よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

【包丁のサビ取り】ジフとピカールで作業が早いのはどっち?

今回は、包丁のお手入れ方法について、1つ実験します。

 

いつもお使いの包丁ですが、玉ねぎやレモンを切った後に、変色して錆びてしまうことはありませんか? 特に切れ味重視の鋼(はがね)の包丁は、ステンレスに比べると錆びやすい特徴があります。

 

包丁が錆びた場合、クレンザーを利用して、表面のお手入れすると思いますが、

 

長年の疑問。

包丁の軽いサビを取るのに、

ジフとピカールで作業性が良いのはどっち?

ジフ ピカール

感覚的な答えは持っているのですが、同じ条件で比較したことはないので、実際に磨き比べをして、検証してみます。

f:id:DadTech:20200804154713p:plain

 

 

結論

包丁に付いた軽いサビは、ピカールで磨く方と作業が早い。

 

実験条件

(あくまでも)ここに記載する条件での結果です。

  • 包丁の材質は、鋼(はがね)。
  • レモン汁を付けた包丁を2時間放置し、故意にサビを付けた。
  • クレンザーを包丁に適量垂らし、布を使って3分間研磨した。

 

実験経過

鋼の包丁にレモン汁を付けて、2時間放置し、わざと錆びを付ける。

 

2時間放置して、水洗いした状態がこちら。白色のサビが確認されました。爪で引っ掻いても、取れません。沈着しています。この部分を半分に分けて、先端側をジフ、根元側をピカールで磨いていきます。

包丁 レモン汁 サビ 腐食

 

トップバッターはジフ。磨く時間は3分。普通のおじさんが、立った状態で体重を掛けて、磨きます。

包丁磨き ジフ

 

ジフで3分間磨いた後の写真です。まだまだサビが残っていますね。

 

次は、ピカール。ピカールケアはクリームタイプ。チューブからニュっと出します。

包丁磨き ピカール

 

同じ様に競技タイムはわずか3分間。よ~いドン。(実際に頑張るのはおじさんの方です)

包丁研磨 ピカール

 

ピカールで3分間磨いた後、中性洗剤で洗いました。おぉ、ほとんどサビが取れました。こんなに違うんだ。(黒い線は、消えたので書き直しています)

包丁 研磨 ピカール

 

 

実験結果

 

ピカールの方が作業が早く済むという結果になりました。また、目立った傷もありませんでした。

 (尚、ピカールの粒子径は3ミクロン(#4000仕上げ相当)と言われています。よって、#4000以上の仕上げのものに使用すると、くすみに見える可能性はあります。)

 

磨く前後を写真でおさらいしてみましょう。

包丁 磨き 研磨 ジフ ピカール

 

考察

今回の包丁のサビ取りでは、ジフよりもピカールが早く作業ができることが分かりました。

これは研磨の点で、ジフがピカールよりもマイルドな成分を使用している為と考えられます。ジフは主にキッチン用途ですので「傷を付けずに汚れを落とす」ことが、その役割です。以下はユニリーバのHPより引用しました。

f:id:DadTech:20200716143356p:plain

f:id:DadTech:20200716143409p:plain
 出典:ジフ | ブランド情報 | ユニリーバ・ジャパン

 

研磨剤を比べるとこの様になります。

ジフ:天然成分「カルサイト」

ピカール:アルミナ系鉱物

 

今回の実験結果は、この研磨剤の差によるものと考えられます。研磨力は、ピカールの方がより強めといえるでしょう。「ジフ」と「ピカール」は用途に合わせて使い分けが出来ると良いと感じました。両方とも常備品ですね。

 

今回の結果から、包丁の表面の軽いサビを早く取りたいのであれば、ピカールがおススメです。但し、キッチン専用の製品では無いので、灯油の匂いがします。使用後は食器用洗剤で、よく洗ってください。また、肌の弱い方はゴム手袋を使用することをおススメします。

 

日本磨料工業㈱のロングセラー「ピカール」 。ご家庭に1つあって、損は無い商品です。

 今回使用した商品は、ピカールケアです。クリーム状なので、小物磨きに便利。

 

液状のピカールは主力製品です。シンクなど幅の広い箇所は、液状の方が使いやすいですね。(私は、液もクリームも持っています)

灯油の匂いが気になる方は、臭いを抑えたタイプも御座います。研磨力は、ピカールと同等です。液が乾きにくいというメリットがあります。

 

まとめ

今回は、鋼の包丁のサビ取りをするのに、ジフとピカールのどちらが使いやすいかを検証しました。研磨力の差から、ピカールが作業を早く済ませられることが分かりました。包丁を鏡の様な仕上げしている場合を除いては、ピカールがおススメです。「ジフ」と「ピカール」、上手に使い分けが出来れば良いですね。

『ジフでダメなら、目立たない所でピカールを試す。上手くいったらピカールで仕上げる。』の様な使い方となるでしょう。一般的な台所シンクならピカールでキレイになります。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村