よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

魚料理【臭くない!】生ごみの処理方法

日本人の魚離れが囁かれて久しい。その原因の1つに魚の臭いの問題があります。魚って臭いがある?が魚料理のハードルを上げているかもしれません。

 

そんな臭いへの対処法として、今回は魚を捌くときに発生する生ごみ(内臓など)の簡単な処理の仕方についてご紹介します。この方法で臭いのストレスが無くなりました。是非お試しください。

 

結論から言うと『冷凍する』ことで臭いを消し去ります。

 

f:id:DadTech:20191012202351p:plain

 

 

 

おすすめ「生ごみを冷凍する方法」

 

1.ボールにビニール袋をかぶせます(破れ防止には重ねると良い。)

f:id:DadTech:20191006195728j:plain

2.エラ、ワタなどの生ごみを入れる

f:id:DadTech:20191006195827j:plain

3.生ごみのカサを減らしたい場合は、水分を絞る

f:id:DadTech:20191006195932j:plain

4.最後にポリ袋に包んで小さくしばり

f:id:DadTech:20191006200018j:plain

5.冷凍庫へ入れる

6.ゴミの日の朝に、冷凍庫から取り出して捨てる

 

魚の臭いの原因は雑菌が繁殖して腐敗臭いを出すことにありますが、冷凍すれば雑菌の繁殖を極端に減らすことができますので、臭いが発生しません。

 

長年この方法で処理していますが、冷凍庫の中が臭くなることも経験したことはありません。ゴミの日に捨てる作業は家内が行っていますが、朝の冷凍庫チェックをルーチンにしてくれていて(サンキュ)、ゴミ袋がクシャクシャと丸めてあれば、それを捨ててくれます。

 

デメリットとしては、冷凍庫のスペースを一部使うこと。ゴミを出し忘れたらプチイラっとすることがありますが、これも習慣化できれば問題ありません。

ウチは私がトスして、妻がアタックです。

 

👑当サイト検索人気No.1記事👑

www.jinta-express.com

 

 

上田勝彦さん流「新聞紙活用法」

元水産庁官僚で現在も魚食文化の復興にご尽力の上田勝彦さん。本か何かで以前上田さんが紹介されたものを記憶しておりました。新聞紙を使用する方法です。古新聞がある方は試してみる価値ありと思います。

1.複数の新聞紙を敷く

2.その端に生ごみを置く

3.空気が入らない事を意識しながら筒状にクルクル巻く。

4.空気が抜く事を意識して、両サイドを折りたたみ、小さくする。

5.ビニール袋に入れて捨てる。

この方法は、空気に触れさせないという事がポイントです。空気で酸化させないことで雑菌の増殖を抑えます。新聞紙で包んだ状態では、生ごみと新聞紙がピッタリと合わさっていて、空気が抜けていることが大事です。これでゴミ箱へポイ。

 

いかがでしたか。臭いで魚料理のハードルが上がることはもったいないと思いますので、これらの方法がお役にたてば嬉しいです。

 

魚料理で気になる手の臭い消しについても以前書きましたのでご参照ください。

 

dadtech.hatenablog.com

 

こちらの記事もいかがですか?

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村