よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

【ハタハタ(鰰)】の食べ方ご提案/干物(一夜干し)はいかがですか?

f:id:DadTech:20200426212110j:plain

初冬の入り、悪天候が海を襲う。大気が乱れ始めると、風が吹き、寒さが増す。海は荒れ、空は怒る。閃光が走ると間もなく、雷が轟く。

 

(もしあなたが漁師だったたら、こんな日に海に出たいだろうか。)

 

しかし行かねばならぬ。こんな日は、鰰(ハタハタ)が押し寄せてくる。

 

<゜)))彡 <゜)))彡 <゜)))彡

 

そう、ハタハタという魚は、悪天候の時に浅場に押し寄せて産卵するという何とも不思議な「漁師泣かせ」の魚なんです。過去には多くの海難事故を招いたと言われています。

 

なぜ危険を冒してまで漁に出るのか。それはその「ぶりこ」と呼ばれる卵を何としても狙いたい。そういう思いがあるのでしょう。「ぶりこ」は今でもとても人気が高い逸品です。乱獲という悲しい歴史をもつ魚でもあります。それほど美味しいのですね。

 

またその名前も神々しい。魚へんに神で、鰰(ハタハタ)です。雷光のことを古語で「ハタハタ神」と呼んでいたことにその由来があるとか。やはり昔から、雷が鳴る日に獲れる魚、雷と深い関係があると考えられていたのでしょう。現在では雷とハタハタに因果関係は無いというのが定説の様です。

 

今回は、兵庫県の浜坂漁港から取り寄せたハタハタを干物にして頂きます。

【関連記事】山陰浜坂漁港直送【朝とれおまかせ鮮魚・魚介セット】取り寄せました

 

f:id:DadTech:20200426212953j:plain

秋田県のしょっつる鍋で有名な魚ですね。ウロコも無く、内臓も骨も食べれるので、下処理がいらない魚としても重宝される魚です。今回は干物なので、内臓の処理はいたします。

 

今回はハタハタ!真剣に向き合います!

 

 

基本情報

標準和名:ハタハタ

科:ハタハタ科

生息域:日本海、北日本

旬:11~2月

 

マメ知識

  •  「ぶりこ」と呼ばれる卵の塊に人気がある。秋の終わりから冬にかけて産卵期を迎え、浅場に押し寄せる。

  • 水温15℃以上では、生息できない。

本日の個体

f:id:DadTech:20200426214009j:plain

産地:浜坂漁港(兵庫県の北西部)

体長:15cm(平均)

重さ:231g(6匹の合計)

 

飛んでいきそうな羽(大きいヒレ)がついております。

f:id:DadTech:20200426214326j:plain

 

小さいですが硬いトゲが3本ついていますので、注意してください。

f:id:DadTech:20200426214818j:plain


 

調理

ハタハタを捌く

今回は干物にしますので、エラとワタ(内臓)は取り除いていきます。肛門から腹に包丁を入れ、

f:id:DadTech:20200426223908j:plain

 

ワタを出します。

f:id:DadTech:20200426224008j:plain

 

水洗いして、水分を良く拭き取ります。これで下処理は終了です。

f:id:DadTech:20200426224048j:plain



ハタハタの一夜干し(干物)

ハタハタを塩水に1時

間程度浸けます。塩水は、水3カップに、塩おおさじ3。

【関連記事】冷蔵庫でも出来る!【魚の干物】作り方(アジ)

f:id:DadTech:20200426224217j:plain

 

1時間が経過しました。目が白く濁っていますね。これが塩が浸透した合図です。

f:id:DadTech:20200426224650j:plain

 

網付きのバットに並べて、冷蔵庫に入れて乾燥させます。

f:id:DadTech:20200426224818j:plain

 

丸2日、冷蔵庫で乾燥させたものがコチラ。

f:id:DadTech:20200427123908j:plain

 

臭み、無し!表面はベタベタも無く、乾燥した状態です。さぁ、焼いていきましょう。

f:id:DadTech:20200427124013j:plain

 

はい、上手に焼けました。香ばしい匂いがたまりません。

f:id:DadTech:20200427124159j:plain

【実食】

 頭から尻尾まで、丸ごと食べられます。う~ん、ウマい。塩っ気も調度いい。身に旨味が強いので、ご飯にも合うし、お酒のおつまみにピッタリです。温かいうちに、ホフホフ食べるのが良いですね。骨まで食べれるので、子供のカルシウム補給にもなりますね。

 

まとめ

今回は、日本海の恵みハタハタを干物で頂きました。干すことで旨味も凝縮して、とても美味しかった。何と言っても下処理が簡単なのがいいですね。骨まで食べられるので、お子様にも最適。干物は冷蔵庫でもできますので、是非お試しください。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村