ギフトやご自宅用に「西京漬け」通販14選は >>>こちら。

米から土鍋で炊く【子ども向け七草粥】魚(鮭)を使う簡単レシピ

当サイト記事には広告を含む場合があります。

今回は、お子様からお年寄りまで食べやすい「七草粥」をご紹介します。

当レシピのポイント
  • 鮭を使う
  • 調味料は塩のみ
  • 生米からお粥を炊く

子供が好きな鮭を入れることで、葉モノの味が苦手なお子様にも食べやすくしていきます。

七草にはさほどクセがありませんので、お粥の味付けは「塩」のみ。優しい味に仕上がります。

塩鮭を使う場合は、その塩分だけでも十分。それでももし塩味が足りないと感じる場合は、刻み海苔をトッピングする方法もありますね。

また既に炊きあがったご飯を使うのではなく、やはり生米から炊く方がトロリとして美味しいです。そんなに手間は掛かりませんよ。今回は生米から土鍋を使って炊く方法をご紹介します。

それではスタート!

米から土鍋で炊く【子ども向け七草粥】魚(鮭)を使う簡単レシピ
目次(Contents)

=スポンサーリンク=

「七草粥」材料(4人分)

  • 七草セット
  • 塩鮭 2切れ(鮭フレークで時短でも可)
  • 米 1合
  • 水 1400cc (酒おおさじ2も加える)
  • 塩 お好みの量

七草のセットがコチラ。1月3日~7日頃はスーパーマーケットで手に入りますね。

スーパーマーケットで売ってる七草粥セット
スーパーマーケットで売ってる七草粥セット

小学生の息子と名前を確かめてみました。ごぎょう、はこべら、せり、すずしろ(ダイコン)、すずな(カブ)、ほとけのざ、なずな。合ってるのかな?

春の七草 七草粥 作り方

「七草粥」作り方

じんた

七草はお米とは別に茹でて、最後に合わせるのが良いよ。アクも抜けるし色合いも保てるからね。

お粥を炊くのに時間が掛かるので、先にこちらから始めます。今回は土鍋を使用しましたが、金属の鍋でももちろん可能です。ただ、蓋をした時に、お箸一本分くらい湯気を逃がすようにして下さい。

米一合に水を1400cc(7カップ)。お酒大さじ2を加えて加熱開始。中~強火。水が多いように感じますが、大丈夫です。狙うは、ユルユルのお粥。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

沸騰したら弱火にします。ここで一旦、底から全体を混ぜ返して下さい。焦げを防ぐためです。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

蓋をして、火加減は弱火にします。ここから30~40分加熱します。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

トロミが増すと、吹きこぼれる可能性があるのでご注意下さい。

さて七草の下処理です。手際よく行きましょう。ダイコン、カブをお好みの大きさにスライスします。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

葉モノは、葉を分けます。また、茎を小さめに刻みます。

f:id:DadTech:20200103201738j:plain

七草を塩茹でします。先ずは、ダイコン&カブを約3分。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

ダイコン、カブを取り出したら、同じ湯のまま、茎、葉の順に茹でていきます。1分弱で良いでしょう。

f:id:DadTech:20200103202014j:plain

葉モノは、茹で上がったら、冷水にさらします。色が悪くならない様に。

f:id:DadTech:20200103202137j:plain

水気を切って、軽く刻んでおきましょう。これで、七草の準備はOK。

f:id:DadTech:20200103202238j:plain

次は塩鮭の準備です。温めたグリルで、表5分、裏5分くらい、しっかり焼きます。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

はい、焼けました。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

焼いた鮭をほぐして、鮭フレーク状態とします。皮も美味しいので刻んで入れました。もちろん骨は除いてくださいね。

f:id:DadTech:20200103202620j:plain

そうこうしている内に、お粥ができました。いい感じ。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

下処理した七草の全てを投入。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

ま~ぜ、まぜ。味見をしながらお好みの量の塩を入れて下さい。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

ほぐした鮭を投入したら、鮭を使った七草粥の出来上がり!(^^)!

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

お椀に盛ったら、刻みのりトッピング。いただきます。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)
じんた

生米から炊いたお粥は美味しいね。七草の色も残っているからビジュアルもグッド。

私は、これくらい柔らかいお粥が好きです。茹でた七草を後入れしているので、緑の色合いがしっかり残っています。塩鮭がアクセントになっているので、食べやすく仕上がりました。

だしや醤油で味付けをするよりも、私は「塩」のみが好きです。その方が米の甘みと七草(野菜)の風味を味合うことができます。 

「七草粥」トッピングアレンジ

今回は「塩鮭」を使用しましたが、トッピングには色々な食材が合わせられますね。ご家族がお好きな食材を加えると良いと思います。

例えば、

  • 塩昆布/とろろ昆布
  • 佃煮/おかか
  • たら子
  • 梅干し
  • お醤油
じんた

海老を入れるのはどうかな?美味しいよ。

子供も食べやすい【魚を使う七草粥】簡単レシピ(鮭・エビトッピング)

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、子供が食べやすい様にアレンジした「七草粥」をご紹介しました。ウチの息子たちも狙い通り、美味しい美味しいと食べてくれました。年末年始には味の濃い食事が続きますので、七草入りの優しいお粥が腹に沁みます。昔の人の知恵には感心させられますね。少し面倒に感じるかもしれませんが、生米からのお粥を試してみて下さい。トロトロ感に心も休まりますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントお願いします(※は必須項目)

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次(Contents)