よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

ご飯のおかずに最適【小麦粉の少ない】お好み焼き♬

f:id:DadTech:20200427203302j:plain

夕食はご飯派の私。粉モノや麺類でも決して悪くは無い、、、しかしそれでは何か、しっくりこない。やっぱりご飯は外せないのです。時には夕食にラーメンなんて時もあるけれど、どうしても頼んでしまう小ライス。もうお腹パンパンです。一般男性よりは食べる量は少なめだと感じます。それでも最後にご飯を食べて、1日が終われるのです。

 

だけど無性に「お好み焼き」が食べたい時がある。「お好み焼き」の何が美味しいって、キャベツと卵とオタフクソース(個人の意見です)。この組み合わせを考えた人、天才☆☆☆そう思う。

 

そしてこう考える。小麦粉を出来るだけ少なくすれば、おかずになれるお好み焼きが出来るのでは無いか。小麦粉は最低限の繋ぎに使えれば良い

 

そして色々試して見た結果、丁度いい感じに辿り着いた。おかずに最適【小麦粉の少ない】お好み焼き♬

 

今日はそんな「お好み焼き」のレシピをご紹介します。

 

  • お好み焼き粉、無くてOK
  • 山芋、無くてOK
  • 水、使わなくてOK
  • フワフワで美味しい
  • キャベツの大量消費にも使える

 

最低限必要なものは、キャベツ小麦粉顆粒和風だし。そしてやっぱりオタフクソース

 

ダイエットお好み焼き、そう呼べるかも知れません。ご参考にどうぞ。

 

材料(4人分)

f:id:DadTech:20200427194152j:plain

  • ☆キャベツ 1/2個(400g)
  • ☆卵 2個
  • ☆小麦粉 大さじ4(45g)
  • ☆顆粒だし 大さじ1
  • ☆ミックスベジタブル(お好みで)
  • 豚肉 100g(お好みで)
  • かつお節(お好みで)
  • 青のり or 小ネギ(お好みで)
  • ゴマ油 適量(サラダ油でも可)

 

作り方

  1. ☆を混ぜ合わせる
  2. フライパンにごま油引き、混ぜ合わせた☆を入れる
  3. 豚肉を使う場合は☆の上に乗せる
  4. 中火で蓋をして2分蒸し焼きにする
  5. ☆を裏返す
  6. 蓋をして1分、蓋を外して1分
  7. オタフクソースを回しかけ、鰹節、青のり等を掛けて完成

 

写真と解説

☆の材料の全部をボールに投入

f:id:DadTech:20200427195749j:plain

 

シッカリと混ぜ合わせましょう。

f:id:DadTech:20200427195852j:plain

 

フライパンにごま油をしき、広げる。

f:id:DadTech:20200427195941j:plain

 

混ぜ合わせた☆の材料をフライパンに丸く乗せます。この時、フワッと乗せるのがポイントです。フライパンに抑え付けないで下さい。

f:id:DadTech:20200427200054j:plain

 

豚肉を乗せて、

f:id:DadTech:20200427200304j:plain

 

蓋をして中火で2分、蒸し焼き。

f:id:DadTech:20200427200344j:plain

 

はい、こんな感じ。それではひっくり返します。

f:id:DadTech:20200427200757j:plain

 

はい。卵と小麦粉が繋ぎで効いているので、バラバラになることはありません。

f:id:DadTech:20200427200845j:plain

 

さらに蓋をして中火で1分。

f:id:DadTech:20200427200947j:plain

 

蓋を外して、中火で1分。これでしっかり焼けています。

f:id:DadTech:20200427201005j:plain

 

お皿に移したら、、、

f:id:DadTech:20200427201253j:plain

 

オタフクソースを掛ける。

f:id:DadTech:20200427201342j:plain

 

今日はイワシフリカケ。もちろん、かつお節でも良いですね。

f:id:DadTech:20200427201431j:plain

 

小ネギをトッピングしたら、オカズお好み焼きの完成です。

f:id:DadTech:20200427201540j:plain

ほぼキャベツですから。見た目とは違って、軽いんです。

 

まとめ

今回は、ご飯のおかずにもなる【小麦粉の少ない】お好み焼きをご紹介しました。小麦粉は繋ぎで使う分だけにして、キャベツをしっかり楽しめるお好み焼きです。オタフクソースと合わせると、あっという間に完食です。サラサラっと頂けますよ。これならご飯のおかずとして許してもらえますよね。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村