Amazonタイムセール会場はこちら<<<

ゼンブヌードルの粉っぽさ・豆臭さを除く方法(美味しく食べるコツ)

当サイト記事には広告を含む場合があります。

スーパーフード 黄えんどう豆100%で出来た商品「ゼンブヌードル」。累計販売数は1,100万食を超え、認知度も徐々に大きくなってきています。

人気の理由は多くありますが、代表的なものとして「グルテンフリー」「糖質オフ」「食物繊維が豊富」が挙げられますね。食事制限のあるダイエットはつらい!その救世主と成るのが、しっかり食べてヘルシーなダイエットとなる「ゼンブヌードル」なのです。

しかし、一部のネガティブな口コミには「粉っぽい」「豆くさい」という意見もあるのも確かです。

今回は、「ゼンブヌードル」少しでも食べやすくするためのコツをお伝えします。それではスタート!

ゼンブヌードルの粉っぽさ・豆臭さを除く方法(美味しく食べるコツ)
目次(Contents)

=スポンサーリンク=

「ゼンブヌードル」食べやすくするコツ

私が何食も「ゼンブヌードル」を食べてきた中で、お伝えしたい食べやすくするためのコツは次の通りです。

  1. 麺を長めに茹でる(約10分目安)
  2. 茹でた麺をしっかり洗う
  3. 冷たい麺のまま食べる
  4. 薬味を効かせる

麺を長めに茹でる

麺の茹で時間についてラベルには7~8分(冷たいメニューは約10分)と記載があります。麺がシッカリと茹で上がっていないと「粉っぽさ」に繋がります。私の経験上、多少長く茹でても、味わいが落ちることはありませんので、「ゼンブヌードル丸麺」であれば、沸騰した状態から10分を目安に長めに茹でましょう。

茹でた麺をしっかり洗う

お湯で麺を茹でると麺から豆のエキスがお湯に溶け出します。また、麺の表面にヌメリが出てきます。これらが臭みの原因にもなっていますので、茹で上がった麺を、水かお湯で洗い流しましょう。
茹で汁も豆のエキスが出ていて美味しいのですが、苦手な方は捨てるしかありませんね。

冷たい麺のまま食べる

食品の温度が高いと匂いを感じやすくなります。風味が揮発するからでしょう。「ゼンブヌードル」も温度が低い方が豆の香りを感じにくいと思います。冷たいまま食べるのも1案です。

例えば、
  • 冷製パスタ
  • 冷やし中華
  • 冷やしうどん

薬味を効かせる

やはりここでは日本人の知恵をお借りしましょう。魚を上手に調理してきた日本人は、臭みの消し方に長けていると思います。その良い例が薬味ですよね。食材の匂いを消すために、強烈な調味料を使うとせっかくのヘルシーさが損なわれます。日本の薬味であれば、食材の匂いを防ぐとともに、薬味自体から栄養を摂れることが期待できます。

例えば、
  • ネギ
  • カイワレ大根
  • ショウガ
  • 大葉
  • ミョウガ
  • 海苔
  • わさび

実演「冷やしゼンブヌードル!」

それでは「ゼンブヌードル」のクセを感じにくい、食べやすい方法の1例として「冷やしゼンブヌードル」作り方をご紹介します。

冷やしゼンブヌードル 材料
  • ゼンブヌードル1束(80g)
  • ☆カイワレ大根 1/2束
  • ☆小口ネギ 適量
  • ☆大葉 3枚
  • ☆刻みショウガ 1/3片
  • 刻み海苔 適量
  • めんつゆ(つけ汁)

☆の薬味の材料を切って水にさらします。カイワレ大根は3等分くらいの長さに切っておくと良いです。

10分位さらしたら、ザルに上げておきましょう。美味しい薬味が簡単に出来上がりました。

次は「ゼンブヌードル」を茹でます。沸騰したお湯を準備。

ゼンブヌードルを投入。

時々、くっ付かない様にするために、軽くほぐします。約10分間、麺を茹でました。

一旦、麺をザルに上げましょう。

ここがポイント!水を使って、麺の表面をしっかり洗います。

洗った麺は、水を切っておきましょう。

さぁ、盛り付けです。お皿にゼンブヌードルを配置したら、

たっぷりと薬味を乗せます。

刻み海苔も散らしたら「冷やしゼンブヌードル」の完成です(^^♪

麺つゆにつけて、いただきます。

じんた

ホントこの食べ方すき💛薬味が効いて麺のクセを感じにくくなった。薬味と豆の相性がとっても良いんだ。

じんた

▼ゼンブヌードルについて他にも記事を書いているから参考にしてね。

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、ゼンブヌードルを食べやすくするコツをご紹介しました。粉っぽい、豆臭いに対応する方法として、おさらいします。

  1. 麺を長めに茹でる(約10分目安)
  2. 茹でた麺をしっかり洗う
  3. 冷たい麺のまま食べる
  4. 薬味を効かせる

以上の点を参考にしながら、美味しく「ゼンブヌードル」を楽しんでください。

目次(Contents)