よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

【メバル】の刺身は本当に煮付けに劣るのか?

今回は、煮付けや焼き物が定番で、刺身では個性が出ないとまで言われている魚を、あえて刺身で頂きたい、そう考えています。どんな味なのでしょうか。

 

それは、、、メバルです。

 

確かにメバルは煮付けのイメージが強い。加熱すると身離れが良い魚なので、煮付けて、ホロっとした身をご飯と一緒にお口にほうばる。たとえ煮すぎたとしても硬くなるイメージはない。確かに、煮付けが美味しい魚。頷けます。塩焼きより、煮付けでしょうか。

 

しかし、刺身では個性が出ないとまで言われると、ちょっと悔しくないですか。本当かどうか確かめたい!よって今回は、あえて刺身で頂きます。

 

青森産の20cm以上ありそうなメバルが300円。このサイズはメバルが美味しいと言われる大きさです!しかも安い!これは買いでしょう。

お店のメバルの写真

 

 今回はメバル!真剣に向き合います!

 

 

 

基本情報

標準和名:ウスメバル

科:フサカサゴ科

生息域:青森、新潟、北海道など、寒海性。湾岸の岩礁域に生息。

旬:3~5月頃

 

マメ知識

  • 大きな目で見張っている様な容姿から、メバル(眼張)の名がついたと言われている。
  • メバルは3色(赤、黒、金)の種類があるが、みな同じ種類。生息域(地域、水深など)の環境で体色が変わる。そのうち流通量が少ないクロメバルが最も高価。脂も乗っており味も良いと言われている。
  • 釣り人の間では、天候の変わり目(雨、風)に餌の食いつきが悪くなることが知られている。海の中から、地上の天気予報が出来る様だ。すごい。

 

本日の個体

今日頂くメバルの写真

産地:青森

体長:22 cm

重さ:316 g

価格:300円(1kgあたり950円)

 

見張っている目です。メバルは海の底でいつも天を見て、エサを狙っているらしい。

顔の写真

 

 

調理

今回は、メインは刺身で頂きます。残ったアタマは塩焼き。骨と身は味噌汁にしていきます。

 

ウロコを取り、エラワタを除きました。

捌いた写真

 

三枚に下し、腹骨をすきました。

三枚おろしの写真

 

メバルの刺身(まずいと言われるのは本当か)

ツマ、大葉を準備。身は柵とりして、中骨を全て抜きました。これで骨が無い状態です。

身の柵の写真

 

皮を引いていきます。

皮を引く写真

 

皮が引けました。身の色は鮮やかでキレイです。

皮を引いた後の写真

 

器に盛って出来上がりです。

刺身の出来上がりの写真

 

 

頭の塩焼き

頭にも魚肉は残っているので捨てません。塩をして、15分。水で洗い流して、再び塩。そしてグリルで焼きます。

頭に塩をした写真

 

頭の塩焼きの写真

 

味噌汁

水に酒大さじ1とメバルの骨と刺身で余った身を入れて、10分煮出します。

骨から出汁をとる写真

 

乾燥ホウレンソウを具にして、味噌汁の完成です。

味噌汁の写真

 

味の感想

  • 刺身:食感はコリコリ。香りはほんのりと磯臭さが残っています。味そのものはとても薄味。。。確かに、旨味みたいなものが少なく、味が薄いので、少しだけ感じる磯臭さが強調されてしまいます。ただ美味しくないという事ではなく、刺身としては全然アリなのですが、確かに煮付けの美味しさと比べてしまうと、あえて刺身に行かなくてもいいかなぁという感想。通説は正しそうだ、と思いました。
  • 頭の塩焼きは普通に美味しい。可食部が多いわけでは無いですが、しゃぶってでも食べるのが、醍醐味ではないでしょうか。
  • 味噌汁:きちんと出汁がでています。美味しいので、アラは捨てないでください。

最後に

今回は、煮付けでお馴染みのメバルをあえて刺身で頂きました。頂いたのは本日の個体だけなので、季節や産地等でもしかしたら違いはあるかもしれませんが、確かに、煮付けと比べてしまうと、物足りないかなぁという感想。しかし、大型のスーパーマーケットなどで、メバルの刺身は最近よく見かけます。恐らくこの淡泊さのファンがいるのだと想像します。皆さんのご意見は如何でしょう。機会があれば、刺身をお試しになって、自分の好みか、答え合わせしてみては如何でしょうか?

 

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。

 

あわせてよみたい