よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

知名度低いが旨い魚、カイワリ(アジ科)。食べ方は刺身がおすすめ!

f:id:DadTech:20200215164129j:plain

生息数が少ない為に、知名度は低い。だけど知る人ぞ知る美味しい魚!今回紹介するのはそんなお魚です。アジ科の魚で、あの高級魚シマアジに近い種と言われています。

 

それが、カイワリです!

 

カイワリ(貝割)の名前は、その尾ビレの形から来ています。貝を割ったような形をしているんです。ちなみにサラダなどでお馴染みのカイワレ大根も、漢字で書くと「貝割れ大根」ですね。こちらも貝を割った様な形が由来と言われています(諸説あり)。

f:id:DadTech:20200215145745j:plain

「カイワリ」の名前からだと、「アジ」の仲間とは想像が付きにくいですね。しかし、銀色に輝くボディと、尾の近くの「ゼイゴ」が、アジの仲間の印です。

 

カイワリは、ウチの近くの魚市場でもなかなか見かけることはありませんが、今日はラッキー、お会いできましたよ。長崎産のカイワリ! そして私も頂くのは初めて。どんな味がするのでしょうか?とても楽しみです。それでは残り3匹と少ないし、無くなる前に、買って帰りますね。

市場に売られている魚の写真

 

今回はカイワリ!真剣に向き合います!

 

 

基本情報

標準和名:カイワリ

科:アジ科

生息域:本州中部以南

旬:春、秋(年間を通して味は落ちない)

 

マメ知識

  • アジ(鯵)の仲間では最上級に味が良いと食通が太鼓判を押す。鮨ネタとして使用される。
  • 神奈川では「カクアジ」と呼ばれている。夏から秋にかけて湾岸で定置網に入る。
  • 水深200mくらいまでの沿岸の砂底域で生活する。
  • 稚魚は流れ藻や大型のくらげにくっ付いて、漂っている。

 

本日の個体

魚の全体写真

産地:長崎

体長:22cm(全長27cm)

重さ:369g

価格:380円(1kgあたり1000円)←意外に安いな。

 

この尾びれが「貝割」の由来です。確かにキレイに割れています。

尾びれの写真

 

アジの特徴である「ゼイゴ」が付いています。トゲ状になったウロコですね。

ぜいごの写真

 

調理

カイワリを捌く

基本的にはアジと同じように捌いていきます。刺身にしますので、ゼイゴは残したまま。ウロコを取って、頭を落とし、ワタ(内臓)を取り除きました。お腹の中の白いモノは脂の塊です。凄いですね。身にも脂が乗っているパターンです。

頭を落とした写真

 

三枚に下して、腹骨をすきました。

三枚下しの写真

 

カイワリの刺身

中骨はピンセットで取り除きました。硬くはありませんでしたよ。身は刺身用に柵とりをしました。はい、こんな感じ。

柵取した写真

 

できるか不安でしたが、アジと同じ様に、包丁は使わずに皮を剥いでみました。意外にも簡単に皮が剥げました。包丁は使わなくても良さそうです。これは楽。

皮をはぐ写真

 

2つの皮を剥いだ柵です。上は包丁を使わなかったもの。下は包丁を使って、皮をそいだものです。

皮を除いた柵の写真

 

皮をそいだ後の包丁です。脂がベットリ

皮引き後の包丁の写真

 

身を切って盛りつけたら、「カイワリの刺身」の完成です。手前の山はイリゴマと合わせて「なめろう」にしてみました。

刺身の写真1

刺身の写真2

【味の感想】

これは美味しい!期待通り、脂ノリノリ。アジの刺身にもちろん近いのですが、アジの風味の尖った部分を、丸く優しくした様なイメージです。臭みや雑味も無く、とても美味しい!身の硬さもしっかりしているので、食感の意味でも食べ応え十分です。

 

カイワリの骨せんべい

中骨を見た感じ、これだったら、レンジで簡単に行ける!と予感しました。作り方はむっちゃ簡単です。汚れをとって、レンジでチン。それだけです。アジとかサンマとか骨が硬くない小魚で是非やってほしい。

【関連記事】簡単♬最速♬ ノンフライ【レンジで骨せんべい】鯵(アジ)

 

まずは耐熱皿に骨を食べやすい大きさで並べます。皿と骨の接する面を出来るだけ小さくするのがポイントです。くっ付かない様に。これで、レンジ(700w)で6分。

耐熱皿に並べた骨の写真

 

ち~ん。これで出来上がりです。予想通りに、上手に出来ました。

骨せんべいの写真

【味の感想】

アジよりもしっかりした骨が美味しいです。ボリボリサクサクで、旨みがジュワッ。他の料理と同じく骨せんべいも出来立てが美味しいです。温かいうちに食べて見て下さい。調味料なんて1つも要らないですよ!塩して無いのに、不思議なくらい塩味がしっかりしています。

 

最後に

今回は、流通量の少ない魚「カイワリ」を頂きました。うわさ通りの味に大満足。これは「お鮨」でとても美味しい魚だと思います。アジやシマアジがお鮨に合うのと同じ理由です。 高いと聞いていましたが、今回キロ1000円でしたので、この味から考えると、私としては、安い!と結論付けたい。もし「カイワリ」を見かける機会がありましたら、「知る人ぞ知るアジの仲間の美味しい魚!」のキーワードを思い出して、お持ち帰りいただければ幸いです。

 

関連記事

  1. 【まとめ】丸一匹の魚(丸魚)を買う・捌く・頂くメリット

  2. 簡単♬最速♬ ノンフライ【レンジで骨せんべい】鯵(アジ)

  3. 【卵なし】上田勝彦さん流 アジフライ作ってみた(卵ありと比較)

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村