よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

深海魚【メヒカリ】の唐揚げ作り方(頭ありなし、美味しいのは?)

f:id:DadTech:20200215181506j:plain

皆さんはメヒカリという魚をご存じでしょうか、私は関東にきて初めて見たような気がします。少なくとも九州の母親は知りませんでした。関東だとスーパーで時々お目にかかれることがありますが、私以外でそれを買っている人に遭遇したことがありません。(人が何買ってるか気になりませんか)

 

それだけ知名度は低い魚なのだと思います。何より見た目がぁ。ちょっとグロテスク。しかも、ぱっと見どう捌くか不明。捌いた状態で売っているのは見たことがありません。

 

そんなメヒカリなのですが、その唐揚げが絶品です。子供たちも大好き。

 

テレビでも2019年12月5放送のNHK 所さん!大変ですよ「見てよし!食べてよし!(珍)深海魚 大集合」 の中で、さかなクンが美味しい深海魚として紹介しておりました。

 

捌くのも難しくありません。果物ナイフでウロコをササっと取って、頭を落として、ワタ(内臓)を取り出せばそれでOK。

 

今日は魚市場にメヒカリが入荷されていましたので、迷わず購入。夏が終わって初めての入荷?の様に思います。

f:id:DadTech:20191015212845j:plain

 

この魚の唐揚げの食べ方について、ワタを食べる派食べない派がまず存在します。これについては以前試したのですが、新鮮でない場合、ちょっと苦くて臭みがあるので、私はワタは除きます。

 

これ以外に、頭を食べる派食べない派があるのですが、考えてみると頭を食べたことがなかった為、今回は頭ありなしの唐揚げで比べてみたいと思います。

 

今回はメヒカリ。真剣に向き合います。

 

 

基本情報

  • 標準和名:アオメエソ
  • 科:アオメエソ科
  • 生息域:相模湾から東シナ海。九州からパラオ海嶺。
  • 旬:冬から春

豆知識

  • 目が大きく、青く光って見えるからメヒカリ
  • 水深200~300mにいる深海魚
  • 昔は雑魚扱いだったが、脂ののった魚が好まれる様になってからは高級魚
  • 一般的にメヒカリと言われるものには2種類ある。千葉県銚子から北と南でそれぞれ、マルアオメエソとアオメエソ。アオメエソの方が頭、目が大きい。

今回の個体

f:id:DadTech:20191015213016j:plain

  • 体長:平均14cm
  • 重さ:平均32g
  • 産地:茨城
  • 価格:12尾、380gで525円。(=1400円/kg)

メヒカリの唐揚げ 作り方

 1. ウロコ、エラ、ワタを除きます。今回は頭ありとなしの状態へ。

f:id:DadTech:20191015213914j:plain

 2. 背中に中骨に当たるまで切れ目を1本入れます。よく揚がる為。

 3. 片栗粉大さじ3と小麦粉大さじ1のミックス粉を袋の中でまぶします。

f:id:DadTech:20191015214008j:plain

 4. 180℃くらいの油で、4~5分揚げます。

f:id:DadTech:20191015214101j:plain

 これで出来上がり。

f:id:DadTech:20191015214143j:plain

 素材の味を楽しみたいので、塩コショウなどの下味はつけません

 メヒカリ自体にしっかりした味がありますので、無しでOKですよ。

 

味の感想

    • 今回は頭のありなしについて比べましたが、『頭あり』の選択で間違いありません。サクッサクッと食感は良く、下の子(園児)でも噛み砕けます。香ばしくておいしい。捨てるのがモッタイナイですね。
    • 唐揚げの美味しさは言うまでもありません。例え多少揚げすぎたとしても、身はホクホクフワフワ、白みの上品な味。メヒカリの独特の香りが唐揚げにあっているのでしょうね。
    • やはり下味はいりません。もし新鮮なものでなければ、臭み抜きの為の塩くらいはあってもいいかもしれません。今回のモノは下味無しでも美味しく、お好みで、岩塩とかレモンとかが合うと思います。

 

 

最後に

 今回はメヒカリの唐揚げをご紹介しました。この魚は見た目で判断してはいけない魚の代表格です。スーパーなどで見つけたら、是非、先ずは唐揚げから試してみてください。その他、刺身や一夜干しなども絶品だという情報もありますので、機会があればトライしたいと思います。

 

こちらの記事もいかがですか?