Amazonタイムセール会場はこちら<<<

フィリピン家庭料理「カルデレータ」作り方(Mama sita’sの素)(レシピ・味)

当サイト記事には広告を含む場合があります。

今回は、Mama sita’s の素を使って簡単につくれるフィリピン伝統料理「カルデレータ(Caldereta)」の作り方をご紹介します。

ここでは牛肉を使っていますが、鶏肉や豚肉でも美味しくいただけますので、ぜひ南国の味をご家庭でお楽しみください。

それではスタート!

フィリピン家庭料理「カルデレータ」作り方(Mama sita'sの素)(レシピ・味)

目次(Contents)

=スポンサーリンク=

フィリピン料理「カルデレータ」とは?

カルデレータはフィリピンの人気料理で、一般的にはヤギ肉、トマトソース、ジャガイモ、ニンジン、パプリカ、レバーペーストで作られます。ボリュームがあり、風味豊かなシチューで、特別な日や集まりの時によく食べられます。

この料理は、スペインの植民地時代にフィリピンに伝わったスペイン料理「カルデレタ・デ・カブリート」(ヤギの煮込み)が起源と考えられています。その後、牛肉、鶏肉、豚肉など、さまざまな肉が使われるようになり、進化を遂げてきました。

カルデレータは通常、蒸した米と一緒に提供され、柔らかい肉と大胆なスパイスや調味料の組み合わせにより、豊かで香ばしい風味で知られています。

ママシタス(Mama sita’s)カルデレータの素

今回使用する「カルデレータの素」はこちらです。

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

日本の大手通販でも購入可能です。

こちらがパッケージ裏面ですが、英語表記ですね。

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

”A mixture of western and oriental spices in just the right proportions make this a widely popular stew.”と書かれてあります。和訳すると「西洋と東洋のスパイスを絶妙な割合で混ぜ合わせた、広く親しまれているシチューです。」の様な感じでしょうか。

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

作り方も書かれていますので参考になります。和訳も記載します。

【作り方ー原文】

  1. Pan fry meat in heated cooking oil until brown.
  2. Add water, bring to a boil. Simmer until meat is tender. Add more water, as needed.
  3. Add Mama Sita’s Spicy Sause (Caldereta) Mix, stir. Add the potatoes and carrots. Simmer.
  4. Lastly, add the rest of the vegetables. Cook until done. Serve hot with rice.

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

【作り方ー和訳】

  1. 熱した食用油で肉を焼き色がつくまでフライパンで焼く。
  2. 水を加え、沸騰させる。肉が柔らかくなるまで煮込む。必要に応じて、水を追加する。
  3. Mama Sita’s Spicy Sause (Caldereta) Mixを加え、かき混ぜる。ジャガイモとニンジンを加える。煮込む。
  4. 最後に残りの野菜を加える。出来上がるまで煮込む。熱々のご飯と一緒にお召し上がりください。

袋から粉を出すとこの様な見た目です。褐色パウダーですね。

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

ペロッと舐めてみますね。

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

なるほど。酸味はトマトかな。スパイスが効いてるよ。楽しみだ。

フィリピン料理「カルデレータ」材料(4~5人分)

ママシタスの素は50g入りで肉1kg分に相当します。ここでは、その半分の分量で作っていきます。作り方は、日本でいうカレーと作り方と同じで問題ないですよ。材料を軽く炒めて、煮るだけですね。煮るときに粉を入れます。

フィリピン料理「カルデレータ」材料

  • カルデレータの素 25g
  • 牛肉 480g
  • じゃがいも 2個(200g相当)
  • 玉ねぎ1個(200g相当)
  • にんじん1/2本(100g相当)
  • パプリカ1個
  • グリンピース 50g(調理済み缶詰)
  • 水 400ml

材料は食べやすい大きさにカットしましょう。こんな感じ。

mama sita's カルデレータの素 ママシタス

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

先ずは油を引いたフライパンで表面が色づくまで牛肉を炒めます。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

これを鍋に入れ水を加えたらお好みの時間煮ます。牛すね肉ならゆっくり長く煮たほうが柔らかくなりますね(1時間とか)。それ以外なら短時間で良いと思います。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

沸騰するころに灰汁が出ますので除きましょう。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

玉ねぎを炒めて色づいたら、

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

鍋に投入。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

次に、ジャガイモと玉ねぎを炒めて、色づいたら、

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

鍋に投入。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

ここで、ママシタスのカルデレータの素も加えましょう。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

この様な、スープの色になります。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

蓋をして20分くらい煮込みます。この時間もお好みで調整してください。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

鍋の蓋を開けて、水分量をお好みに調整するのもアリだと思います。

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

最後に、パプリカとグリンピースを入れて、火が通るまで約5分程度煮込みます。

はい、いい感じに出来ました(^^♪

フィリピン料理「カルデレータ」作り方

フィリピン料理「カルデレータ」実食、お味は?

カルデレータをこの様に器に盛りつけました。ごはんと合わせるのがおススメですよ。

フィリピン料理「カルデレータ」味

それでは、いただきます。

フィリピン料理「カルデレータ」味

酸味と旨味が一体となった面白い味。日本には無い味だね~。スパイスが効いてピリ辛ってところかな。ご飯とよく合って美味しいよ!

フィリピン料理 一覧

じんた

当サイトで紹介しているフィリピン料理のリストです。皆さんの参考になると嬉しいです!

チキン アドボ
Chicken Adobo
アドボは、酢を使った肉や野菜の煮込み料理。
ポーク アドボ
Pork Adobo
ポーク(豚肉)を使ったアドボ
シニガン
Sinigang
タマリンドを使用して酸味を効かせたスープ
シニガン・ガビ
Sinigang Gabi
ガビ(タロイモ)入りのシニガン
シシグ
Sisig
豚の頭やレバーなどの肉の部位を刻んで味付けし炒めた料理
カレカレ
Karekare
濃厚なピーナッツソースを使用したシチュー
カルデレータ
Caldereta
肉、野菜、レバーペーストで作られる煮込み料理
ソパス
Sopas
日本のクリームシチューに似た料理
フルーツサラダ
Fruit Salad
クリームチーズとフルーツを使う定番スイーツ
バナナキュー
Banana Cue
揚げたバナナをキャラメルでコーティングしたデザート
チチャロン
Chicharon
豚皮を茹でて味付け、乾燥後、油で揚げたスナック
チャンポラド
Champorado
甘いチョコレート粥
ラッキミー
Lucky Me
フィリピンで最も人気のあるインスタント麺ブランド
タマリンド
キャンディ
スイートタマリンドで作ったキャンディ
スーマン
Suman
ココナッツミルクがベースで日本のチマキに似たデザート
エスパソル
Espasol
米粉、ココナッツミルク、砂糖から作られるスイーツ
グラマン
Mr. Gulaman
天然海藻エキスから作られたパウダーベースのゼリー
レチェ・フラン
Leche Flan
フィリピンの伝統プリン
フィリピン食材通販で取り寄せ出来るフィリピン食材をご紹介
マニラ旅行記息子と3泊4日マニラ観光。その記録。

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、フィリピンの家庭料理「カルデレータ」の作り方をご紹介しました。ご覧いただいた通り、カルデレータのミックスパウダーを使えば、あっという間、簡単に作れちゃいます。材料も日本のカレーに近いもので良いので、馴染みがありますよね。家庭にいてフィリピンの味!ぜひお試しください。

目次(Contents)