よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

魚のアラを使い尽くす【子供も食いつく】アラそぼろ!(ふりかけ)

今回は「魚のアラを使い尽くす」ご提案の第2弾となります。

 

丸一匹の魚を買ってきた特権の1つは、アラを使って1品もしくは2品を追加できること。捨ててしまってはモッタイナイ

 

使い方が分からない、という方もおられるかも知れませんので、ここにご紹介します。ある意味、親の執念ですわ。どういう手段を使ってでも、子供に魚を食べさせるんです。

 

アラを使ったときに多少引きずる罪悪感は、お吸い物や味噌汁、煮物にしても、どうしても魚肉を食べきれないということです。しかし、

 

だったら、事前にほじくり返せ!

 

という単純な発想から、今回は「お吸い物」と「そぼろ」の2品をご紹介します。ウチの息子2人も取り合って食べますので、是非ご参考にどうぞ。

 

 

調理

今回使用するアラは、クロソイで御座います。

【関連記事】丸魚で頂く【クロソイ】湯煮。キウイソースでサッパリと!

こちらのクロソイから、、、

f:id:DadTech:20200523015047j:plain

 

この様にアラが取れました。

クロソイのアラ

 

アラの処理方法

難しくありません。

  1. お湯を沸かして、アラに掛ける。私は写真のボールにアラが浸かる程度にお湯を貼って、全体に熱が通る様にお箸で均します。(臭みを取る、汚れを取りやすくする、の2つの目的があります。)
  2. 流水を使って、アラに付いているウロコや血合い等の汚れをキレイに取り除く。ここをしっかり行うのがポイント。生臭さをシャットアウトしましょう。

 

アラのお吸い物の作り方

  1. お鍋に水を張ったら、酒とアラを入れます。酒は適当に1Lの水に対して100ml~200ml。
  2. 水の状態から火に掛ける。
  3. 沸騰するころにアクが出るので、しっかり取る。その後も出来れば、アクが出るそばから取っていった方が美味しくなります。アクを煮ているうちに、臭いって残っちゃうんですよ。ひと手間ってやつです。
  4. だいたい経験上10分くらい煮ると、魚の良い香りがしてきます。なので15分~20分くらい煮るのが良いと思っています。
  5. 味醂(大さじ2)、薄口醤油(大さじ1)、塩少々で、味を調えて、出来上がり。

調味したお吸い物がコチラ。

アラを煮出したお吸い物

 

アラはそぼろに使うので取り出し、一旦ざるで濾しました。

f:id:DadTech:20200523020756j:plain

 

シンプルに小ネギだけを入れて、お吸い物の完成です!

f:id:DadTech:20200523020849j:plain

クロソイの実力を知りましたよ。出汁がシッカリ出てて、美味しいです。アラを取り出すことで、子供が飲みやすいというメリットもあります。過保護ですみません。

 

アラのそぼろ(ふりかけ)の作り方

「そぼろ」なんてカッコ良く言っていますが、単に魚肉を気合で取り分けて、味付けするだけです。では作業開始。

 

お吸い物で使用したアラ。これを地道に、魚肉と骨に分けていきます。魚の皮は美味しいので、魚肉側に入れましょう。

f:id:DadTech:20200523021240j:plain

 

15分後。はい、分けました。魚肉125gをゲット!

f:id:DadTech:20200523021426j:plain

 

油は引かず、フライパンで水分を飛ばす。

f:id:DadTech:20200523021609j:plain

 

ゴマも投入しました。

f:id:DadTech:20200523021812j:plain

 

水分が飛んだら、調味料を加えます。(例:砂糖大さじ1、酒大さじ1、味醂大さじ1、醤油大さじ1)

f:id:DadTech:20200523021858j:plain

 

煮詰めたら、そぼろの完成です!ご飯に掛けて、召し上がり下さい。多少、骨は残ってしまうので、注意して下さい。(よく噛めば、あっても気づくので大丈夫)

アラのそぼろ(ふりかけ)

 

 

まとめ

今回は「魚のアラを使い尽くす」ご提案第2弾として、アラの魚肉をつかった「そぼろ」をご紹介しました。魚肉を分けるのが少し面倒ですが、これにて、スープと魚の身を、余すことなく使い果たし、気分スッキリ!しかも美味しい!是非お試しください。

 

第1弾は、炊き込みご飯でした。こちらをご参照下さい。

www.jinta-express.com

 

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村