よちよちエクスプレス

魚食応援サイト*国産魚を美味しく頂こう

お取り寄せ!山内鮮魚店「殻付き活きホタテ」実食レビュー(口コミ)

今回は、宮城県南三陸町の老舗・山内鮮魚店から「三陸産殻付き活ホタテ」を取り寄せましたので、実食レビューします。

 

「殻付き活ホタテ」というネーミングから鮮度が良いという事がイメージは出来ると思いますが、実はこの商品、鮮度が良いどころの話では無いんです。

なぜなら、自宅に届いたホタテ、、、

 

まだ活きてますから

 

受け取ったばかりのホタテの動画がコチラ。

どんなカラクリ?って思ってしまいますが、ホタテの一大産地である宮城県から、目利きの力で選び抜かれたホタテが、水揚げ当日にクール便で発送されるんです。だから翌日自宅に到着した時には、ホタテが未だ活きてるんですよ。

 

こんなレアなホタテを食べてみたい!という事で、今回は、宮城県の山内鮮魚店から「殻付き活ホタテ」を取り寄せましたのでレポートします!

山内鮮魚店 活きホタテ 取り寄せレビュー

 

山内鮮魚店「殻付き活ホタテ」とは?

「殻付き活ホタテ」とは、宮城県の南三陸町にある老舗鮮魚店「山内鮮魚店」の人気商品です。山内鮮魚店は、その商品の品質もさることながら、安心感のある接客対応にも定評があります。通販で相手が見えないからこそ、細やかな配慮をしてくれるのが大変嬉しいところ。70%以上のお客さんがリピート利用していることからも、品質と接客の良さが覗えます。かくいう私もリピーターの1人です!

 

今回取り寄せする「殻付き活ホタテ」は、鮮度抜群で、甘みが強く肉厚の活きたホタテを堪能できる商品です。

▼詳細はこちら▼

活ホタテ

南三陸町は世界三大漁場にも選ばれる良質な海域を誇ります。山々に囲まれた内湾という独特な地形が、森の恩恵を受けたミネラル豊富な海水を育んでいるのです。 この環境で獲れるホタテが美味しいのは間違い無いのですが、そのホタテが活きたままの超鮮度で自宅に届けられるというのが、大きな特徴でしょう。

 楽しみです!

 

「活ホタテ」到着~開封

指定日通りに到着し、受け取りました。クール宅急便で届きましたよ(箱の大きさ:30 x 25 x 高さ13.5cm)。それでは蓋を開けてみましょう。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

おぉ。殻付きホタテとチラシ、専用のヘラが入っていました。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

発泡スチロールの箱の中には、ビニール袋入りの氷も入っており、冷蔵をキープできる配慮がされていました。嫌な臭いはありません。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

同梱のヘラとレシピ集です。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

レシピ集には表と裏に渡って、捌き方や豆知識、レシピが記載されてあります。これがあると安心ですね。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

「活ホタテ」商品確認

今回購入したのは、2~3人前(1.5kg相当)の商品です。大きいホタテが7枚入っていました。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

私の手は平均的な男性サイズですが、こんなに大きい。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

実測してみると、大きさは殻の長い箇所で12~13cm。重さは、平均で210gでした。ずっしり重たいですよ。(漁獲次第で大きさは異なると思われます)

山内鮮魚店 活きホタテ 実測

 

まだ活きてます。口を開いてる個体の中を除くと、奥に立派な貝柱が見えますね。手前の肝(※)がオレンジ色なので、これはメスです。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

(※)肝は、正確には生殖巣(せいしょくそう)ですが、簡単の為に、以下でも肝と表現します。

 

この様に肝が白いのはオスですね。

山内鮮魚店 活きホタテ 受け取り、開封

 

「活ホタテ」捌いてみる

それでは、専用のヘラでホタテを捌いてみましょう!

山内鮮魚店 活きホタテを捌く

ホタテ専用のヘラも届くなんて嬉しいですね。ヘラ先端の長さが貝柱と同じ位の大きさなので、貝柱を傷つけずに外すことが出来ます。ホタテ好きなら一家に一台(笑)

 

活きが良いので、閉じようとする力が強いですが、説明書の通りに行えば、難しくありませんでした。

綺麗なホタテ!

