よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

石を持つ魚【イシガレイ】のレシピ/刺身とフリッター!

今回は、イシガレイです。

 

カレイの仲間って種類が多くてなかなか覚えられないですね。「マガレイとマコガレイ」や「ムシガレイとヤナギムシガレイ」なんて、魚食に興味を持ち始めた頃は、呼び方が違うだけだと思っていたんですが、それぞれ違う種類なんです。しかもそれぞれで特徴があるから面白ですよね。

 

今回取り上げるのは「イシガレイ」なのですが、この魚も不思議な一面を持ちます。「左ヒラメの右カレイ」なんていいますが、「イシガレイ」は一般的なカレイで、右向きなんです。これとは別の種類に「ヌマガレイ」というのがいるのですが、これはイレギュラータイプで、左向き。まぁそれはいいとして、面白いのは「イシガレイxヌマガレイ」という名前のカレイがいて、何とイシガレイとヌマガレイの中間の種類なんですよ。

 

「イシガレイ x ヌマガレイ」は左向きでなのですが、模様などはそれぞれの特徴を譲り受けていて、これは「イシガレイ」と「ヌマガレイ」の雑種という位置づけがされている様です。魚の世界のハーフですわ。カレイのコミュニティでは『あいつ、父ちゃんが「ヌマ」で母ちゃんは「イシ」らしいよ💛』とかあるんですかねぇ。

 

<イシガレイ>

f:id:DadTech:20200519224738j:plain

出典:よちよちエクスプレス

 

<ヌマガレイ>

f:id:DadTech:20200521224912j:plain

出典:市場魚貝類図鑑(https://www.zukan-bouz.com/syu/ヌマガレイ

 

<イシガレイ x ヌマガレイ>

f:id:DadTech:20200521225123j:plain

出典:WEB魚図鑑(https://zukan.com/fish/internal629

 

今回のイシガレイは、宮城県石巻市のフィッシャーマンジャパンから取り寄せたものです。

www.jinta-express.com

 

料理はどうしましょう。食べてみたかったイシガレイの刺身、それから揚げ物で一品、フリッターあたりで行きましょうか。

 

今回はイシガレイ!真剣に向き合います!

 

 

基本情報

標準和名:イシガレイ

科:カレイ科

生息域:千島列島やサハリン以南の日本各地

旬:夏

 

マメ知識

  • 成魚にはウロコがない。
  • 側線の近くとその両サイドに石の様な骨板ががある。

なぜかこのカレイはウロコが無くなって、その代わりなのか石を持っているんですよ。不思議ですね。

 

本日の個体

f:id:DadTech:20200519224738j:plain


産地:宮城県

体長:34cm(全長41cm)

重さ:640g(エラ、ワタ処理済みにて)

 

調理

イシガレイを捌く

これがウワサの石で御座います。先に包丁で取り除きます。本当に石の様に硬い。「おい見てみぃ、、、俺の骨板、、、カッチカチやぞ✊」

イシガレイの石

 

この個体からはこんな石の帯が2枚とれました。

イシガレイの石

 

頭を落としました。

f:id:DadTech:20200521220323j:plain

 

それでは5枚に下していきます。ここからはいつものカレイと同じです。少しだけヌメリがありますね。先ずは縁に沿って切り込みを入れる。

f:id:DadTech:20200521220011j:plain

 

中央の側線に沿って切り込みを真っすぐいれます。

f:id:DadTech:20200521220149j:plain

 

あとは背骨に沿って、開いていきます。2~3回やるうちにコツを掴んできますよ。ヒラメも同じですが、ここからは硬いところは無いので、慣れると気持ちよく切れます。

f:id:DadTech:20200521220208j:plain

 

これで一枚。

f:id:DadTech:20200521220229j:plain

 

同じ様にして、5枚に開きました。

f:id:DadTech:20200521220252j:plain
 

イシガレイの刺身

皮を引いて、そぎ切りにしたら、イシガレイの刺身の完成です。初めて頂きます。味はどうでしょうか。

イシガレイの刺身

【実食】

なるほど、独特の風味が鼻を抜けます。これがこの魚の香りなんでしょうね。食感もしっかりしていて、旨みが強い。噛めば噛むほど味が出る系の身です。うん、美味しい。 

 

イシガレイのフリッター

白身の旨味が強いので、揚げ物も試します。卵とベイキングパウダーを使わないフリッターなんて如何でしょう。代わりに炭酸水で、気持ちを爆発させます。

 

これが残りの身。これを一口サイズに切って、塩コショウをします。

f:id:DadTech:20200521221555j:plain

 

フリッターの液は、

  • 小麦粉 大さじ5
  • 片栗粉 大さじ3
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 炭酸水 大さじ6(とろみを見て加減する)

炭酸水は、強炭酸だと油が跳ねやすいので、普通くらいで。

f:id:DadTech:20200521221719j:plain

 

揚げる!

f:id:DadTech:20200521222105j:plain

 

はい、出来上がり。イシガレイのフリッターです。

イシガレイのフリッター

【実食】

うんまっ。加熱して美味しいのはカレイの実力ですね。中濃ソース、ケチャップ、マヨネーズを合わせたソースにディップして。 外はサクサク、中からカレイの旨味がジュワッ。温かいうちにどうぞ。

 

 

まとめ

今回は、なぜかウロコを捨て石を抱いてしまった魚「イシガレイ」を頂きました。新鮮ならば刺身で独特の食感と風味を味わえます。もちろん焼いたり煮たりの加熱料理にも合いますね。イシガレイ、美味しかった!

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村