よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

【津本式 究極の血抜き】楽天市場にオープン!話題の魚が購入できる!

☆魚の旨味を引き出す☆

☆津本式 究極の血抜き☆

 

先日、津本式の公式ホームページ(津本式.com)をぼんやり眺めていたら、衝撃の一文が、

 

楽天からも僕の魚が買える様になりました。

 

え~っ。こんな大事なことが、さらっと書いてあるね。

 

なんと、あの津本式で処理された魚、しかも商品によっては津本光弘(つもと みつひろ)さんご本人が仕立てた個体が、2020年5月20日より楽天市場で購入できる様になったとのこと!あのプロ仕様の魚が、私の様な一般人が気軽に買えるフィールド楽天市場に降りてきたんですよ。

 

津本式に関してはその知識がある方は多いと思いますが、これによって、実際にその良し悪しを体感できる様になりました。

 

あれっ

 

「津本式って???」と、ポカンとされている方が多くいらっしゃいますね。

 

漁業関係者や料理人、釣り人、魚が好きな方にとっては、大変旬なトピックスです。もし『津本式』をご存じない方は、さわりだけでもお付き合いいただけると嬉しいです。魚を美味しく食べる技術、さらには魚の資源を保護するというテーマにも繋がる内容なのです。

f:id:DadTech:20200526221134j:plain

津本さん、イケメンですね。

 

私は早速、楽天市場店からシマアジ購入し、熟成(7日)に挑戦してみました。実践編をご覧になりたい方は、コチラへどうぞ⇒【熟成魚(7日間)を体験!津本式 楽天市場店【シマアジ】お取り寄せレビュー(口コミ)

 

 

【津本式 究極の血抜き】とは?

宮崎県の水産仲卸「長谷川水産」魚の仕立て屋である津本光弘さんが考案・開発した、魚の処理方法のことです。この【究極の血抜き】で仕立てられた魚は、腐敗の原因となる血が極小まで取り除かれているという特徴があり、腐りにくく、さらには『長期熟成』が可能になります。

 

『長期熟成』には2つの利点があります。1つは『旨味を最大化できる』(これまではその前に腐っていたのだろう)、もう1つは『長く保存できる』ということです。最近、熟成魚という言葉をテレビ等で聞きませんか?熟成に関してはこの「津本式」で仕立てた場合、コンディションがよければ、週単位だというから驚きです。また、これがむちゃくちゃ美味しいらしいんですよ!魚全体に脂が行き渡ったように感じられるそうです。

 

この【津本式 究極の血抜き】は約3年前にYouTube等で発表されるや否や、漁業関係者、料理人等から大きな注目を集めました。公開した当初は懐疑的な意見もあった様ですが、次第にその有効性は知られるようになり、プロの料理人も実践するほど確かな味の評価を得たのです。

 

分かりやすいデータを見つけした。津本式公認の赤坂水産のページです。

f:id:DadTech:20200526190031p:plain

出典:赤坂水産 津本式の効果検証(https://akasakasuisan.co.jp/tsumoto/1526/) 

 

津本式と通常の血抜きをした鯛の比較実験がされているのですが、津本式の方が血の残留量も少なく、味も美味しいという結果となっています。またアカデミックな研究もされており、東京海洋大学は『津本式』の優れた効果について学会発表を行っています。

 

【究極の血抜き】は何が違う?

如何にして魚体から血を抜くかという点で、経験かつ理論に裏付けられた、これまでに無かった方法がとられています。「神経締め」「ノズルを用いた血抜き」「究極の血抜き」をセットにして、確実に血が抜かれるのです。

  • 「神経締め」は旨味成分を魚の身に閉じ込めると共に、血管を広げる効果が見込めます。究極の血抜きの準備です。
  • 「ノズル血抜き」でメインの動脈血抜きと共に、究極の血抜きを促す様、血管に流路を確保します。
  • 最後に「究極の血抜き」によって、心臓付近の動脈から送水し、魚体中の細い動脈・静脈を経て、確実に血が排出されるというわけです。

面白いのが、究極は、究極に難しいという意味ではありません。究極に簡単で確実という意味でそう名付けられたとのこと。

 

百聞は一見に如かず。作業の様子をご覧ください。さっと見れる様に短めの動画を厳選しました。10分弱ですので、興味がない方も一生に一度は見て損はないと思います。大阪出身の方なので、関西弁です。ちなみに、一回目にエラの中にホースを突っ込んでいるのが【究極の血抜き】です。あっという間に終わってしまいます。


プロの仕立て人の技術編 vol.207

 

如何でしたか。イサキがむちゃくちゃキレイ。最後に箱に立て掛けていましたね。立て掛けることで、血と水を完全に抜き取っているんです。魚の体に血が付くことも無いので、汚染されませんよね。この様に、最初から最後までの全てがきちんと論理的に仕上がっているのが特徴です。

 

楽天市場店はコチラ⇒【魚仕立屋・津本式 楽天市場店

 

【津本式】の魅力(別の角度から)

仕立てられた魚の品質は、もう多方面から評価を受けていますので、一旦置いておきましょう。次にこの『津本式』の何が人を惹きつけるかを、私なりに考えてみました。

  • 【究極の血抜き】その手法の全てが万人に公開されいる!
  • 専用の道具を開発している!
  • 魚の目利きから家庭での保存方法まで理論に一貫性がある!

津本さんが開発し魚の品質的にも評価を受けた手法なので、マル秘にしておけば、魚が売れて儲かるかもしれませんよね。また、そこにたどり着くのに機能とスピードを兼ね備えた道具まで開発しているんです。なのに、、、全てが公開されています。道具も購入できます。それって凄くないですか?

 

そこには「どうぞ美味しい魚を楽しんでください」という熱く自信に満ちたメッセージが込められていると感じます。

 

それから【血抜き】が出来ればいいんじゃないんです。良質な魚を選ぶ所(目利き)から梱包に至るまで、全てが論理的かつ実践的に仕上がっていて、とても気持ちが良い!ごまかしが無いんですよ。分からない部分は、解明されていないとはっきり言ってくれます。この正直さが、人を惹きつけるのだと私は感じています。

 

本も出版されていますので、興味があれば、チェックしてみて下さい。

楽天市場店のコンセプトと商品は何?

<2020年5月27日現在>

楽天市場でのコンセプトはこの様になっています。

1. 新鮮な魚を仕立て、正しく熟成させた魚はより美味しく召し上がれます。

2. 適切な血抜き仕立てをすることで、長期保存が可能になりました。

3. 一流のプロ料理人/職人も扱う「津本式」仕立ての魚をご家庭にお届けします。

 

 商品は「仕立て師」「魚種」「産地」とお好みの探し方が出来るようになっています。仕立て師とは、津本式公認の職人さんですね。

 

魚種は既に数多く出品されています。例を挙げると、イサキ、金目鯛、サーモン、ヒラメなどなど。既に売り切れ商品もちらほら見られます。詳細は、楽天市場店のページからご確認下さい。新規オープンのピカピカのお店、覗いてみて下さい。

 

楽天市場店はコチラ⇒【魚仕立屋・津本式 楽天市場店】 

 

 

まとめ

今回は【津本式 究極の血抜き】で仕立てられた魚が、楽天市場で購入できる様になったという最新情報をお伝えしました。これだけ注目を集めている理由はなんなのか、体感できる場が設けられましたね。これも津本さんの自信の現れなのでしょう。逃げも隠れもしない。カッコいいですね。(ちなみに著者は既にシマアジ購入済⤴)海外からも評価を受ける日本の技術、是非チェックしてみて下さい。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村