よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

【魚が高いと思わない】なぜか? ⇒ ウチは1匹(740g)で2食頂く!

魚って、高いですかね。

 

今日はそんな疑問について考えます。ざっくりお肉との比較もしてみましょう。

 

先に結論

  • 魚は、アラや内臓(真子、白子、肝)を有効利用すれば、高いモノではない!
  • 食育・栄養・季節感など「調理の手間」を上回るメリットは大きい!

 

1匹で2食楽しむ 

 ある日、740gのシマアジを丸1匹で購入しました。1500円の高級魚です。

 我が家ではこの1匹の魚を家族4人で2食 楽しみます。

f:id:DadTech:20200504165727j:plain

 

1日目は昼食にお刺身で。ビジュアルを楽しみたかったので、姿造りにしてみました。高級魚にテンションが上がりましたね。

 

そして2日目も昼食で頂きました。シマアジの残りを使いました。

f:id:DadTech:20200506001043j:plain

  • ご飯
  • 味噌汁(かぼちゃ、ほうれん草)
  • 大根サラダ
  • シマアジのカルパッチョ
  • シマアジのアラ煮

(カルパッチョ以外は4人で取り分けています)

 

自宅での普段の昼食としては、悪くないでしょう。贅沢な位です。

 

2食使える理由は簡単で、魚のアラを捨てずに食べきるからです。さすがに食べた後の骨を写真で使うコトはしませんが、子ども達も上手に魚肉をしゃぶって、骨を出して食べます。絵にかいた様な骨がお皿に残ります。

 

f:id:DadTech:20200506120845p:plain 

 

魚、肉、外食の値段を比較

シマアジ1500円は著しく高いでしょうか?ざくっと計算してみます。

 

シマアジ1500円÷2回÷4人=190円なので、1回1人当たり約200円ですね。子供は8才と5才です(2人とも刺身が大好きで、大人と同じ量食べます)。

 

あの高級魚シマアジが、1回200円で食べれたということ。(お鮨屋さんだったら、一貫も食べれません)その他に味噌汁、サラダに使った食材は、普通のスーパーで買っているものですので、多く見積もってもプラス1食150円でしょう。よって1食350円の縞鯵ランチ(材料費のみ)となります。

 

シマアジは高級魚でしたので、ワンランク落として鯛(タイ)で同様に計算すると、1食290円の鯛ランチです。大衆魚イワシなら240円

 

豚肉だったら100gで100円くらいですね。そうすると、1食250円の豚肉ランチとなります。鶏肉も同じくらい。さらに同じ計算をして牛肉なら360円くらい。肉もピンキリですが、庶民的なスーパーで買える値段で計算しました。

 

ちょっと意地悪に、外食を例に出します。安いの代表、マクドナルド。何を食べましょうか。ウチだと

  • 私 :ダブルチーズバーガーセット640円
  • 嫁 :ベーコンレタスバーガーセット660円
  • 長男:テリヤキマックバーガーセット640円
  • 次男:チーズバーガーハッピーセット500円(おもちゃ狙い)

合計で2440円。平均すると1食1人当たり610円(交通費含まず)。マクドナルドでこれですから、外食って本当に高いですね。ここに外食を否定する意図はありません。我が家も時々外食します。

 

問題は魚が高いか?なのですが、、、

上で計算した金額をまとめます。

1人分1食の値段を、安い順にランキングです。

  1. 鰯(イワシ)ランチ:240円
  2. 豚肉(or  鶏肉)ランチ:250円
  3. 鯛(タイ)ランチ:290円
  4. 縞鯵(シマアジ)ランチ:350円
  5. 牛肉ランチ:360円
  6. 外食代表マクドナルド:610円

 

こうしてみると、魚が著しく高いわけでは無いことが分かってもらえると思います。魚が高いのでは無くて「豚肉、鶏肉が安すぎる」んです。陸で養殖出来ますから。

 

魚離れの理由と解決策の例

それでも「魚離れ」が進んでいるのは事実です。なぜか?

  • ゴミ
  • 臭い
  • 調理の手間

の問題ですね。肉は、使いやすい様に切って売られていますね。

 

 ゴミと臭いは、冷凍庫(れいとうこ)を利用して解決!

【関連記事】魚料理【臭くない!】生ごみの処理方法

 

手が臭くなる問題は、ステンレスソープを使ってみて下さい。オススメしているのは、ハンドソープとの併用です。

【関連記事】ステンレスソープ おすすめの使い方

 

そうすると残るは、調理に手間が掛かるという最大の敵になるのですが、それへの解答はこの記事に思いを込めています!食育・栄養価・季節感など、11のメリットを挙げています。どちらかというと、手間でもやるメリットを謳っています。

【関連記事】【まとめ】丸一匹の魚(丸魚)を買う・捌く・頂くメリット

 

これとは別に、お店で魚を処理してもらうはとても有効ですね。この時に、魚の可食部を少しでも逃さない為に、「アラは使いたい」とか「真子や白子も新鮮だったら捨てないで」とか、上手にリクエストできると良いですね。

 

まとめ

まとめとして繰り返します。

  • 魚は、アラや内臓(真子、白子、肝)を有効利用すれば、高いモノではない!
  • 食育・栄養・季節感など「調理の手間」を上回るメリットは大きい!

工夫が必要なのは確かだと思いますので、その辺りも少しづつ紹介していければ、と思います。(つづく・・・) 

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村