Amazonタイムセール会場はこちら<<<

アレンジレシピ!「謎肉放題」餃子(ギョーザ)の作り方

当サイト記事には広告を含む場合があります。

日清食品の「謎肉」は、お湯を馴染ませて潰すと、ミンチの様にしてお使いいただけます。

「謎肉放題」は1袋が200gと大容量なので、食べきれない分は、豚肉ミンチとして楽しみましょう。

今回は、「謎肉」餃子です!

キャベツ、ニラ、ショウガと合わせて、ミステリアスな餃子に仕上げていきますね。

それではスタート!

アレンジレシピ!「謎肉放題」餃子(ギョーザ)の作り方
目次(Contents)

=スポンサーリンク=

「謎肉」餃子 材料

スーパーマーケットなどで購入できる通常サイズの餃子25個分の分量です。

  • 餃子の皮 25枚
  • 「謎肉」100g + お湯60ml
  • キャベツ(or 白菜)150g
  • ニラ 30g
  • 片栗粉 小さじ1
  • ショウガ チューブで10cm
  • コショウ お好み量

「謎肉」餃子 作り方

じんた

それでは「謎肉」餃子を作っていくね。

「謎肉」に熱湯を回し掛け、箸などで全体になじませ、3分待ちます。

「謎肉」を潰してミンチ状にしてゆきます。私の経験上、すりこ木で抑える様にする方法がやりやすいです。

全ての餃子のタネの材料をボールに入れ、よくこねましょう。

タネが出来上がったら、30~1時間くらい味を馴染ませるのに休ませるのが良いですね。それでは餃子の皮に包んでいきましょう。

私は一人で包みましたが(笑)、ご家族とお友達と楽しんでみてはいかがでしょうか。

一般的な方法で焼いて行きますね。油を引いたフライパンに餃子をのせたら、火を点けて、まずは蒸し焼きにします。お湯を50mlほど注ぎました。

お湯が蒸発してなくなったら、蒸しあがりですね。

少量のごま油を掛けて、程よい焼き色が付くまで、加熱します。

というわけで、「謎肉」餃子が焼きあがりました(^^♪

出来上がった謎肉餃子の写真

それでは、酢醤油でいただきます。

謎肉餃子を食べる様子
じんた

しっかり味のついた餃子だよ。
生肉じゃないからジューシーさは強くないけど、
しつこさのない美味しい餃子だね。

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、「謎肉放題」のアレンジレシピ、「謎肉」餃子の作り方をご紹介しました。謎肉はそのまま食べても美味しいですが、変化を加えたい時はアレンジして楽しんでみて下さい。

🐱あわせて読みたい
アレンジレシピ!「謎肉放題」餃子(ギョーザ)の作り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントお願いします(※は必須項目)

コメントする

目次(Contents)