますので、二回しのデータも取ります。回すスピードは、一回しで1~2秒です。

調味料を鍋に一回し加えた分量

 

我が家で使用している調味料です。ごく一般的なものだと思います。お酒は料理酒では無く、パックに入った清酒を使っています。

調味料を鍋に一回し加えた分量

 

ボトルの口の形状はこの様なモノです。お酒は、口が広いですね。

調味料を鍋に一回し加えた分量

 

味醂とお酒も醤油と同様に、鍋に一回しと二回しの重さを計測します。その重さを、「大さじ」の量に変換する予定です。

調味料を鍋に一回し加えた分量

調味料を鍋に一回し加えた分量

 

調味料計測 テスト結果

結果は次の様になりました。

調味料を鍋に一回し加えた分量

 

これを「大さじ」に換算してみましょう。

  • 密度:醤油と味醂は1.2g/cc。お酒は1.0g/cc。
  • 大さじ1は、15cc

密度と大さじ1の量は、上の条件を使用しました。これを用いて換算すると以下の様になります。

調味料を鍋に一回し加えた分量


小数点が紛らわしいので、四捨五入するとこうなります。

調味料を鍋に一回し加えた分量
思いの他、スッキリと仕上がりました!一回しと二回しで誤差が大きくなるかと思いましたが、大きくありませんでした。醤油と味醂は、粘度の違いがあるはずですが、誤差の範囲内で、どちらも「一回しで大さじ2」という結果となりました。

また、お酒は予想通り、粘度も低くボトルの口も大きいことから、多めに入り「一回しで大さじ3」という結果になりました。

 

我が家で使う調味料で、以上をまとめると

◆テスト結果まとめ◆
20cmの円を描く様なイメージでボトルから調味料を加えた場合、「鍋に一回し」すると、(スピードは一回し1~2秒)
  • 醤油と味醂:約 大さじ2
  • お酒   :約 大さじ3

となりました。この様にして、ご自分の使用している調味料と、一回しの作業クセを含めた、おおよその量を掴んでおけば、その後ずっと目安として参考になるものと思います。

 

まとめ

今回は、鍋に調味料をグルっとひと回しした時に、どれくらいの量が入っているか、計測しました。私が使用している調味料と私の作業クセからすると、一回しで、醤油と味醂は大さじ2、お酒は大さじ3が鍋に加えられることが分かりました。この様な目安を持つことで、料理の時短が可能となります。

また、「いつも同じ味とならない=飽きが来ない」というメリットも、実際に感じています。皆様の参考になると幸いです。

 

こちらの記事もいかがですか。