よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

高級だね。黒メバルってどんな味?刺身と煮付けで食べてみる。(旬・値段・レシピ)

今回は、クロメバルを刺身と煮付けで頂きます。実はクロメバルを頂くのは私も初めて。高級魚なんですよね。

 

クロメバルと聞いてピンと来る方はお魚通じゃないでしょうか。黒いメバルだから黒メバルです。私が思うに、単にメバルと聞くととウスメバルをイメージすることが多いと感じます。ウスメバルはこの子です▼

市場に売られているウスメバル

このウスメバルに比べても、クロメバルは値段がお高いですね。味も良いとされています。どの様な違いがあるのでしょう。確かめてみますね。

 

今回はクロメバル!真剣に向き合います。

クロメバルの刺身と煮付け 味の評価

 

クロメバル 基本情報

標準和名:クロメバル

科:フサカサゴ科

生息域:北海道南部から九州の沿岸各地

旬:冬から春

クロメバル 豆知識

  • 目が大きいからメバル(目張)。全長は25cm程度。
  • 春の始まる頃に釣れることから春告魚とも呼ばれている。
  • アカメバル、シロメバル、クロメバルは単にメバルとされていたが、2008年に別種として分類される様になった。

本日の個体

市場で購入したクロメバル

産地:岩手

体長:22cm(全長26cm)

体高:7.5cm

重さ:630g

価格:806円(1kgあたり1300円)

市場で購入したクロメバル

鋭いトゲには注意が必要です。

クロメバルのトゲ

この大きな目がメバルの特徴ですね。イケメンですわ。

クロメバルの目は大きい

 

クロメバル 料理

クロメバル 捌き方

一般的なお魚と基本は同じと考えて良いでしょう。お腹の肉が薄くて腹骨の入り方が独特なので、その点は少し捌きにくいと感じました。ただ骨抜きは使えるので、包丁と併用すると良いでしょう。鋭いトゲが多いので、取り扱いはご注意を。刺すとズキズキ痛みます。

▼ウロコは包丁を使うと取りやすいです。

クロメバル捌き方(下し方)

▼エラの付け根を切って腹を開け、ヘソの位置で内臓を外したら、エラを引っ張って内臓と一緒に取り出します。上手に出来るとこの様に、一緒に外れますね。

クロメバル捌き方(下し方)

▼歯ブラシ等を使って、背骨の下の血合いを掃除しましょう。

クロメバル捌き方(下し方)

▼この様にスッキリと下捌きが終わりました。

クロメバル捌き方(下し方)

 

クロメバル 刺身(姿造り)

それでは、一匹は刺身用に捌きます。姿造りにしてみましょうか。

▼この位置で両面から包丁を入れます。背骨は落とさない様にして下さい。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼腹背背腹の順、三枚おろしの要領で包丁を入れます。姿造りにしたい時は、血合い骨は最後に外すのがコツです。先に身を外すと裏が作業しづらくなりますから。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼最後の血合い骨を外すのが苦手、という方もいらっしゃると思います。そんな時は、キッチンバサミが便利です。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

お気に入りのキッチンバサミ。国産のキッチンスパッターと言う商品をレビューしていますので、参考にどうぞ。美しい!国産キッチンバサミ『キッチンスパッター』使用感レビュー

▼この様に三枚に下しました。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼腹骨を削ぎ取って

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼血合い骨は骨抜きで取ります。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼竹串を使って、姿造りの土台を作りましょう。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼片身は皮を引きました。皮はシッカリと硬いので引きやすい。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼もう片身は、湯通しして、湯霜造りとします。皮を柔らかくしてその味を楽しみたいからです。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼熱が通り過ぎない様に、氷水に取り、すぐに水気を拭きとります。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼あとは適当に切って盛り付けるだけですね。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼クロメバルの姿造りの完成です。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

▼いただきます。

クロメバル刺身(姿造り)作り方

クロメバル刺身(姿造り)作り方

ウスメバルに比べると旨みが強く脂ものって美味しいね。

ほのかな磯臭さは残りますが、醤油と合わせると全く気にならなくなります。確かにウスメバルに比べると、味が濃いですね。十分に刺身で楽しめる魚だと感じました。

皮を残して頂くのもアリです。但し皮は硬めなので、今回の様に熱湯や炙りで熱を通すとより食べやすくなります。

クロメバル 煮付け

加熱料理も試してみますね。煮付けて行きます。

▼シッカリと厚みがある体です。背骨に添って、1本飾り包丁を入れます(両面に)。

クロメバル煮付けの作り方

▼臭みを取る為に、一度湯通しします。これ、やるかやらないかで煮付けの出来が大きく変わるので、是非湯通しして下さいね(メバルに限らず)。全体が白ける程度に熱湯にくぐらせ、、、

クロメバル煮付けの作り方

▼氷水に取ります。この後、魚体に付いたウロコや血の汚れをシッカリと除いて下さい。

クロメバル煮付けの作り方

▼魚の半分が浸かるくらいまで水と酒を入れ、砂糖(大さじ3)味醂(大さじ2)醤油(大さじ3)程度で、落し蓋をして煮付けます。煮汁を掛けながら10~15分煮ましょう。お好みで、生姜を入れても良いですね。

▼魚を器に盛り付けたら、お好みの濃さまで煮汁を一気に煮詰めます。

クロメバル煮付けの作り方

▼クロメバルの煮付けの完成です。

クロメバル煮付けの作り方

いただきます。

クロメバル煮付けの作り方

うま~~~い。確かに刺身も美味しいよ。だけど、やっぱりメバルは煮付けが王道だだね。身の食感はト~ロトロ。

メバルの特徴は、加熱しても身が硬くなりにくい事ですね。今回も15分は熱を掛けたのですが、硬くならず、トロトロ食感です。魚の旨みが煮汁に溶け込むので、それもまたグッドポイントですね。子供たちは煮汁をご飯に掛けて食べてましたよ❤

まとめ

今回は、クロメバルを刺身と煮付けで頂きました。ウスメバルに比べると旨みが強いので、刺身はアリ!と感じました。しかし、、、やっぱり加熱料理のチョイスが良いんじゃないか?というのが私個人の感想です。煮付けは絶品でしたわ。皆さんはどうお感じなられるでしょうか?是非、クロメバル、お試しくださいね。

 

こちらの記事も如何ですか?

「メバルの刺身」ってどんな味?煮付けに劣る魚なのか?

産地を楽しむ!【国産うなぎ蒲焼き】取り寄せおススメ通販5選

人気!本マグロ(クロマグロ)のお取り寄せ・通販おすすめ7選