Amazonタイムセール会場はこちら<<<

フィリピン料理「シシグ缶詰」実食レビュー!食べ方・レシピ・味は?

当サイト記事には広告を含む場合があります。

フィリピン料理が好きな人ならシシグはご存じでしょう。

シシグを手軽に食べたいなら、缶詰の商品を使うのが便利です。

今回は、シシグの缶詰を取り寄せましたので、味のレビューと作り方のご紹介をしてゆきます。

それではスタート!

フィリピン料理「シシグ缶詰」実食レビュー!食べ方・レシピ・味は?
目次(Contents)

=スポンサーリンク=

シシグとは?

筆者がフィリピンのマニラで食べたシシグの写真

シシグとは、フィリピンの代表的な料理のひとつです。豚の顎や耳、バラ肉などを細かく刻んで、カラマンシー、玉ねぎ、唐辛子などで炒めます。

シシグの起源は、ルソン島のパンパンガ州と言われています。かつて、豚の耳や顎などの余り肉は、豚肉の脂肪で炒めて保存されていました。その料理が、次第にカラマンシーや玉ねぎ、唐辛子などを加えて味付けされるようになり、現在のシシグになりました。

シシグは、フィリピンでは屋台やレストランなどでよく見かける定番料理です。ビールのおつまみや、ご飯のおかずとして食べられています。

購入したシシグの缶詰

今回購入した商品は、PUREFOODSのシシグ(Sisig)150g缶です。日本の通販でも購入できますので、ぜひご賞味ください。

PUREFOODS
¥930 (2023/12/31 13:37時点 | Amazon調べ)
名称加熱食肉製品
原材料豚肉、牛肉、豚肝臓、食酢、醤油、たん白加水分解物、食塩、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)

シシグの缶詰の外観の様子です。デザインががブルーをベースにしていてカッコいいですね。

容量は150gですので、さほど大きくはありません。この通り、手のひらサイズです。

sisig シシグ 缶詰の大きさが分かる写真

蓋を開けてみました(缶切りは必要ありません)。缶の中に、ぎっしり詰まっている様子が伺えます。

sisig シシグ 缶詰の蓋を開けた様子

そのまま、ちょっと味見してみますね。

sisig シシグ 缶詰を少し味見する写真

なるほど、日本には無いエキゾチックな味がします。調理するのが楽しみです。

缶詰なのでこのまま食べることも出来なくはないでしょう。しかし、やっぱり調理して熱々で食べるのがシシグの醍醐味です。

缶から取り出してみました。

取り出したシシグはこの様な状態。匂いは強くありません。料理の準備として解しておきます。

シシグ缶詰の食べ方(調理・レシピ)

「シシグ缶」材料

今回はシンプルに、玉ねぎ・卵と合わせて食べます。

sisig シシグ缶詰の食べ方 材料
sisig シシグ缶詰の食べ方 材料
シシグ材料(1~2人前)
  • シシグ缶 1本(150g)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 卵 1個
  • バター 適量
  • お好みで レモン汁

「シシグ缶」食べ方(調理)

卵は、肉に混ぜても良いですが、ここでは目玉焼きでトッピングします。

目玉焼きを作る写真

バターと玉ねぎを炒めます。

バターと玉ねぎを炒める様子

玉ねぎに火が通ったら、シシグを投入します。

シシグ缶詰を合わせる様子

お好みの程度に、炒めましょう。

シシグを加熱調理する写真

さらにシシグを盛り付けたら、

シシグをお皿に盛り付けた写真

目玉焼きをトッピングして、シシグの完成です(^^♪

シシグに目玉焼きをトッピングした写真
PUREFOODS
¥930 (2023/12/31 13:37時点 | Amazon調べ)

「シシグ缶」味

それではどんな味でしょう?食べてみます。いただきます。

シシグを卵と絡めて食べる写真
じんた

ネットリした食感がたまらない!味が濃くて、スパイスも効いてる。歯ごたえも良くて美味しいね。

熱い国の料理ですから、やっぱり合うのはビールでしょう!

粉タイプのシシグの素

今回は、シシグ缶をご紹介しましたが、粉タイプのシシグの素も御座います。

Glomarket
¥1,974 (2023/12/31 14:31時点 | 楽天市場調べ)

▼以前私が作ったシシグがこちら(^^♪

この粉タイプのシシグの作り方も以下に紹介していますので、参考にして下さい。

=スポンサーリンク=

まとめ

今回は、日本でも購入できるシシグ缶の味と食べ方をレポートしました。缶詰だから、温めるだけで調理は簡単(^^♪そのお味は、日本には無いスパイシーな風味で楽しませてくれました。ネットリしている感じも、好きでしたよ!皆さんもフィリピン料理「シシグ」を手軽にお楽しみください。

じんた

当サイトで紹介しているフィリピン料理のリストです。皆さんの参考になると嬉しいです!

チキン アドボ
Chicken Adobo
アドボは、酢を使った肉や野菜の煮込み料理。
ポーク アドボ
Pork Adobo
ポーク(豚肉)を使ったアドボ
シニガン
Sinigang
タマリンドを使用して酸味を効かせたスープ
シニガン・ガビ
Sinigang Gabi
ガビ(タロイモ)入りのシニガン
シシグ
Sisig
豚の頭やレバーなどの肉の部位を刻んで味付けし炒めた料理
カレカレ
Karekare
濃厚なピーナッツソースを使用したシチュー
カルデレータ
Caldereta
肉、野菜、レバーペーストで作られる煮込み料理
ソパス
Sopas
日本のクリームシチューに似た料理
フルーツサラダ
Fruit Salad
クリームチーズとフルーツを使う定番スイーツ
バナナキュー
Banana Cue
揚げたバナナをキャラメルでコーティングしたデザート
チチャロン
Chicharon
豚皮を茹でて味付け、乾燥後、油で揚げたスナック
チャンポラド
Champorado
甘いチョコレート粥
ラッキミー
Lucky Me
フィリピンで最も人気のあるインスタント麺ブランド
タマリンド
キャンディ
スイートタマリンドで作ったキャンディ
スーマン
Suman
ココナッツミルクがベースで日本のチマキに似たデザート
エスパソル
Espasol
米粉、ココナッツミルク、砂糖から作られるスイーツ
グラマン
Mr. Gulaman
天然海藻エキスから作られたパウダーベースのゼリー
レチェ・フラン
Leche Flan
フィリピンの伝統プリン
フィリピン食材通販で取り寄せ出来るフィリピン食材をご紹介
マニラ旅行記息子と3泊4日マニラ観光。その記録。
目次(Contents)