よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

MENU

夏にピッタリ【カマスの幽庵焼き丼】幽庵焼きを丼モノへ!のご提案

今回は、幽庵焼きの私流アレンジ料理。『幽庵焼き丼』をご紹介します。酢飯と合わせるとサッパリ食べやすく、夏にピッタリ。焼き物のパリパリ感も残して、爽やかさを追求します。いつもの幽庵焼きを、丼もので頂くご提案です。

 

一般的な幽庵焼きとは、、、醤油:酒:味醂=1:1:1に 香りづけとして柚子(ゆず)の輪切りを合わせ、漬けダレを作ります。この漬けダレにお好みの時間、魚の切り身を付けて味を馴染ませ、切り身を取り出したら、パリッと焼いて出来上がり♬

スズキ 幽庵焼き

(こちらは以前紹介したスズキの幽庵焼きの写真)

 

日本人が大好きな調味料の組み合わせですよ。どう考えても美味しいわけです。この幽庵焼きは、江戸時代の茶人、北村祐庵さんが考えたと言われるレシピ。当時、クックパッドのつくれぽがあったら、気が遠くなるほどの数の「作ったよ!」があったのでしょうね。「魚の漬けダレに柑橘類を合わせたちょっとヤバい奴がいる!」と評判になったことでしょう。

 

そんな幽庵焼きは私が大好きな料理の1つです。これまで何度と作ってきましたが、今回は「こうしても美味しいかな?」とアイディアが浮かびましたので、ご紹介します。実際に作ってみると、なかなか良いモノが出来ました。完成したのがこちら。

 

『カマスの幽庵焼き丼』

カマス 幽庵焼き 丼
 

今回のアイディアと5つのポイントはコチラです。

  • 幽庵焼きを丼(どんぶり)にしたら美味しそう。
  • 夏にもサッパリ頂ける、酢飯を使おう。
  • いつも捨てる漬けダレは勿体ないから、煮詰めてタレに使う。
  • 卵が入っていたら、タレに加えて、コクをアップ。
  • 魚を煮詰めると煮魚になるので、パリッと焼いた食感は残そう。

 

 

 

カマスの幽庵焼き丼 作り方

本日の個体

スーパーマーケットで購入したパック入りのカマスです。鮮度的には、ギリギリ刺身で食べれるレベル。

スーパーマーケット カマス

産地:長崎
体長:28cm(全長33cm)
重さ:583g(3尾)
価格:500円(1kgあたり860円)

 

幽庵焼き丼 材料

  • カマス3尾
  • ☆醤油 大さじ3
  • ☆味醂 大さじ3
  • ☆お酒 大さじ3
  • ☆チューブの柚子 大さじ1/2
  • 砂糖 大さじ1
  • 酢飯 2合(お好みでゴマを加える)
  • 刻み大葉(お好みで)

 

幽庵焼き丼 作り方

  1. カマスは3枚に下して、食べやすい大きさに切っておく。
  2. ☆を合わせて、漬けダレを作って置く。
  3. ☆の漬けダレにカマスを入れて、20分以上おき、味を馴染ませる。
  4. カマスの身はグリルで焼く。
  5. 漬けダレに砂糖大さじ1を加え煮詰める。(卵は膜から出してタレに入れる)
  6. 酢飯にカマスを乗せたら、タレを掛けて出来上がり。

 

幽庵焼き丼 写真と解説

カマスは三枚に下しました。これを食べやすい大きさに切ります。

f:id:DadTech:20200628211348j:plain

 

漬けダレを作ります。ゆずはチューブで簡単に。

f:id:DadTech:20200628211403j:plain

 

カマスを漬けダレに20分以上、漬け込みます。お腹の中に入っていた卵も一緒に漬け込みました。

f:id:DadTech:20200628211422j:plain

 

サワラはグリルで焼きます。漬けダレと卵も分けました。

f:id:DadTech:20200628211447j:plain

 

砂糖大さじ1を加えます。また卵は卵膜の中身をタレの中に戻します。卵膜は捨てます。これでタレのコクをアップさせます(贅沢です)。

f:id:DadTech:20200628211516j:plain

 

タレはお好みの濃さに煮詰めておきましょう。

f:id:DadTech:20200628211534j:plain

 

タレの出来上がりです。柚子の香りも残っています。


カマスはグリルでこんがり焼きました。

f:id:DadTech:20200628211636j:plain

 

酢飯を準備。

f:id:DadTech:20200628211705j:plain

 

パリッと焼き上がったカマスを乗せる。

f:id:DadTech:20200628211724j:plain

 

煮詰めたタレを回しかけ、大葉を添えたら、『カマスの幽庵焼き丼』の完成です。

カマス 柚庵焼き 丼
【実食】

カマスは皮のパリパリ感が残っています(狙ったのはコレです)。酢飯とコクのあるタレも良く合って、とても美味しいです。

  

まとめ

今回は、いつもの魚の幽庵焼きを丼(どんぶり)にするアイディアをご紹介しました。これから暑くなりますので、酢飯と合わせてサッパリと。焼き物のパリパリ感は残したいので、タレは別で煮詰める方法を取りました。美味しいと思いましたので、ご紹介させていただきました。参考になれば幸いです。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村