よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

池田屋【生ハムのような食べる削り節】実食レビュー

「おみやげグランプリ2020」のフードドリンク部門276品からグランプリを受賞した商品。以前、テレビ「行列の出来る法律相談所」でも紹介されたこともある池田屋さんの『生ハムのような食べる削り節』。気になっていたこの商品を、取り寄せして実食しましたので、レビューします。

パッケージの写真

 

パッケージの商品説明です。

鹿児島県枕崎産かつお削りを、生ハムのようにしっとりやわらかな食感に仕上げました。

おつまみ、おやつにそのままお召し上がりください。

サラダ、サンドイッチ、パスタにもよく合います。 

 

パッケージの拡大写真

 

厳選かつおを特製のタレに漬け込み、乾燥させて削り節に仕上げている様です。すでに味付けがされているのですね。嬉しいのは無添加商品であること。 化学調味料、保存料、着色料は使っていないため、子供にも安心してたべさせられそうです

 

それでは実食レビューします。そのモノの味を確かめながら、料理にも合わせてみましたのでご紹介します。

 

そのまま頂く

袋から出すとこの様な感じです。一般的に出汁用で売られている厚削りのかつお節よりは、薄くスライスされていますね。頂いてみましょう。

削り節そのものの写真

【味の感想】

先ず気が付くのは香りです。かつお節の風味の奥にうっすらと醤油の香りがして心地よいです。味はどうでしょうか。

 

食感は「生ハム」そのものをイメージしてしまうと、ハードルが上がり過ぎてしまうかもしれません。生ハムの様なネットリ感はありません。一般的な厚削りのかつお節が、しっとり柔らかになったという方が正確だと思います。

 

噛めば噛むほど鰹の旨味があふれ出てきて美味しいです。厚削りのかつお節の苦みをなくして、スッキリ食べやすくした感じです。確かにおつまみにいいかも

 

我が家の息子2人も、そのままで美味しいとムシャムシャ食べていました。食塩や砂糖たっぷりのお菓子を食べるくらいなら、こちらの方が安心ですね

 

そのままでも、おやつやおつまみとして美味しく頂けます。厚削りのかつお節の雑味をなくして、ほのかな醤油風味でシットリ食べやすくしたイメージです。

 

 味のイメージができましたので、次は、アレンジしてみましょう。「おにぎり」「パスタ」「サンドイッチ」に合いそうな予感 ♬

 

食べる削り節レシピ

削り節おにぎり

食感を残せるよう少し粗めに削り節を刻み、マヨネーズと少量のめんつゆを合わせます。

マヨネーズと合わせた写真

 

これを、温かいご飯に合わせて、、、

ご飯に混ぜた写真

 

海苔で巻いたら、「削り節おにぎり」の完成です。

おにぎりの写真

 

【味の感想】

美味しいに決まってますよね?普通のかつお節でも美味しいですよ。それがこの削り節に変わって、かつおの旨味がガツンと強調される訳です。いくらでも食べれます

 

削り節とホウレン草のクリームパスタ

玉ねぎを炒めるタイミングで、削り節を投入。あとはいつも通りに作っていきます。

玉ねぎを炒める写真

 

ベーコンの様に見えるのが、削り節です。

完成したパスタの写真

 

【味の感想】

ブイヨンベースのクリームスープに、ニンニクと鰹節の香りがプラス。イメージできますか?むちゃ旨い。ニンニクにも合うんですね。ちょっとした発見かも。

 

削り節入りサンドイッチ

パンの上に卵を乗せます。つぶしたゆで卵に加熱した刻み玉ねぎとマヨネーズを和えたものです(タルタルソース風)。

パンに卵を乗せた写真

次に主役の削り節

削り節を乗せた写真

次はキュウリ。

f:id:DadTech:20200223172109j:plain

そしてトマト。

トマトを乗せた写真

これをパンでサンド。

パンでサンドの写真

出来上がったサンドイッチの写真

 

【味の感想】

こちらもハムやベーコンの代わりに「削り節」をはさんだ感覚。脂っこさもありませんし、削り節を噛みしめるとジュワっと和の風味が口の中に広がりますお肉を使うよりヘルシーです。

◎やはりご飯との相性は最高!

◎パスタやサンドイッチには、お肉代わりにヘルシーで美味しい!

 

最後に

今回は池田屋『生ハムのような食べる削り節』を実食し、レビューしました。パッケージを開けたらそのまま頂けますし、料理のアクセントとして刻んで入れるとか、盛りつけの飾りにも良いですね。美味しくてユニークな商品だと感じました。

グランプリ受賞理由の1つは「海外の方へのお土産でも喜ばれる」ことがある様です。なるほど、確かに「無添加で日本らしい食べ物」は貰って嬉しいですね。パスタやピザにも使えますよね。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村