そしてこの身の詰まり具合ですよ。パンパンですわ。

山内鮮魚店 活きホタテ

 

可食部の貝柱と貝ヒモ、肝を綺麗に掃除しました。ため息が出るくらい、美しい。捌いていても、臭みが無いんです。食べる前から分かります、これ絶対美味しい。

山内鮮魚店 活きホタテを捌く

 

トゲなど無いので、子供に触らせるのも丁度いですね。我が家の次男(6)も、楽しくお手伝いしてくれました。(貝ヒモを塩揉みしています。)食育の一環かな。

ホタテ貝ヒモの下処理お手伝い

 

それでは

食べてみましょう!

山内鮮魚店「活ホタテ」実食

ホタテの刺身

刺身は3種で楽しみました。もちろん貝ヒモも合わせます。

  • 水平輪切り
  • 縦切り
  • レモン多め

「輪切り」と「縦切り」は食感の違いを楽しみたいからです。「輪切り」は繊維を断ち切る方向。「縦切り」は繊維と同じ方向に包丁を入れます。

山内鮮魚店 活ホタテの刺身

 

熱湯殺菌した貝殻をお皿に使いました。こちらが「輪切り」。

山内鮮魚店 ホタテの刺身

 

次に「縦切り」。

山内鮮魚店 ホタテの刺身

 

最後に「レモン多め」。

山内鮮魚店 ホタテの刺身

 

いただきます!

山内鮮魚店 活きホタテのお造り

う~ん、美味しい!すっきりした甘みがクセになる。繊維の強さが、新鮮さを物語ってるね。

なんと表現すればいいんでしょう。食感がいつものホタテと違うんです。繊維一本一本がまだ主張していて、口の中でホロホロってなる感覚がとても楽しい。

また「輪切り」「縦切り」で食感は全然違います。ウチの家族が好きだったのは、「輪切り」。口の中でホタテの繊維が解けていく食感が、旨みをさらに後押しするんです! 

そして、コリコリ食感の貝ヒモ、磯の風味がたまらない。海の近くにでも居る様な心地になります。

 

詳細はこちら

▶山内鮮魚店「活ホタテ

 

ホタテのバター焼き

加熱料理なら、バター醤油は外せないでしょう。殻も使って、グリルで焼いていきます。貝ヒモと肝も合わせましたよ。

山内鮮魚店 ホタテのバター焼き

 

熱が通ったら、余熱でバターを溶かし、醤油を少しだけ垂らしました。

山内鮮魚店 ホタテのバター焼き

アツアツで頂くと最高です!驚いたのは、肝の美味しさ。なんだこれ。熱を通しても、ふっくらしてる。

 

ホタテの肝のお吸い物

肝は、お吸い物にしました。鰹ベースの出汁に、豆腐とホタテの肝を煮て、三つ葉をあしらいました。

山内鮮魚店 ホタテ肝のお吸い物

山内鮮魚店 ホタテ肝のお吸い物

この肝、息子2人(10と6才)もモグモグ食べていましたよ。

 

▶山内鮮魚店「活ホタテ」 

ホタテの肝煮付け

肝の活用法2つ目は、煮付けです。醤油、酒、味醂、砂糖で煮付けます。

山内鮮魚店 活きホタテ 肝煮付け

如何でしょうか。

山内鮮魚店 活きホタテ 肝煮付け

オレンジと白で味が違うんですよ!白は少し苦みがあって大人の味。オレンジは、子供でも食べやすい煮付けに仕上がりました。

 

ホタテの漬け丼

漬け丼なんて贅沢ですよね。貝柱と茹でた貝ヒモを、煮切った漬けタレ(醤油+味醂+酒)で1時間くらい漬けておきます。

山内鮮魚店 活きホタテ 漬け丼

 

あとはご飯の上に盛り付けるだけ!

活きホタテの漬け丼 作り方

 

卵黄を合わせるのもアリですね。

山内鮮魚店 活きホタテ 漬け丼

うま過ぎて気が遠くなった。『昇天丼』と名付けるよ。

 

まとめ

今回は、宮城県南三陸町の老舗・山内鮮魚店から「三陸産殻付き活ホタテ」を取り寄せましたので、実食レビューしました。

ひと言で言って「納得の商品」。水揚げしたその日に発送してくれるので、受け取った時点でまだ活きていて、鮮度抜群。またホタテ1枚1枚が重く、食べ応え充分!ここに美味しさも折り紙付きとくれば、これなら買って良かったと納得するしかありませんでした。鮮度が想像以上で美味しかった!家族で南三陸の風を満喫しました。

活ホタテ

山内鮮魚店の商品取り寄せレポートは、他にも御座いますので宜しければご覧ください。