よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

ハマチ(ブリ)のアラを使う「しゃぶしゃぶ」「だし茶漬け」

今回は先ず、魚の名前を並べていきたいと思います。何をやっているか?お気づきの方、いらっしゃいますか。

 

🐟ツバス

🐟モジャッコ

🐟ワカシ

🐟コズクラ

🐟ワカナゴ

🐟ヤズ

🐟イナダ

🐟フクラギ

🐟ショウジンゴ

🐟アオブリ

🐟ハマチ

🐟ワラサ

🐟メジロ

🐟ハナジロ

🐟メジ

🐟ガンド

🐟マルゴ

🐟オオイオ

🐟ブリ 

 

如何でしょうか?分かった方、素晴らしいです!幾つか聞いたことがある名前が出てきたのではないかと思います。

 

 

実はこれ、全てブリ(鰤)の呼び名。

出世する過程と地方名を並べてみたものです。

 

ブリは「出世魚」であることは、皆さんご存じでしょう。成魚になる迄に複数の名前があるわけです。それに加えて、地方名もございます。それらを並べると、こうなるのです。覚えられないですね。ちなみにブリは一般的に70cm以上のものをいいます。

 

私が住む神奈川県では、スーパーの魚売り場で「ハマチのお造り」というラベルを見ることはありません。なぜらなら、こちらの地方では成長する途中に「ハマチ」の名前は出てこないからです。一般的に言われる地方名、代表として、関東と関西だけ見てみましょう。

 

<関東>

ワカシ→イナダ→ワラサ→メジロ→ブリ

 

<関西>

ツバス→ハマチ→  メジロ  →ブリ

 

こういう違いがあるわけです。関西でいうハマチは、関東ではイナダです。面白いですが、ややこしいですね。「ハマチ」という名前はよく知られているので、「ハマチ」という種類の魚がいる様に勘違いしてしまいそうです。しかし、メジロはあまり聞かないですね。ある程度絞らないと、買われにくいという理由もあるのかも知れません。

 

今回は、山陰地方の浜坂漁港から取り寄せた「ハマチ」をしゃぶしゃぶで頂きたいと思います。そしてとても贅沢な食べ方をご紹介。丸魚で頂く特権として、しゃぶしゃぶの出汁をハマチのアラで取る方法です。

【関連記事】山陰浜坂漁港直送【朝とれおまかせ鮮魚・魚介セット】取り寄せました

f:id:DadTech:20200425214913j:plain

 

今回はハマチ!真剣に向き合います!

 

 

基本情報

標準和名:ブリ

科:アジ科

生息域:琉球列島を除く日本各地

旬:冬

 

マメ知識

  •  日本人の生活に伝統的にも関わりのある魚。出世魚として、さまざまな祭事に使われてきた。

  • ブリの仲間の魚は、ブリ、カンパチ、ヒラマサ。
  • 名前の由来は、脂肪分が多い魚なので、アブラ→ブラ→ブリとなった説がある。諸説あり。
  • ブリの仲間の魚は、ブリ、カンパチ、ヒラマサ。なかでもブリとヒラマサは見分けは難しい。アゴの上側が分かりやすいかも。これは今回捌くブリの写真  

   f:id:DadTech:20200426122304j:plain

 

本日の個体

ハマチの写真

産地:浜坂漁港(兵庫県の北西部)

体長:37cm (全長 45cm)

重さ:913g

f:id:DadTech:20200425220516j:plain

f:id:DadTech:20200425220800j:plain

 

このハマチは、こちらからネットで購入したものです。お得で人気のおまかせ鮮魚セット。朝とれ産地直送はとても嬉しい。是非チェックしてみて下さい。

 

調理

ハマチを捌く

包丁でウロコを取ります。

f:id:DadTech:20200426120309j:plain

 

腹を割って、エラ、ワタ(内臓)を取り除きました。

f:id:DadTech:20200426120426j:plain

 

頭を落とす。

f:id:DadTech:20200426120705j:plain

 

頭はアラ出汁用に処理します。口から包丁を入れて、半分に割る。コツは、刃先がまな板に付くまで包丁を押し込む。刃先が付いたら、包丁の柄を下して頭を割る。これがやりやすいです。左手は滑らない様に気を付けて下さい。私はいつもタオルでしっかり持ちます。

f:id:DadTech:20200426120746j:plain

 

はい。こんな感じ。

f:id:DadTech:20200426120858j:plain

 

アラには塩をしておきましょう。

f:id:DadTech:20200426165808j:plain

 

頭を落としたハマチ。3枚に下します。

f:id:DadTech:20200426165956j:plain

 

はい、2枚

f:id:DadTech:20200426170110j:plain

 

はい、3枚

f:id:DadTech:20200426170151j:plain

 

腹骨をそいでいきます。

f:id:DadTech:20200426170256j:plain



 ハマチのしゃぶしゃぶ

今回は、しゃぶしゃぶの出汁が特別です。ハマチのアラでシッカリスープを取っていきます。アラは塩をしたところに熱湯を掛けて、下処理済み。それを昆布と共に鍋に入れ、お酒と一緒に煮出していきます。沸騰したら、15分は煮出したい。

f:id:DadTech:20200426170420j:plain

 

はい、出汁が取れました。

f:id:DadTech:20200426170703j:plain

 

次にハマチの身。柵取りしたハマチ。皮を引きました。

f:id:DadTech:20200426170834j:plain

 

それでは精神統一して、テンポ良くそいでいきます。

ワン

f:id:DadTech:20200426170939j:plain

ツー

f:id:DadTech:20200426170947j:plain

スリー

f:id:DadTech:20200426171000j:plain

フォー

f:id:DadTech:20200426171007j:plain

 

しゃぶしゃぶして、頂きましょう。

f:id:DadTech:20200426171220j:plain

 

ハマチの出汁に泳がせます。

f:id:DadTech:20200426171655j:plain


【実食】

とても美味しい。背の身を使用したので、脂のノリはきつくなく、サッパリした美味しさ。ポン酢にあいますね。出汁をアラから取っているので、スーパーです。ハマチの出汁にハマチの身ですから、相性抜群。

 

ハマチのだし茶漬け

しゃぶしゃぶの出汁を捨てるのはモッタイナイ。これを使ってもう一品。

 

残った出汁を、薄口しょうゆ、みりん、塩で味をととのえます。極上のスープ。

f:id:DadTech:20200426185644j:plain

 

硬めに炊いたご飯に、そぎ切りしたハマチ、昆布、梅干しをのせ、出汁を注ぎます、

f:id:DadTech:20200426185813j:plain

 

ハマチのだし茶漬けの完成です。

f:id:DadTech:20200426190108j:plain

 

まとめ

今回は、兵庫県 浜坂漁港から取り寄せたハマチを「しゃぶしゃぶ」で頂きました。丸魚で頂く醍醐味として、出汁はハマチのアラから取りました。また残った出汁は無駄にせず、だし茶漬けで頂きました。出汁を冷蔵庫で保管しておいて、翌日だし茶漬けで頂くのも良いですね。本当に美味しいので、是非一度試してみて下さい。ハマチ(イナダ)くらいの大きさなら、ご家庭でも捌けますよ。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村