よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

魚料理の臭い対策!『生ゴミの処理方法』おすすめ3選

魚の生ごみって臭いが気になるよ。どの様な捨て方が良いんだろう?

日本人の魚離れが囁かれて久しいですね。その原因の1つに魚の臭いの問題があると思います。魚の生ごみはどうしても臭いが気になるので、それが魚料理のハードルを上げていると言えそうです。臭いから扱いたくない、ってやつです。

 

そんな臭いへの対処法として、今回は魚を捌くときに発生する生ごみ(内臓など)の簡単な処理(処分)の方法をご紹介します。この方法で臭いのストレスが一切なくなりました。

 

今回は、3つの方法をご紹介します。

  1. 冷凍する方法
  2. 「生ゴミが臭わない袋」を使用する方法
  3. 新聞紙で密封する方法

私がオススメするのは、1.の「冷凍する方法」です。この方法だと全く臭いを気にすることが無くなるからです。次いで2.の「生ゴミが臭わない袋」を使用する方法で、医療向けに便を収容する袋を開発したメーカーが、家庭向けに開発・販売している商品なんです。

 

それでは、写真を使って紹介していきます。スタート!

魚料理 臭い対策 生ゴミの処理方法

 

生ごみを冷凍する

それでは冷凍処理の方法をご紹介します。

1.ボールにビニール袋をかぶせます(破れ防止に2枚重ねると良い)

f:id:DadTech:20191006195728j:plain

2.ウロコ、エラ、ワタ(内臓)、骨などの生ごみを入れる

魚の生ごみの処分方法

3.生ごみのカサを減らしたい場合は、水分を抜き出して下さい。

魚の生ごみの処理方法

4.最後にポリ袋に包んで小さくしばります。

魚の生ごみの捨て方

5.これを冷凍庫へ入れるだけです。

6.ゴミの日の朝に、冷凍庫から取り出して捨てます

 

魚の臭いの原因は雑菌が繁殖して腐敗臭いを出すことにあります。冷凍すれば雑菌の繁殖を極端に減らすことができますので、臭いが発生しません。

 

長年この方法で処理していますが、冷凍庫の中が臭くなることも経験したことはありません。ゴミの日に捨てる作業は妻が行っていますが、朝の冷凍庫チェックをルーチンにしいて、ゴミ袋がクシャクシャと丸めてあれば、それを捨ててくれます。

 

デメリットとしては、冷凍庫のスペースを一部使うこと。それから、ゴミを出し忘れる可能性があることがありますが、これも習慣化できれば問題ありません。ウチは私がトスして、妻がアタックです。

 

ちなみに魚料理の後の手洗いは、専用のハンドソープがおススメです。魚の臭いを取る為に開発された、環境に優しいハンドソープです。

「生ゴミが臭わない袋」を使用する

世の中は便利になりましたね。生ゴミ専用の臭わない袋があるんです。ご存じでしたか?医療向けに便の収容する容器を開発したメーカーが、家庭用の生ゴミにフォーカスしているんです。魚に限らず家庭から出る生ゴミに、これは便利ですよ。

『生ゴミが臭わない袋』臭い対策

私のレビュー記事もありますので、宜しければコチラをどうぞ。分かり易く言えば、子供のオムツ用のゴミ袋のイメージですね。パンの袋なんかとも比較実験しています。どういう結果でしょうか?

魚ゴミ「生ゴミが臭わない袋/食パンの袋/ ポリ袋」臭わないのどれ?

新聞紙を活用する

元水産庁官僚で現在も魚食文化の復興にご尽力の上田勝彦さん。本か何かで以前上田さんが紹介されたものを記憶しておりました。新聞紙を使用する方法です。古新聞がある方は試してみる価値ありと思います。

  1. 複数の新聞紙を敷く
  2. その端に生ごみを置く
  3. 空気が入らない事を意識しながら筒状にクルクル巻く。
  4. 空気が抜く事を意識して、両サイドを折りたたみ、小さくする。
  5. ビニール袋に入れて捨てる。

この方法は、空気に触れさせないという事がポイントです。空気で酸化させないことで雑菌の増殖を抑えます。新聞紙で包んだ状態では、生ごみと新聞紙がピッタリと合わさっていて、空気が抜けていることが大事です。これでゴミ箱へポイ。

 

まとめ

今回は、特に魚料理に着目した生ゴミの対策を3つご紹介しました。臭いで魚料理のハードルが上がることはもったいない!これらの情報がお役にたてば嬉しいです。

 

こちらの記事もいかがですか?