よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

スズキ(白身魚)幽庵焼きの作り方(冷凍保存あり)

今回は、スズキを使った「幽庵焼き」の作り方をご紹介します。

 

併せて、冷凍保存と解凍の方法もご紹介しますので、魚を保存する方法の1つとして参考にしていただければ幸いです。冷凍すれば2週間くらいは保存が効きますよ。

 

ところで幽庵焼きの「幽庵」って何?と疑問に持たれるかもしれませんが、これは江戸時代に近江の国の茶人であった、北村幽庵が考案したため、その名前が付けられたと言われています。

 

幽庵焼きはどんな白身魚も使えます。もちろん、切り身で買ってきたものを調理することも可能です。

 

今回は、宮城県石巻市から取り寄せした、一尾のスズキを使用します。

www.jinta-express.com

 

それでは、始めます!

 

本日の個体

スズキ

産地:宮城県石巻市

体長:30cm(全長36cm

重さ:365g

 

調理

スズキを捌く

カマは残して、二枚に下しました。ヒレはキッチンバサミで切りました。

スズキ 二枚おろし

 

4人分に切り分けます。

スズキ 切身

 

スズキの幽庵漬け焼きの作り方

材料
  • スズキの切身
  • ☆酒:味醂:醤油=1:1:1
  • ☆チューブのゆず
  • 塩 適量

 

作り方(味付け→冷凍→解凍→焼く)
  1. スズキの切身には塩をして10分程度おき、水分が出たら、キッチンペーパーで拭いておきます。
  2. ☆の調味料を合わせます。
  3. プラスチックバックに切り身と☆のタレを入れ、切り身にタレが回る様に、出来るだけ空気は抜いておきます。お好みで30分~数時間冷蔵庫で味を馴染ませます。
  4. バックからタレを抜いて、冷凍庫に保管します。これで2週間くらいは保管可能。
  5. 解凍は、氷水で行います。1時間くらいで解凍できます。
  6. グリルで焼いて、出来上がり。

 

写真と解説

☆の調味料を合わせます。最近は、きざみゆずのチューブが売っているので、便利です。ドレッシングに合わせてサラダなどにも使えます。

f:id:DadTech:20200528194336j:plain

 

タレにゆずを合わせます。チューブのゆずであれば、ガツンとした香りは少ないので、多めに入れてもらっても大丈夫です(どうやっても、そんなに変な味にはなりません)。

f:id:DadTech:20200528194602j:plain

 

プラスチックバックに切り身とタレを合わせて、切り身全体にタレが行き渡る様にして、冷蔵庫で味付けをします。今回は3時間程度おきました。その後、バックの中のタレは抜いて、冷凍庫で保管します。

柚庵漬け 冷凍保存

 

解凍は、氷水中で行うのがベスト。魚からのドリップも少ないし、約1時間あれば解凍できるので、時間が読みやすいというメリットがあります。電子レンジ解凍はドリップが多くなるのでおすすめできません(旨みも抜ける)。冷蔵庫解凍は、時間が読みにくいですよね。 よって氷水解凍がベスト!と私は考えています。

柚庵漬け 氷水解凍

 

解凍した切り身がコチラです。色つや良いですね。

柚庵漬け 解凍した切り身

 

くしゃくしゃにしたアルミホイルの上で焼くと、くっ付かないし、後片付けが楽です。それではグリルで焼いていきましょう。味付けしている分、焦げやすいので、強火よりも、弱火~中火くらいでじっくり焼いていきましょう。

くしゃくしゃアルミホイル 切身

 

焼けました。スズキの幽庵漬け焼きの完成です。

スズキ 柚庵漬け焼き

【実食】

味が染みて美味しです。スズキはパリッと焼いた皮が美味。身のふっくら感はきちんと残っていますので、解凍の仕方もこれで良しと思っています。

 

 

まとめ

今回は、スズキの幽庵焼き(冷凍保存あり)の作り方をご紹介しました。幽庵焼きというと、ゆずをアクセントにいれますが、無くても美味しいです。醤油:味醂:酒は1:1:1なので、覚えやすい!しかも簡単!いつもの塩焼きに変化をつけたい場合、幽庵焼きを試してみては如何でしょうか。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村